スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の思い出 

みなさん、改めておはようございます!
梅雨真っ只中ですね。
2週間ぶりのブログ更新、本日2つ目の記事です☆

梅雨といえば…、ふと、中学生の頃の想い出が蘇りました。
大好きだった担任の先生は、毎朝生徒が来る前に季節とかに合わせて
黒板に一言メッセージを書いてくれることがありました。
毎日だったような気もします。
ある梅雨の日、
「梅雨の中休みですね」と、先生がメッセージを書いてくれていたんですが、
いたずら好きの男子がちょこちょこっといじって、職員会議が終わって先生が来た時には
梅干の中休みですね」となっていたんです。
「梅干しが休むって、なんか面白い~」って、私的には結構ウケていました。
そして、それを見た先生は、

「お!こういうことしたのは○男だな~(図星!)。
 あはは、なかなか面白いじゃないか^^」

と、受け止めて、いたずらした○男くんを褒めてくれました。
クラス中にドッと笑いが起こって、楽しかったです。
でも良く考えると、先生によっては怒る人もいるかもしれませんよね。
でも、この先生なら受け止めてもらえるって分かっていて、
安心しながらの可愛いイタズラ。
クラス中も、それを分かっているから、ワクワクして先生が来るのを待っていました。
とても懐かしくて幸せな気分が、今よみがえっています。
田舎の町立中学校でしたが、あの先生の教育には「本物の愛」があったなあ…って、
今でも強く思います。

こうやって、私の中学の担任の先生は、ひょうきんな子はそのひょうきんさを褒める、
という個性を活かす教育をしてくれたんだと思います。
だから、中学はとても楽しいクラスでした。
安心して個性を伸ばし合い、認め合い、クラスとしてのチームワークがすごく良かった。
だから、運動会とか音楽祭とかでも素晴らしい結果を残せました。
「誰が抜けていても駄目!」っていう感じがしました。
本物のチームワークって、そういうことなんじゃないかって思います。

家庭を、地域を、社会を、それぞれチームとした時に、
そのチームが最も力を発揮するために必要なのは、
決して、「全員が優秀なことなんかじゃない」のです。
それぞれが「本当の私」になり、「本当の私の本当の仕事、本当の役割」を見つけ、
それを淡々と果たしていくことなんだって。

最近色々と「チームワーク」について考える機会がある中で、
自分の中学時代の体験を思い出すことで、「本物のチームワーク」を
少しだけ理解することが出来たように思います。

私たちが生きていく上で大切なのは、ほんとうの自分になること。
ほんとうの自分を生きることに、他なりません。
自分がまさにそういうタイプだから心底思うのですが、
「嘘、偽り、誤魔化しは、もういらない。」のです。
だって、ほんとうの自分になることが、自分のためでもあり、
チームの一員として、チームのためでもあるから。
それって、家庭のため、社会のため、日本のため、世界のため、
そして、地球のためなんです。
今までの考え方からしたら嘘みたいかもしれないけれど、
これが真実だと私は実感しています。

古くて重い記憶はもう、えいっ!とぶち壊して、脱ぎ去りましょう!
今まさに、そういう時が来ているのだと思います。

ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」
(2010/04/21)
イハレアカラ・ヒューレン、KR女史 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

心がほんわか~^^する梅雨の思い出ですね。

ほんとうの自分になると言うより
ほんとうの自分、本来の自分に気づくと言った感じでしょうか…

この頃は、断捨離も流行っていますね。
内側からホオポノポノ
外側から断捨離もいいなあって思い、断捨離も少しずつ、始めました。

Re: タイトルなし

海さん、こんにちは~。

> 心がほんわか~^^する梅雨の思い出ですね。

ありがとうございます♪
雨と干すって字、何気に似てるのが面白いですよね。


> ほんとうの自分になると言うより
> ほんとうの自分、本来の自分に気づくと言った感じでしょうか…

「なる」と「気付く」。
少し感じてみましたが、私はやっぱり、「なる」って方がしっくり来ると思いました。
記憶=カルマを脱ぎ捨てていくことで、本来の自分、
TRUE SELFに戻っていけるという感覚なので。
クリーニングしながら、日々本来の自分の姿に向かって、
変容し続けていくようなイメージです。

