スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず、夫婦あってこそ!? 

みなさん、こんにちは。

先日、父の日がありましたね。
私の父はもう病気で亡くなっているので、夫に「ありがとうメール」をしました。
「自分がもう父親なんだなーと思った」と、不思議そうな顔をしてました。
私も「母の日」の対象者になったんだと思うと、感慨深い気がしました。

で、父の日の数日前にぼ~っとワイドショーを観ていたら、
父の日にちなんで「理想の父親ランキング」をやってたんですね。
所ジョージさん、反町隆史さん、江口洋介さん(が、私は一番好き)、
長嶋茂夫監督、橋本大阪府知事なんかがピックアップされていて、
それぞれの名言とか子育て方針とかが紹介されていました。

で、一位は誰だったと思いますか?
じゃじゃーん、「つるの剛史さん」でした。
育休をとった「元祖イクメン」の存在(ですよね、確か)。
その、つるのさんの名言が今日のタイトルなんですが、

子供第一ではなく、まず夫婦あってこそ

でした。
「ほっほ~」と、思いました。
独身時代に聞いても、多分ピンと来なかったけれど、
出産した今、「なるほど。。」と感じたのです。

欧米では、生後間もない赤ちゃんでも夜は別室で寝かせるって聞きます。
それに対して日本は、家族一緒とか、お母さんと赤ちゃんが一緒、
というスタイルが多いと思います。
ちなみに我が家は、夫婦のベッドの私側にベビーベッドを置いていて、
陸続きではないものの川の字、というスタイルです。
私は今まで欧米スタイルを「何か~、子供想いじゃなくて、やな感じっ!」
と思っていました。
でも、実際に子供が産まれた今、そのスタイルにする意味が、
少しだけ分かる気がするのです。

子供が産まれると、「夫婦」から「家族」という組織になります。
すると当然ですが、2人きりだった時と比べて、
色んな事が“違い”として、ぐわっと表面化してきます。
お互いそれぞれの親に育てられた訳で、子育てに関しては相違点がある。
違うことを前提に、一緒に子育てをしていく訳です。
そこをどうやって折り合いつけていくかという、
正解のない思考錯誤の道のりが、延々と始まります。

その難しい道を解決する方法があると思っていて、それが、
「とにもかくにもコミュニケーション、相手を理解しようという気持ち」
なのかな、と思います。
自分のやり方が一番ではなくて、パートナ―の子育てに関する意見を聞いてみると、
相手がどういう風に育てられてきたか、どうやってこういう人間性が育まれたかが、
「ぐん」と立体的に見えるようになって来ました。
「私はこう思う!」とか、意見がくい違う時はありますが、
どっちが正解ではないので、お互い納得するまで話し合い、
「じゃあ娘にはこうしていこう」という着地点を見つける。
それなりに大変な作業ですが、ひとつひとつ、面倒がらずにやることって、
すごく大切だなと思います。
夫婦として見える所での意見衝突は増えているんですが、
深い所では相互理解が進んでいる感覚がしています。

「だから、○○(夫の名前)はこうなんだね」
「そうか、○○(私の名前)のこういう所は、
 お母さんとのそういう関係が背景にあったんだね~」

など、子育てに対する考え方をシェアする中で、自分や相手のことが、
パズルのピースがぴたぴたっとハマるみたいに、くっきり見えて来るんですよね。
そんなやりとりを介して、「人格統合」における、自分の分裂人格の形成過程が
紐解かれることもあり、日々、クリーニングの嵐です。

テラス席にて
 (デパートの上のテラス席で食事。気持ち良かったです。)

この、「まず、夫婦あってこそ。」という価値観が抜けてしまうと、
お父さんとお母さんという“役割”に徹してしまい、
夫婦の関係性が薄くなってしまうのかもしれない、と思いました。
そして、子育てや仕事が手を離れた時に、「私の人生って何だったんだろう?」
という落とし穴にはまりかねないのかな…と。
ですから、

子供第一であると同時に、家族はまず、夫婦があってこそ。

なのかな、と思います。
そして、良い夫婦とは「自立した自分」があってこそ。
「自立した自分」とは、「自己責任を負える人間」ということ。
言うが易し…で、まだまだ人として全然未熟な私ですが、
思考錯誤しながら日々努力していきたいです。

そして、こんなに大きなクリーニングの機会を与えてくれている小さな娘に、
感謝、感謝、なのです。

スポンサーサイト

Comments

まさに!

