スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず、夫婦あってこそ!? 

みなさん、こんにちは。

先日、父の日がありましたね。
私の父はもう病気で亡くなっているので、夫に「ありがとうメール」をしました。
「自分がもう父親なんだなーと思った」と、不思議そうな顔をしてました。
私も「母の日」の対象者になったんだと思うと、感慨深い気がしました。

で、父の日の数日前にぼ~っとワイドショーを観ていたら、
父の日にちなんで「理想の父親ランキング」をやってたんですね。
所ジョージさん、反町隆史さん、江口洋介さん(が、私は一番好き)、
長嶋茂夫監督、橋本大阪府知事なんかがピックアップされていて、
それぞれの名言とか子育て方針とかが紹介されていました。

で、一位は誰だったと思いますか?
じゃじゃーん、「つるの剛史さん」でした。
育休をとった「元祖イクメン」の存在(ですよね、確か)。
その、つるのさんの名言が今日のタイトルなんですが、

子供第一ではなく、まず夫婦あってこそ

でした。
「ほっほ~」と、思いました。
独身時代に聞いても、多分ピンと来なかったけれど、
出産した今、「なるほど。。」と感じたのです。

欧米では、生後間もない赤ちゃんでも夜は別室で寝かせるって聞きます。
それに対して日本は、家族一緒とか、お母さんと赤ちゃんが一緒、
というスタイルが多いと思います。
ちなみに我が家は、夫婦のベッドの私側にベビーベッドを置いていて、
陸続きではないものの川の字、というスタイルです。
私は今まで欧米スタイルを「何か~、子供想いじゃなくて、やな感じっ!」
と思っていました。
でも、実際に子供が産まれた今、そのスタイルにする意味が、
少しだけ分かる気がするのです。

子供が産まれると、「夫婦」から「家族」という組織になります。
すると当然ですが、2人きりだった時と比べて、
色んな事が“違い”として、ぐわっと表面化してきます。
お互いそれぞれの親に育てられた訳で、子育てに関しては相違点がある。
違うことを前提に、一緒に子育てをしていく訳です。
そこをどうやって折り合いつけていくかという、
正解のない思考錯誤の道のりが、延々と始まります。

その難しい道を解決する方法があると思っていて、それが、
「とにもかくにもコミュニケーション、相手を理解しようという気持ち」
なのかな、と思います。
自分のやり方が一番ではなくて、パートナ―の子育てに関する意見を聞いてみると、
相手がどういう風に育てられてきたか、どうやってこういう人間性が育まれたかが、
「ぐん」と立体的に見えるようになって来ました。
「私はこう思う!」とか、意見がくい違う時はありますが、
どっちが正解ではないので、お互い納得するまで話し合い、
「じゃあ娘にはこうしていこう」という着地点を見つける。
それなりに大変な作業ですが、ひとつひとつ、面倒がらずにやることって、
すごく大切だなと思います。
夫婦として見える所での意見衝突は増えているんですが、
深い所では相互理解が進んでいる感覚がしています。

「だから、○○(夫の名前)はこうなんだね」
「そうか、○○(私の名前)のこういう所は、
 お母さんとのそういう関係が背景にあったんだね~」

など、子育てに対する考え方をシェアする中で、自分や相手のことが、
パズルのピースがぴたぴたっとハマるみたいに、くっきり見えて来るんですよね。
そんなやりとりを介して、「人格統合」における、自分の分裂人格の形成過程が
紐解かれることもあり、日々、クリーニングの嵐です。

テラス席にて
 (デパートの上のテラス席で食事。気持ち良かったです。)

この、「まず、夫婦あってこそ。」という価値観が抜けてしまうと、
お父さんとお母さんという“役割”に徹してしまい、
夫婦の関係性が薄くなってしまうのかもしれない、と思いました。
そして、子育てや仕事が手を離れた時に、「私の人生って何だったんだろう?」
という落とし穴にはまりかねないのかな…と。
ですから、

子供第一であると同時に、家族はまず、夫婦があってこそ。

なのかな、と思います。
そして、良い夫婦とは「自立した自分」があってこそ。
「自立した自分」とは、「自己責任を負える人間」ということ。
言うが易し…で、まだまだ人として全然未熟な私ですが、
思考錯誤しながら日々努力していきたいです。