「気付く」だけだと、まだそこ(=ほんとうの自分)までいけてないような感じがします。
海さんの感じ方、捉え方とちょっとニュアンスが違うんですが、
如何でしょうか?
良かったら、感想を聞かせて下さい^^


> 内側からホオポノポノ
> 外側から断捨離もいいなあって思い、断捨離も少しずつ、始めました。

断捨離って、いらないものを捨てるってやつですよな?
私、苦手なんですよ~、捨てるの!
捨てれない女なんです。
カレン・キングストンさんのガラクタ~の本を読んで、
整理整頓に対するヤル気をあおっています。

お互い、内側から外側から、クリーンクリーンですね!

海さんへ

誤り)断捨離って、いらないものを捨てるってやつですよな?

正解)断捨離って、いらないものを捨てるってやつですよ

ごめんなさい、入力ミスしました!
でも面白いので、このままにしておきますね。

可愛いぽにょさん(^^♪

あっははは((笑^^))
入力ミス!
「文字」が訛っているようで楽しいですね♪
ぽにょさん可愛い~(*^^*)
ありがとうございます。

また、「なる」と「気付く」の感覚の違いもありがとうございます。

ぽにょさんと同じに
記憶=カルマを脱ぎ捨てていくことで、本来の自分に戻っていける感覚は、 同じです。
そして、クリーニングしながら私は、「本当の自分」に変容していくというより、元々「本来の自分」で生まれてきているので、元々ある自分に戻る、気付くといった感覚でしょうか。
元々ある本来の自分が、日々たくさんの記憶、囚われ、DNAのカルマでいっぱいになるので、クリーニングしながら、
あっ!これ私~
てな、感じで、本来の自分に気付くと言う感覚が私の中では、しっくりしました。
「なる」というのは、何か別のものになるような、力がはいっているような感覚がしました。

どちらにしても、自分が「しっくり」する感覚が一番ですね^^
断捨離!
はい^^
不要なモノを断つ、捨てることで、モノへの執着から解放され、心の内側のいらないものもクリーニングされていく、解放されていきます。
私の基本的ベースは、外側に見えるのは「鏡」
自分の内側が、外側に映し出されていると思っています。
なので、外側も内側も表裏一体で同じですね。
外側の断捨離も
内側のホオポノポノも
どちらも表裏一体を思います。

それぞれに感じる感覚の違いをシェアさせて頂いてありがとうございます。

先生に診てもらうにはどうしたらいいですか?

なりさんへ

現在私は育児休暇中なので、実際になりさんを(という事で、宜しいのでしょうか?)拝見することは出来ません、申し訳ありません。
正確に言えば、「育児休暇でなくても難しい」というのが実情です。

以前にも、同様のメッセージをコメントや私へ直接連絡下さる方が何人かいらっしゃいました。
しかし、それに対しても私は今まで、明確な返答が出来ておりませんでした。
重ねて申し訳ありませんでした。

いま私が「精神科医 ぽにょ」というペンネームでこのブログを書いているということが全ての象徴です。
今の私はまだ、ペンネームでしかこのブログを書けないということです。

私の目標は、自分の顔と名前と診療している施設をちゃんと明示した上でブログを書き、皆さんにメッセージを送ること、です。
しかしそのためには、越えなければいけないクリーニングがたくさんたくさんあります。
これは私の至らなさです、申し訳なく思っていますし、情けなさも感じます。

この内容は、記事で書かなければいけないとずっと思っていました。
考えてみたいと思います。

なりさん、今はこんなお返事しか出来ずにごめんなさい。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/668-d9883d96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。