スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peace begins with me. 平和は私から始まる。 

みなさん、こんにちは。
今日は暖かい春の日射しですね。
少しホッとしています。

以前からこのブログでも何回かご紹介させて頂いている友人の、
セラピスト 川端 利幸さん のブログをご紹介します。
川端さんは、ホ・オポノポノのこんな素敵な壁紙↓を作って
提供して下さっています。

 ホ・オポノポノ

こちらの記事↓から、ダウンロードしてみて下さいね。↓ 
   『 Peace begins with me.平和は私から始まる。

私も早速、携帯の壁紙として使っています。
すごく綺麗で、見ているだけで気持ちが平和になりますよ。

川端さん、素敵な壁紙どうもありがとうございます!!
みなさんもぜひぜひ、ご利用下さい。

さて、この壁紙のメッセージである、
『 Peace begins with me. 平和は私から始まる。』
あなたが不安でいっぱいの時、世界は不安だらけでしょう。
でも、あなた自身の内側が、平和によってしんと静まった時。
世界は平和へ向かって、創造されていくのです。

まず、私たち自身の心を平和に保つ努力をしましょう。
あなたが落ち着いて過ごしていれば、あなたの家族も落ち着きます。
あなたの同僚も落ち着きます。
落ち着いた静寂の中でこそ、インスピレーションと繋がることができ、
いま一番必要なこと、自分がやるべきことが
見えてくるのだと思います。
これは、ホ・オポノポノで一番大事なことです。

またもうひとつ、ホ・オポノポノで重要なことは、『100%の責任』ですね。
今回の地震をきっかけにホ・オポノポノを知り、
こちらを訪れて下さっている方もいるかもしれません。
ですのでもう一度ここで、ホ・オポノポノにおける、
100%の責任」を説明させて下さい。

ここを誤解してしまうと、自責や罪悪感で、苦しくなってしまいます。
苦しいと、抑圧や歪みを創ってしまいます。
そうすると、インスピレーションから遠ざかってしまうのです。

こちらも、前述の川端さんがとても分かりやすい説明をして下さっているので、
以前のブログ記事から引用させてもらいます。


(~引用ここから~)***************************************************

セルフ・アイデンティティー・ホ オポノポノにおいて、
「あなたは、あなたが経験するもの100%の責任があります。」と言われます。

今回の記事は、責任という言葉に罪悪感を感じてしまう人への記事。

『責任』の意味をここで再確認しましょう。。

普通、「あなたが経験するもの100%あなたの責任ですよ。」なんて言われたら、
『俺が悪いのかよ~』と思ってしまう。

なにか悪いことが起きたら、「私が悪いの?」って思ってしまう。

でも、「悪く」はないのだ

このことは、ヒューレン博士も、
「あなたの過ちでなくても、あなたの責任である。」と言っているのだから。

なぜ、このような誤解が起きてしまうのかと言うと、
元々、英文では、 responsibility となっているのを、
そのまま「責任」と訳しているから。
決して、訳者の方を非難しているわけでなはいことを明言しておきます。

これは間違いではなく、通常はこのように訳すのが普通であり、
通常はこの訳でほぼ問題ない。

でも、 responsibility ≒ 責任  なのだ。

というか、そもそも日本には responsibility の概念がない。

responsibility は、 respond + able +ity
respondは、「反応する。応答する。 (飛行機などが)制御される」といった意味。

ableは、可能であること。それができる能力を意味している。
つまり、「あなたが経験するもの100%の責任があります。」というのは、
「あなたが経験するものは、100%あなたがちゃんと対応することが出来ますよ。」
という意味なのだ。

日本語でも、「こちらの部署の責任者の方はいますか?」と言う時には、
「どんなことにも対処可能な人」という意味で使われてますね。

こう考えたら、「あなたが経験するもの100%の責任があります。」と言う言葉も、
すごく希望のある言葉だと思えてきませんか?

そういえば、オバマ大統領の演説の訳にも「新しい責任の時代」とか出てきますが、
正直、この直訳だとあんまり意味がわからない。

この場合もresposibilityは、「きちんと対応していく。」
というような意味で捉えたほうが わかりやすいと思います。
いままで、ちゃんと対応せずに(自分たちの価値観を押し付けるように)、
戦争したりしてたわけで。
対話とか、そういう意味で捉えてもいいと思います。

Love,
Toshiyuki

***************************************************(~引用ここまで~)

いかがですか?
全部自分が背負わなくてはいけない、という重苦しい解釈から放たれて、
「私が対応出来るんだ!」という希望を感じませんか?

