スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任と覚悟 

みなさん、こんばんは。
娘はおかげ様で、2ヶ月を迎えました。
体重も5kgまで増えて、すくすくと育っています。

育児って思い通りにならないし、自分のペースで物事はなかなか進みませんが、
とても幸せで、「まあるい優しい気持ち」に包まれています。
2ヶ月ともなると、にこっと笑ったり、声を出したり、
目で物を追ったり、音に反応したり。
赤ちゃんが少しずつ「この世」に慣れてきて、魂と身体が馴染んでくる。
「この人が、今生でのお母さんなんだな、お父さんなんだな」なんてことを
ゆっくりと認識し出す時期なんだって、見ていて思います。
そんな事を考えながら、娘のほっぺたに顔をすり寄せたり、
じーっと顔を見つめたりと、セクハラ?もどきのぽにょ母です。

さて、ホ・オポノポノと育児について…。

最近気付いたことなんですが、「責任ある生き方」って
覚悟のある生き方」なんだなって思うんです。
私たちは常に、一瞬一瞬何かを選択しながら生きていて、
その選択によって次の瞬間が決まっていきます。
どんな選択をしたとしても、他人のせいではなく自分の責任。
そういう意味では、日々のあらゆる選択、思う事、発する言葉によって、
私たちの明日は創られていく。
そして、蓋をあけてみた時にどんな「結果」が待っていようとも、
人のせいにせずに100%受け入れるんだという「覚悟」が、
常に求められるんだと思うんです。
そう思うと、一つ一つの事にものすごく意識的になれるし、
毎瞬毎瞬を大切に出来る気がします。

そういう事を、私は娘に教えてあげたいなーって思っています。
たとえば…、寒い日なのに薄着で出かけたいと言った時、

「そんな薄着じゃ、風邪ひくわよ」

これだと、「風邪をひく」という不安をインプットしてしまう気がするから、

「それだとお母さんは寒いと思うんだけど、大丈夫かな?
でも、貴方がその格好で良いと思うなら、それでいってらっしゃい。
 でも寒かったら、いつでも上着を取りに戻っておいでね。」

…って感じでしょうか??
うーん、難しい。。。

いずれにせよ、もうちょっと、大きくなってからですね。
とにかく毎日が、気付きの連続なのです。

スポンサーサイト

Comments

子育てについて

ほんとうに子育てって、全神経、全力投球ですよね。私、今回の記事、
とてもいいなぁ、と自分の子育ての時期のことなんかを思い出しながら
読ませて頂きました。子育ては編み物作業ののようなもので、
ひとつかけ間違いがあると、もうもとのようには出来ない、と
イタリアの教育学者、マリア=モンテッソーリ女史は言っています。
これ有名な言葉です。

毎日悔いのない子育て、頑張ってくださいね!

感謝です

「子育ては編み物作業ののようなもので、
ひとつかけ間違いがあると、もうもとのようには出来ない」・・・

ものすごーく、ピンときました。
素晴らしい言葉を教えて頂いてありがとうございます。
早速、女史のことをググってみたいと思います^^

ありがとうございました!

毎日いかがですか?
2ヶ月だと毎日少しずつ変化しているのが
分かるので楽しいでしょうね。
寝不足にだけは気をつけてくださいね。
夜眠れない場合はお昼寝を!

責任と覚悟は同義語と考えられますよね。
覚悟を持って決意し行動することと責任を取ることは
同じですから。。。

子育ては途中で投げ出すことのできない仕事。
楽をしようとして手を抜くと、後でとばっちりが・・・。
それでもずっと気を張り続けていることはしんどいし・・・。
バランスよく、が一番ですね!
気負いすぎて、自滅してもいけませんから・・・。

前にも書きましたが、日々意識しているしていないに関わらず、
子育てをし続けるることって、ホ・オポノポノで
自分自身を見つめ直すことに似ていると思います。

マイペースで、ハッピーライフを・・・。

ひろみさん

責任と覚悟が同義語。
お恥ずかしながら、その認識があまりありませんでした。。。
今回、初めて発見した!くらいの感覚で記事にしてしまいました。
私は、びっくりするくらい非常識なところや無知なところがあってお恥ずかしいです。

娘は、こぶしとか洋服を良くしゃぶるようになりました。
首も、少しずつしっかりしてきました。
あやすと笑うし、声も出すし。
毎日成長しているのが分かり、更に可愛く、楽しいです^^

子育てがホ・オポノポノに似てるって感覚、そうなんだろうな~と分かるようでいて、まだ分かっていない感じです。
もう少し大きくなって、生意気な事とか言い出すとまた違うのかもしれないな、と思ってます。

今のところ、子供からは、与えられているばかりの気がしています。

モンテッソーリの本

幼児教育学者としてのモンテッソーリの本があります。「幼児の秘密」という本です。まるで詩のような表現で書かれているので美しいし、何だかすぐに健常児としての子供の意味がわかるんです。忙しいぽにょ先生にお勧めの本です。

>責任と覚悟が同義語。
私の中での感覚なので、全ての人に当てはまるとは限りませんが・・・。

>今のところ、子供からは、与えられているばかりの気がしています。
泣いたらすぐにミルクをあげたり、オムツを確認したり・・・、
常に何を求めているか気にしていたり・・・、
ぽにょさんだっていっぱい与えているんですよ。
ただ、意識せずに動いてしまっているので、気づかないのでしょう。

私は昔は(今でもですが)一度寝ると、絶対に目を覚まさない、という
タイプだったんです。
でも、ミルクをあげている時期だけは、瞬間で目が覚めて、泣かしっぱなし
にすることはありませんでした。
これには自分でもびっくりでした。
昔は朝起きるのも本当に苦手で、目覚ましがなっても勝手に止めてしまって、
遅刻常習犯だったのですが、子供達が幼稚園・学校へ行くようになってから
私が寝坊して遅刻したのは、1,2回です。
これも自分でもびっくりしています。
やろうと思えばできるんだなぁ~って。
自分の為だけの時にはできなかったんですが・・・。

これぞ、責任感と覚悟のなせる技かもしれません。(こじつけ・・・?)

感謝です

はじめまして
私の娘は小学3年生ですが、不安を植え付けていたな…と思います。
気付かされました。ありがとうございます。

本、購入させていただきました!
これから読みます!
表紙の笑顔、最高ですね!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/666-fef86977

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。