この数年、実は夫婦関係がうまくいってません。
一発触発状態がつづいているんです。
考えてみたら、私ずっと言いたいことをきちんと
伝えずに我慢していたことが多かったんです。
いろいろあって、我慢せずに言いたいことを
言うように心がけたら、気に入らなかったみたいです。

子供もみんな学校へ行くようになって、
自営業なのでほぼ一日中一緒にいる時間のなかで
些細なことが気になったりするので、ついね、
言っちゃうんですよね・・・。

考え方や感じ方が違うのは当たり前、だからこそ、
お互いに違いを認め合って理解合いたいと思って、
歩み寄れないかなぁ~って私は思っているのですが。。。
スタンスが違うみたいです。

ぽにょさんご夫婦は、私達のように溝が深まらないよう、
最初からきちんと話し合いをして、お互いに
きちんと向き合ってくださいね。

土曜日に、こちらの衛星放送TVでやっていた映画、
「今度は愛妻家」のように後で後悔しないように・・・。
3679

ポニョさん こんにちは ブログはいつも拝見してますが コメントするのは 久しぶりです。 子ども第一 だけど夫婦ありき 本当にそう思います。夫婦ありきの子ども…ではないんですよね。私も 子どもを産んだからこそ 沢山の気付きや学びの機会を 得る事が出来て 何度も 何度も子ども達に感謝しました。だから ポニョさんが娘に感謝!と言っているのが とても嬉しいです。

Re: まさに!

ひろみさん

> 考えてみたら、私ずっと言いたいことをきちんと
> 伝えずに我慢していたことが多かったんです。

すっごい分かります。
私もつい、小さい頃からの「良い子グセ」がついていて、
人に対して嫌われないようイイ子ぶっていました、長いこと。
でもそれって、自分に、そして相手にも嘘をついていること。
偽善なんだって、気づくことができるようになりました。


> いろいろあって、我慢せずに言いたいことを
> 言うように心がけたら、気に入らなかったみたいです。

少しずつでも吐き出せていたら、
旦那さんの反応も少し違っていたかもしれませんね。。。
でも、今からだってまだ遅くないと思いますよ!
今よりもっと、お互いを大切に、愛し合いたい。
だからこそ、言いにくい本音を伝えるようにしていく、
ってことが伝われば良いですね。


> 子供もみんな学校へ行くようになって、
> 自営業なのでほぼ一日中一緒にいる時間のなかで
> 些細なことが気になったりするので、ついね、
> 言っちゃうんですよね・・・。

ダメ出しされているように、
旦那さまは感じてしまっているのでしょうか。


> 考え方や感じ方が違うのは当たり前、だからこそ、
> お互いに違いを認め合って理解合いたいと思って、
> 歩み寄れないかなぁ~って私は思っているのですが。。。
> スタンスが違うみたいです。

そうですか…。
長く一緒に暮らし、過ごしていると、ちょっとずつのわだかまりが
少しずつ積み重なってしまうことってあると感じます。
違和感を感じたら、気まずいけれど、その時その時に解消していけると、
長い目で見ると大きな違いになるのかなと思います。


> ぽにょさんご夫婦は、私達のように溝が深まらないよう、
> 最初からきちんと話し合いをして、お互いに
> きちんと向き合ってくださいね。

ありがとうございます!
ほんと、夫婦としての生活はこれからなので、
初心を忘れずに向き合っていきたいです。
私たちはいま、
「1日5分でいいから、娘が寝た後に、テレビも消して、
 向き合って会話する時間」
を作るようにしています。


> 土曜日に、こちらの衛星放送TVでやっていた映画、
> 「今度は愛妻家」のように後で後悔しないように・・・。

「今度は愛妻家」検索してみました。
観てみたいです。
(最近「ブラック・スワン」を観ましたが、
すごく面白かったですよ!
スペインでは公開されているのでしょうか^^?)