そして、こんなに大きなクリーニングの機会を与えてくれている小さな娘に、
感謝、感謝、なのです。

梅雨の思い出 

みなさん、改めておはようございます!
梅雨真っ只中ですね。
2週間ぶりのブログ更新、本日2つ目の記事です☆

梅雨といえば…、ふと、中学生の頃の想い出が蘇りました。
大好きだった担任の先生は、毎朝生徒が来る前に季節とかに合わせて
黒板に一言メッセージを書いてくれることがありました。
毎日だったような気もします。
ある梅雨の日、
「梅雨の中休みですね」と、先生がメッセージを書いてくれていたんですが、
いたずら好きの男子がちょこちょこっといじって、職員会議が終わって先生が来た時には
梅干の中休みですね」となっていたんです。
「梅干しが休むって、なんか面白い~」って、私的には結構ウケていました。
そして、それを見た先生は、

「お!こういうことしたのは○男だな~(図星!)。
 あはは、なかなか面白いじゃないか^^」

と、受け止めて、いたずらした○男くんを褒めてくれました。
クラス中にドッと笑いが起こって、楽しかったです。
でも良く考えると、先生によっては怒る人もいるかもしれませんよね。
でも、この先生なら受け止めてもらえるって分かっていて、
安心しながらの可愛いイタズラ。
クラス中も、それを分かっているから、ワクワクして先生が来るのを待っていました。
とても懐かしくて幸せな気分が、今よみがえっています。
田舎の町立中学校でしたが、あの先生の教育には「本物の愛」があったなあ…って、
今でも強く思います。

こうやって、私の中学の担任の先生は、ひょうきんな子はそのひょうきんさを褒める、
という個性を活かす教育をしてくれたんだと思います。
だから、中学はとても楽しいクラスでした。
安心して個性を伸ばし合い、認め合い、クラスとしてのチームワークがすごく良かった。
だから、運動会とか音楽祭とかでも素晴らしい結果を残せました。
「誰が抜けていても駄目!」っていう感じがしました。
本物のチームワークって、そういうことなんじゃないかって思います。

家庭を、地域を、社会を、それぞれチームとした時に、
そのチームが最も力を発揮するために必要なのは、
決して、「全員が優秀なことなんかじゃない」のです。
それぞれが「本当の私」になり、「本当の私の本当の仕事、本当の役割」を見つけ、
それを淡々と果たしていくことなんだって。

最近色々と「チームワーク」について考える機会がある中で、
自分の中学時代の体験を思い出すことで、「本物のチームワーク」を
少しだけ理解することが出来たように思います。

私たちが生きていく上で大切なのは、ほんとうの自分になること。
ほんとうの自分を生きることに、他なりません。
自分がまさにそういうタイプだから心底思うのですが、
「嘘、偽り、誤魔化しは、もういらない。」のです。
だって、ほんとうの自分になることが、自分のためでもあり、
チームの一員として、チームのためでもあるから。
それって、家庭のため、社会のため、日本のため、世界のため、
そして、地球のためなんです。
今までの考え方からしたら嘘みたいかもしれないけれど、
これが真実だと私は実感しています。

古くて重い記憶はもう、えいっ!とぶち壊して、脱ぎ去りましょう!
今まさに、そういう時が来ているのだと思います。

ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」
(2010/04/21)
イハレアカラ・ヒューレン、KR女史 他

商品詳細を見る

カテゴリ名の変更です 

先日「ホ・オポノポノの落とし穴」というカテゴリーを作ったのですが、
前の記事にコメントをもらったのもあって良く考えてみたら、
「落とし穴」っていうより、「私が勝手に落ちていた穴だよなー」って思いました。
ホ・オポノポノを理解していく時には、本を読み、実践し、講演会に参加するなどしながら
自分なりの解釈をして身につけていきます。
私もそうです。
やはり、個人個人のフィルターを通すという意味で、癖が出ますよね。
ですので、「私にとってのホ・オポノポノの落とし穴」という風に、
カテゴリ名を変えますね。
長いけれど…。

私と似ているメモリーパターンを持っている人は、「同じ様な受け止め方をしていた!」
と感じることがあるかもしれませんが、私と似てない人は、
「へえ、全然そんな風に思わなかったよ。
 でもぽにょさんはそんな風に感じてたんだな~。」
という発見&クリーニングの機会いなるかもしれません。
他者との違いを発見することは、すなわちそこに自分を見ることですので、
私が誤解していて陥ったポイントをこの場で提示することで、
皆でより深くクリーニングを行っていけたら…と思っています^^