自責のエネルギーは、どうか手放して下さいね。
そこからは何も、生まれません。
誰も、救われないんです。

自分を責めるんじゃなく、罪悪感におぼれるんじゃなく、
「自分に出来ることに対応していく」のです。
「自分を責めることをやめ、また、誰かを、何かを責めることもやめる」のです。
「責めることをやめる」ことを選択する、それだけのことです。
私たちは、選べるのですから^^

今の状況が落ち着くまでには、まだ相当の時間がかかります。
復興はこれから、長期戦になります。
この震災を契機に、日本の社会全体の在り方が、変わっていくかもしれません。
私たちが出来ることはまず、正解はないかもしれないけれど、
「今回の地震における自分の責任」を内観して見つめて下さい。
 
 関連記事 → 「この大震災における私の責任」 

ちょっとしんどいけれど、それをしっかりと受け止めてから、
心を平和に保つ努力をする。ホ・オポノポノやバッチフラワーは、
心の平和にとても役立つでしょう。

 関連記事 → 「不安や恐れにはバッチフラワーレメディを」

そして、今やるべきことを見極めて、積み重ねていく。
被災地に対する支援は、状況に応じて募金であったり、
都道府県やNPOを介しての物的支援だったり、ボランティアだったりするでしょう。
自分のいまの置かれている立場の中で、出来る範囲で最大限に貢献する。
と同時に、日々の生活の中で、日本の復興のために、
自分にいま与えられている仕事に感謝し「責任もって取り組む」。
そういうことが大切だと私は思います。

こんな状況の今だからこそ、日本人が力を合わせて、
本当の意味での「100%の責任」を果たしていきましょうね!!

スポンサーサイト

Comments

今思う事

今、思う事

原発が好きですか?の問いに、医療従事者である私は、好きですと答えます。
その理由は、人工呼吸器、保育器、輸液ポンプなどの医療機器、その他、検査等に絶対に不可欠なものだからです。
しかし、私が原発10キロ範囲内にすみ、妊婦であったり、子供がいたりしたら、嫌悪感をいだきます。
立場が違えばモノの捉え方は180度違ってくることを強く思っています。
現に、ある病院が患者を置いて職員は非難したという記事をみました。私は怒り心頭でした。
ふと、東電の職員の方に対して質問なのか詰問なのかをされている記者さんのことを思い出しました。

私自身も対象は違えども責めてる。
だから、だれも責められないなあ
病院の職員さんは,思い十字架を背負ってこれから生きる覚悟で,離れたのではないか。
ならば、患者さんにつないでもらった命を絶対に生かしてもらいたく、それらの人々の分までの苦痛をしっかり受けとめ自分の事としてクリーニングしようと思ってます。

再生するためにクリーニングするのですよね。

以下、私の好きな言葉を引用させてください。

5つの誓い

 口ー人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために   使おう
 
 耳ー人の言葉を最後まで聴いてあげるために使   おう

 目ー人のよいところを見るために使おう

 手足ー人を助けるために使おう

 心ー人の痛みがわかるように使おう


  腰塚勇人 著  命の授業 ダイヤモンド社


  • [2011/03/19 22:21]
  • URL |
  • ぶんちゃん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

ありがとうございます

度々、ブログを拝見させて頂いていました。地震以降、度々来る余震の中で私の色々な記憶が一気に再生されてきています。ホ・オポノポノを知ったのはつい最近であり、私なりにクリーニングしていますが、地震の不安と過去の記憶の中で、自分自身感じる心を失っているように感じます。たぶん、日本のみんながそういう風になっているんでしょうね。
今、私の出来ることから少しずつクリーニングしていきたいと思います。
今日のぽにょさんのブログに励まされました。
ありがとうございます。

上手く言葉に出来なくてすみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スペイン語だと、まさに・・・「Responsabilidad」です。

答えることができるから、対応できるから、
私達はいろいろな苦難を乗り越えることができる・・・。

ぶんちゃんさんのコメントの、立場が違えば、
見方感じ方考え方が違うというのはよくあることだと
思います。

全ての人の立場に思いを馳せることは無理でも、
独りよがりにならずに他者の気持ちや考え方も
理解できるようになりたいものです。
少なくとも、批判したり拒否したりしないように。。。



Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/646-161b6ebb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。