Re: タイトルなし

manaさん

ブログ見てくださって、ありがとうございます。
「子ども第一 だけど夫婦ありき」と表現してみましたが、
私自身がまだまだ子供なので、「子ども第一」のスタンスでちゃんといれるかというと、
実はまだ怪しいところもあるんです。
でも、夫が本当に「子供第一」の人で、その姿からも学ばせてもらっています。


> 私も 子どもを産んだからこそ 沢山の気付きや学びの機会を 得る事が出来て
> 何度も 何度も子ども達に感謝しました。

そうなんですね!
私も、すべてを私に委ねている娘を見ると、
「しっかりしなきゃ、地に足をつけなきゃ」って思わされます。
小さな娘が、日々私の成長を促してくれている。
そのことを実感する度に、娘に感謝の思いがわきますし、
日々気持ちが引き締まっています^^

本当に・・・

お恥ずかしい限りです・・・。
私的には、昨日を最後にもう止めることにしました。

私の理想を押し付けていただけなんですよね。
彼の性格的に無理なことは分かってはいても
できれば一緒に歩み寄って支えあって、
生きていきたい、私のことをもっと理解して
欲しい・・・と思っていましたが、どうも
すぐに変われるわけではないので、もう期待して
イライラするのは止めることにしました。

私の気持ちの調整のほうをやって、何とか
折り合いをつけていこうと思います。

先日の「おひさま」のお母さんの台詞が、
「男はほんとにだめなよの。弱いの。
だから女が照らしてあげないと・・・。
でもね、強くちゃダメよ。
眩しくて目が眩んじゃうから・・・」
という感じでした。
(はっきり覚えていないくてごめんなさい・・・)

あと、「心に太陽を持て」の詩の朗読のシーンも
じーんときました。

ぽにょさんのブログでたくさんのことを教わり考えさせていただいてるもので、今日初めてコメント送らせてもらってます。
実は、家のダンナが私の読みではアスペでナルシストの人格障害を持ってます。
彼に、週末にピッツバーグでのオホノポノのセミナーに行ってもらってたところです。ナルシストとオホノポノなんて正反対みたいで、どうなることやら、です。
私も、8月オーランドに行きます。ヒューレン博士が来るので、彼にアスペとナルシスにも救いはありますか、どうすればいいですか、とききたいのです。
夫婦の間に、子供たちが生まれ、育ってきて、私たちの不思議な過去が彼らの中に再現され始めるとき、私たちがどう成長するか、本当に問われるときのようです。
学校の成績や入社試験などなどは調子良かった私たちは、きっと人間を鍛えることはおざなりにしてきた人たちです。
今頃取り戻そうとしている私(たち)に貴重な情報をシェアしていただいてぽにょさんには大変感謝しています。

nikoleさんのコメントを読んで感じたこと。

nicoleさん。コメントからお察しするところですが、ご主人は近代社会の精神医学で救いというか、回復できるといわれている「アスペルガー症候群」なのではないのでしょうか?多分人格障害であってナルシストという所見は、奥様の過去の記憶でクリーニングをしなければならない部分だと思います。
何事にも取り組む時には、まず奥様がセミナーに行き、しっかり勉強をして、
それからご主人がセミナーに行くのが正しい取り組み方だと思います。
必ず回復されますよ!頑張って下さいね!

レス失礼します。
精神疾患を抱え、恋人、夫婦で生活をされている人はたくさんいますよね。
頑張ってください。
かおりん

  • [2011/07/23 21:16]
  • URL |
  • 北海道かおりん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

nikoleさんへ

お元気ですか?
今日私の知り合いのヨガナンダさんのサイトで、きっとnicoleさんが懐かしい!と思うかもしれない記事と映像がありましたので再度のコメントです。

http://yogananda.cc/spiritual/262.html

ゆっくり一息つかれて下さいね!
海外の暮らしは本当に大変ですよね。それに帰国子女の生活も本当に大変です。
私、よく知っています。ご主人様にもよろしくお伝えください。

私のブログへのご招待

ぽにょ先生、こんにちは。
今やっと自分のブログへのご招待の準備が整いまいたので、
ここでアドレスの告知をさせて頂きます。

http://cocottoland.blog55.fc2.com/

皆さん、今後ともよろしくお願い致します。
いつも、ありがとうございます。
nicoleさんも見てね!

Madison

なんだか、ぽにょさんのブログの場所を借りて私が慰めてもらってしまって、皆さんありがとうございました。ぽにょさん、場所を使わせてもらってしまってごめんなさいね。
誰にも解ってもらえない私は、ちょっとコメントを見て泣けてきてしまいました。
私は8月の半ばにセミナーに行ってクリーニング方法を教わってきます。

Nicoleさん

いえいえ、私こそ最近は記事もアップ出来ておらずコメントのお返事も出来ておらずで申し訳なく思っていました。
このブログはホ・オポノポノを語る広場みたいなもの、これからも利用して頂けたら私も嬉しいです^^


ariさん

ブログのご紹介、ありがとうございました。
また遊びに行きます♪

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/669-f21b60e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。