責任と覚悟 

みなさん、こんばんは。
娘はおかげ様で、2ヶ月を迎えました。
体重も5kgまで増えて、すくすくと育っています。

育児って思い通りにならないし、自分のペースで物事はなかなか進みませんが、
とても幸せで、「まあるい優しい気持ち」に包まれています。
2ヶ月ともなると、にこっと笑ったり、声を出したり、
目で物を追ったり、音に反応したり。
赤ちゃんが少しずつ「この世」に慣れてきて、魂と身体が馴染んでくる。
「この人が、今生でのお母さんなんだな、お父さんなんだな」なんてことを
ゆっくりと認識し出す時期なんだって、見ていて思います。
そんな事を考えながら、娘のほっぺたに顔をすり寄せたり、
じーっと顔を見つめたりと、セクハラ?もどきのぽにょ母です。

さて、ホ・オポノポノと育児について…。

最近気付いたことなんですが、「責任ある生き方」って
覚悟のある生き方」なんだなって思うんです。
私たちは常に、一瞬一瞬何かを選択しながら生きていて、
その選択によって次の瞬間が決まっていきます。
どんな選択をしたとしても、他人のせいではなく自分の責任。
そういう意味では、日々のあらゆる選択、思う事、発する言葉によって、
私たちの明日は創られていく。
そして、蓋をあけてみた時にどんな「結果」が待っていようとも、
人のせいにせずに100%受け入れるんだという「覚悟」が、
常に求められるんだと思うんです。
そう思うと、一つ一つの事にものすごく意識的になれるし、
毎瞬毎瞬を大切に出来る気がします。

そういう事を、私は娘に教えてあげたいなーって思っています。
たとえば…、寒い日なのに薄着で出かけたいと言った時、

「そんな薄着じゃ、風邪ひくわよ」

これだと、「風邪をひく」という不安をインプットしてしまう気がするから、

「それだとお母さんは寒いと思うんだけど、大丈夫かな?
でも、貴方がその格好で良いと思うなら、それでいってらっしゃい。
 でも寒かったら、いつでも上着を取りに戻っておいでね。」

…って感じでしょうか??
うーん、難しい。。。

いずれにせよ、もうちょっと、大きくなってからですね。
とにかく毎日が、気付きの連続なのです。

ホ・オポノポノの落とし穴 

みなさん、こんにちは。

思うところあって、「ホ・オポノポノの落とし穴」という
カテゴリーを作りました。
今まで、ホ・オポノポノは完璧で素晴らしい方法だと思って、
このブログで綴ってきた私ですが、現実で周囲の人に伝えたりしていくうちに、
なかなか真意が伝わらない感覚だとか、私自身、自分の都合の良いように解釈していて
逆に危険だと感じるポイントだとかに、色々気付いて来ました。

ホ・オポノポノを知り実践していくためには、
書籍、講演会、個人セッションなどがあります。
またこのブログのように、誰かからの体験談からもそのエッセンスを知って、
自分の実践に活かしていくことが出来ると思います。

・・・でも、それにしても、いずれにせよ。
「情報が少ない、少なすぎる!!」と、思うんです。
情報が少ないからこそネット検索して、このブログに出逢った方も、
たくさんいらっしゃると思います。

ホ・オポノポノは、ハワイのシャーマン達、カフナの秘法を
現代版にアレンジしたものです。
カフナの秘儀の中には、「相手の髪の毛1本で相手を呪い殺せることが出来る
という、呪術までも含まれているそうです。
ちょっと、怖いですよね・・・。
でもこの発言は、ヒュー・レン博士が来日後初の講演会で、
はっきりと述べているんです。

でも、カフナ達が口承で継承してきた秘法が、そんなに簡単なはずありませんよね。
でも、モナ氏を介するインスピレーションによって、
大衆が安全に行えるスタイルとして、現在のSITHが提唱されているわけです。
SITHが生まれたのは、宇宙の望み、とも言えるのかもしれません。

でもSITHには、本当の奥儀とか秘密は、公開出来ないというか、
公開されていないのではないでしょうか。
たぶん、そんなに、簡単なはずが、ないと思うんです。
正解がないぶん、色々な人がそれぞれの解釈をして、
逆に間違って使用してしまう可能性もあると思います。
だから、個々人が理解する内容が、「マイワールド」になりやすいのではと懸念します。

私もその一人です。
過去に、誤解して実践していたことについての記事を書いたのですが、
今まで一番炎上してしまいました。
でもここからも私は、多くを学びました。
コメント下さった皆さんに、改めて御礼をしたいです。
ありがとうございました。

  →  「謝りグセ」

ですから今出ているSITHの情報は、誰が聞いても受け入れやすく、
そして効果が出るものとなっていますが、
それも人によっては、目に見えたりするような大きな効果として、
出たり出なかったりなんだと思います。
本当を言えば、SITHのような簡略的なものよりも、
ものすごく緻密で宇宙そのものといった美しい秘儀の中でこそ、
最大限の効果が得られるではないかと思うのです。
でも残念ながら、秘儀の部分が大衆に公開されることはないと思います。
カフナ達は、アメリカ政府によってその存在を鎮圧されてきた歴史があり、
今はSITHが話題になることで世界から注目を集めてはいますが、
たくさんの宝物といえる文化が、なくなってしまっているのかもしれないと思います。

その証拠に、2年前に一人でハワイ旅行をした際に、
何人かの現地ガイドの人に「ホ・オポノポノに感動して、今回ハワイに来たんですよ」
と話しても、「それ、何ですか?」って、知りませんでした。
そのことに私は、びっくりしたのでした。

さて。
どんな物でも、「これはいい!素晴らしい!」となると、
かえって問題点が見えなくなることって、あると思うんですね。
「恋は盲目」のように・・・。

自分が行っていることや、考えていることや、自分の生き方。
「これでいいんだ」、というところに留まらず、常に常に検証していくことが
物事のクオリティを高めていくことだし、生き生きとしていることだとも思います。
ファッションだって、毎シーズン常に新しい流行があるわけだし、
若い頃のお化粧を、何十年もやっていたら、それってあんまり素敵じゃないですよね。

それに、ホ・オポノポノを伝えるということにおいて私は、
ある意味何かの使命感を持って臨んでいるのですが、
ハッキリ言うと「頭打ち感」があるんです。

今まで私は、ホ・オポノポノの長所、素晴らしい所を、
2年に渡って書いてきました。
だからこそこれから視点を変えて、敢えて「ホ・オポノポノの落とし穴」
を見ていこうと思ったのです。
それが、ホ・オポノポノの本質に近付ける唯一の方法ではないかと思いますし、
ネガティブな部分から目を逸らさずにを深めていくことで、
更なる学びがあり、物事を立体的に捉えることが出来、
本質に迫れると思っています。

なおこれらの気付きは、リラ・アカデミー伊藤 美海先生の個人セッションの中で、
指導して頂いた内容が多く含まれています。
伊藤先生のもとを私が訪れるようになったきっかけなどについては、
今後またお伝えしていきたいと思っています。

「人格統合」のご紹介 

みなさん、こんにちは。
だいぶ日射しが暑くなってきましたね。

最近、1ヶ月健診が終わってから娘と散歩に出るようになりました。
風もさわやかで、お散歩にはもってこいの季節。
この時期の出産は時期的に良いと聞きますが、その理由が良くわかる気がします。
今日は、友人がホールのケーキをお土産に、遊びに来てくれました。
嬉しかったです♪

さて、私が使っている抱っこひもは、ベビービョルン。

ベビービョルン ベビーキャリア シナジー ブラック 709935ベビービョルン ベビーキャリア シナジー ブラック 709935
()
ベビービョルン

商品詳細を見る

このタイプで、色はネイビーです。
赤ちゃんとものすごく密着するのが良い!というのに惹かれて買いましたが、
前抱っこしか出来ないのが難点のようで、もう少し大きくなってきたら、
「エルゴ」を追加して買おうかなと、検討中です。
スリングタイプで色がカラフルでオシャレなのもありますが、
スリングだと子供が落っこちないか心配で、こういうがっちりしている
リュックみたいなタイプにしています。


今日は子育てと絡めて…、ホ・オポノポノにおけるウニヒピリ、つまり、
インナーチャイルドのケアについての話題です。
以前からご紹介したこともあり、カテゴリーも作っている、「ネガティブを愛する生き方」

ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則
(2009/03/25)
伊藤 美海

商品詳細を見る


実は私は、ホ・オポノポノと出逢う数年前から、リラ・アカデミーで学んでおり、
「人格統合」というセルフセラピーに取り組んできました。
(私にとってこの取り組みはとても大変で、
数年間、ドロップアウトしていた時期もあります)。

精神科領域でいう人格統合は、解離性同一性障害(いわゆる多重人格)
の治療法としてありますが、一般臨床場面で日常的に行われているというよりは、
かなり専門的な治療といえます。
私は臨床で多重人格の患者さんを1回だけ受け持ったことがありますが、
不眠や抑うつに対する対症療法や一般的な支持的精神療法を行ったのみで、
専門的な治療までは行いませんでした。

ネガティブを愛する生き方の作者である、リラ・アカデミー 伊藤美海先生の、
2冊目、3冊目の著書がこちらの「人格統合」です。

人格統合 VOL.1人格統合 VOL.1
(2009/12/25)
伊藤美海

商品詳細を見る


人格統合 VOL.2人格統合 VOL.2
(2010/06/10)
伊藤 美海

商品詳細を見る


精神科治療の人格統合と伊藤先生の「人格統合」は漢字表記は同じですが、
内容は同じではありません(以降、伊藤先生の「人格統合」を括弧付きで書きますね)。

そして、「人格統合」とハワイのホ・オポノポノは、
私から見ると、非常によく似ていて、とても相性が良いと思います。
ホ・オポノポノも「人格統合」も、ものすごーく複雑で深遠なのですが、
あえて、もんのすごーく分かりやすく表現してみると、

ホ・オポノポノの基本を押さえて「人格統合」に取り組むと、
 非常に高い効果が得られる


ということを、一精神科医として、また、自分自身の体験的にも
お伝え出来ます。

今日は、「人格統合」とホ・オポノポノについて、スタート地点とゴールだけ、
突然提示したような内容になってしまいました。
また少しずつにはなりますが、本の中身を紹介したり、
インスピレーションを表現していくような形で、
カテゴリーも作ってご紹介、説明していきたいと思っています。

今日は、このくらいで…。。。
ありがとうございました。

出産後の変化 

みなさん、こんにちは。
今日は雨ですね。

出産に対して、たくさんのお祝メッセージをありがとうございました。
娘ともども有難く感じています。
今日は、「あー、うー」とか、声らしきものを結構出していました。
視線も合うようになってきて、ニコっとしてくれると、
とても可愛いです☆
おかげ様で、身体も順調に大きくなっています。
毎日の頻回の授乳のため、私は腕が筋肉痛です…。
母乳はその後、だいぶ出が良くなってきました。
リラ~ックスしながら、娘とリズムを合わせていきたいです。

さて、出産後は、個人差はあるものの、体力がとても落ちますよね。
「産後の肥立ち」がどうだったかは、後々まで響くから気をつけてと、
出産前から何人かの方からアドバイスして頂いていました。

クリーニングをし続けていますが、
出産に際しての自分の変化を記しておきたいと思います。

まず、自分の興味の方向性、エネルギーが変わりました。
今までは、夢見がちではありつつも、
患者さんのため、社会のため、精神医療のためと
興味が広がりがちな傾向にあった私ですが、
目の前の「赤ちゃん」に、意識がきゅーっと向くようになりました。
お腹すいているかな、ウンチしていないかな、とかとか。
人間のエネルギーは限られているので、現時点では、
目の前の赤ちゃんを優先に、ギアがチェンジした感覚です。
ただ、今の時期、母親はそうなるようにインプットされているのでしょうし、
今後また、以前の興味が戻ってくる予感はすでに感じています。

何事も、優先順位が変わりました。
当たり前かもしれませんが、今までは何でも「自分」「自分」だったのに、
赤ちゃん中心、赤ちゃんのリズムで時間が流れます。
赤ちゃんのコンディションが一番になります。

外出が、全然出来ません
。笑
家族に留守番を頼んで、ほんの短時間出るだけで、
すごーくリフレッシュします。
「コンビニって、こんなに楽しかったんだー!」とか思いました。

体力が、落ちました
母乳でエネルギーを吸い取られているのと、まだまだ産後の回復過程だからでしょうが、
昼寝しないと持たなかったり、します。
気力も落ちたので、これからの育児や人生(笑)や夫婦関係(笑)を不安に思ったり、
ちょっとうつっぽくもなりました。
うーん、やっぱりなるものなんですね。

インスピレーションが、湧きません
理由は良く分かりませんが、記事を書くにあたってのインスピレーションが、
なかなか湧きません。

これらの変化は産後の母体としてはある程度自然な反応であって、
気力・体力ともに戻ってくるものだと思っています。
3ヶ月もすれば首もすわりますし、気候も良くなりますしね。
少しずつ赤ちゃんとの外出とかも始めていきたいと思います^^

ちなみに、子育ては思うようにいかないことも多いので、
バッチフラワーを飲んでいます。

イライラしないように、「インパチェンス」
赤ちゃんとの生活に慣れるように「ウオルナット」
疲れているので「オリーブ」
自分を責めるような気持ちが湧くときに「パイン」

などなどです、とても役立っていますよ♪


しばらくはこんな風に、今までのメッセージ的なものよりも、
「ザ・ブログ」という感じになりそうですね…。
自然体で書いていく中でまたきっと、必要な流れが戻ってくるでしょう。
そして、以前とはまた違った母親としての視点も含めた、
「母ぽにょ」として、リニューアル・パワーアップしていきたいと思います。

母乳生活 

みなさん、こんばんは。
娘が良い子でいてくれて時間がぽっかり空いたので、2つ目の記事です。

今日は午前中から午後にかけて、娘が相~当~ぐずっていました。
抱っこしても、ミルクをあげても、オムツをかえても、
廊下をお散歩しても、ハイアンドローチェアで揺らしてあげても、
何をしても泣きやまず…。
ずーっとあやし続けてもいられないのでちょっと他の事をしていると、
泣き声はどんどんエスカレート。

 「おぎゃー、おぎゃー! おぎゃー!! げほっ…しーん。」

えっ、窒息!?
と焦って駆けよると、涙ぐんだ澄んだ瞳に見つめられて。
「ごめんね~許してね~。ママにもご飯食べさせてね~。」
と娘に懇願してみたり。
そんなこんなで、5~6時間は格闘していました。
でも午後にようやくお昼寝をしてくれたので、私も休めて助かりました。

さて、生後36日を迎えた幼子を育てている私ですが、
今いちばんの悩みの種は、ずばり「母乳!」です。
出来れば100%母乳で育てたいな~と思っていたのですが、
現時点では、時々粉ミルクで補充しての混合栄養です。
母乳の出自体は悪くないのですが、問題点がいくつかあります。

 ・ 赤ちゃんが吸いにくい乳首のカタチ(ブログでこんな事…だいぶ恥ずかしいですが)
 ・ 乳首トラブル(先端が切れて出血したり、血豆が出来たり…きゃ~痛い!)

対応策として、乳首保護具(哺乳瓶の乳首を利用しています)を使ったり、
搾乳機で対応しています。
多めに搾乳しておいて、冷凍保存していざという時に補ったりも。
  

ピジョン 母乳実感乳首(シリコーンゴム製) 1ヶ月から Sサイズ 丸穴 2個入ピジョン 母乳実感乳首(シリコーンゴム製) 1ヶ月から Sサイズ 丸穴 2個入
(2010/03/11)
ピジョン

商品詳細を見る

  
ベビーリズムさく乳器 手動タイプ PPSUベビーリズムさく乳器 手動タイプ PPSU
(2007/08/20)
ピジョン

商品詳細を見る

 (最近購入したのですが、ものすごく使いやすくて助かっています。)

母乳 フリーザーパック 80ml母乳 フリーザーパック 80ml
(2004/02/09)
ピジョン

商品詳細を見る

 (こちらも便利! )

しかし、洗い物は増えるし時間も取られるので、
出来ればチョクボ(直接母乳を吸わせる)で、
可能ならば全部母乳で、やっていけたら良いなと思っています。

母乳の出を良くするために、水分をたっぷりとって、
栄養も3食バランス良くしっかり食べるようにしています。
ただ、赤ちゃんのお世話で忙しく、ご飯作りに時間とエネルギーが割けないのが悩みです。
でもこうやって、限られた時間の中で工夫して、
世の中のお母さんたちは腕を磨いていくんでしょうね。
日々の努力ですね。

だいぶ等身大というか、オープンなブログになってきましたね…。
これも娘のおかげでしょうか^^
育児生活、楽しんでいきたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。