スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月13日(日) 

みなさん、こんばんは。
嘘のような信じられない大地震を体験してから、
3日目の夜を迎えています。

先ほどNHKで観た、菅首相から国民へのメッセージです。

「この危機を、私たち日本人が乗り越えていくことが出来るかどうか。
それを一人ひとり全ての日本人に問われているのではないでしょうか。」


本当に、そう思います。

地震。
1995年に、阪神大震災が起きました。
当時私はまだ学生で、関西地方に知人もおらず、
神戸にも行ったことがなく、遠い所の大変な地震という感覚の捉え方でした。
そこにはまったく、「責任」がなかったように思います。

2004年にインドネシア・スマトラ沖地震が起きました。
今改めて調べてみたら、マグニチュードは今回と同様の9.0.
そして、22万人が犠牲になったのです。
当時の私にとっては、映画を見ているような気持ちで「他人事」でした。
こんなに甚大な人命がが犠牲になったというのに、他人事だった。
本当に、自分を情けなく思います。
どこまで行っても遠くの国の出来事であり
私にとっては「他人事」だったのです。
そんな自分の感性を、腹立たしく思います。

それから8年が経ち、2012年。
闇を抜けてホ・オポノポノを知った私は、責任のもとに生き始めていました。
世界は時に哀しく、怒りを覚え、しかし美しく、喜びにも溢れていました。
そして私は、少しは成長出来た自分がいると感じていました。

ニュージランドクライストチャーチの地震。
日本人の犠牲者が多く含まれていたこと、在住邦人が多いことなどから、
より身近に感じる事となり、私は記事で呼びかけました。

 → 「ニュージーランド地震救援金」

以前のように「他人事」として地震を捉えるのではなくて、
何かを「行動出来る人間」になれたと思っていました。
でもこれは、自己満足だったと思います。

ここで、皆さんにお詫びしなくてはいけないことがあります。
このように記事で救援金の事を呼び掛けた私でしたが、
実際に寄付はしていませんでした。
本当に申し訳なく思います、口先だけでした。
ブログを書いている者として、とても無責任な在り方でした。
「少しでも困っている被災者の方の役に立てたら」という思いはあったのに、
これではただの偽善でした。
そんなことなら、記事にしない方がもっと誠実な在り方でした。

その直後、今回の大地震が起きました。
私の無責任な言動は、地球をどれだけ傷付ける行為だっただろうか、
強くそう感じ、自分を恥じました。
阪神、スマトラ、ニュージーランドを経て、
どんどんどんどん、私の問題として迫って来ているように感じています。
まるで宇宙から、
「さあ、今度は貴方はどうしますか?どう在りますか?」
と、問われているかのようです。

私だけではなく、今回の出来事は、日本人にとって
もう「人ごと」ではありません。
どれだけ全体を考えながら、繋がりながら、今を生きることが出来るか。
100%、私たちの問題なのだと思います。


今日、近くのスーパーに買い出しに行きましたが、
食料品は、特に保存が効くものに関しては普段の半分ほどしかなく、
お米やパンやカップ麺などは売り切れていました。
このように、食事や電気という生活に直結した事として、
目の前の「問題」として突きつけられています。

スーパーに行って買いたいものが手に入らないという体験を、
私は生まれて初めてしたように思います。
今までの人生でどれだけ私は、物に溢れ、電気を好きなだけ使い、
水は蛇口をひねれば幾らでも出てくるのが当然、という感覚で生きてきたか。
「あたりまえ」だらけの毎日であったか。
思い知らされるような気持ちです。
 
  → 「あたりまえ」

この記事についても、私は本当に分かって書いていたのだろうか。
分かったようなフリを、していなかっただろうか。
自分のことを、棚に上げていなかったか。


新宿にも行きました。
いつもより人は少なかったものの、それ以外は街自体は一見、
何事もなかったかのようにも見えました。
でも…、何かが明らかに違っていたように感じたのです。
恐らく、私自身の感じ方が変わったのではないかと思います。
「私はとても恵まれている」「何て自分は幸せなんだろう」
そう強く感じ、全てが有難くてたまりませんでした。

夫の隣りで共に歩いているというただそれだけの事が、とても幸せでした。
幸せを感じるセンサーの感度が、この数日の色々な出来事を通して、
大きく変わってしまったのかもしれません。

100%私の責任である。
私が今後の全てに対して、対応出来る力を持っている。
私たち一人一人の行動が、これからの日本を左右するのです。
どれだけ、自分のこととして「今」の瞬間を生きることが出来るでしょうか。
100%自分のこととして、受け止めることが出来るでしょうか。
いま、何が出来るでしょうか。

菅首相の言葉の続きです。

「国民が力を合わせることで、この危機を乗り越えていくことが出来る、
そのように確信をしています。
どうか、一人ひとりがそういう自覚を持って、
そしてしっかりと家族友人、地域との絆を深めながらこの危機を乗り越え、
より良い日本を改めて創り上げようではありませんか。
そのことを心から全国民の皆さんにお伝えし、
皆さんへのメッセージとします。」


色々な気持ちが去来しているので、うまくまとめられませんでしたが、
今日の想いをここに綴りました。

みなさんにお願いです。
いま起きているこの事態を、自分のこととして受け止めて下さい。
苦しいですが、受け止めてください。
私も全力で努力します。
そして、努力の最中の無様な様子も含めて、出来るだけ記事を書いて表現します。

みんなで力を合わせて、共に、これからの新しい日本を創っていくため、
目の前のことに着実に取り組みましょう。

今日ここで、あなたのエネルギーと交流し出逢えたことに感謝します。
明日もどうぞ、お元気でいてください。
一日一日に感謝して、生きていきましょう。
読んで頂いて、ありがとうございました。

スポンサーサイト

Comments

ぽにょさんの勇気ある発言に頭が下がる思いです。

>「さあ、今度は貴方はどうしますか?どう在りますか?」

これは、自分自身が自分自身の良心に問いをかけているのと同じだと
思います。

とにかく、今は、人間同士の対立や争いをしている場合ではなく、
皆が力を合わせて、思いやりを持ち合って、分かち合って、
乗り越えていくしかありません。

原発の問題もこれから議論が活発になるでしょう。
地震があり、津波があり、火山があり、断層がある地球上に人間の力で
100%の制御が不可能な施設をこれ以上稼動したり建設することを
やめなくてはいけない、という方向へシフトしていくでしょう。

だって、津波に飲み込まれた街の惨状を見て、あの津波が原発を
襲わなかったから良かったものの・・・と皆の脳裏をかすったに
違いありませんから・・・。

私は、日本人が粛々とその姿を見せることで、世界を変える原動力に
なると信じています。顔晴りましょう!

本当にぽにょさんの言われるとおりだと思い、頭が下がりました。
私を含めて、ひとりひとりの人間が思ってきたこと・考えてきたこと(想念)が、どこか、今回の地震の発生につながっているような気が(私も)しています。(押し寄せる津波、それは、どこか、私が以前にどこかで感じた悪想念が、ああいう形になって、あらわれ出たのかもしれない、とも思えてしまいます(→さらに言えば、人類がこれまで抱いてきたマイナスの想念が積もりに積もって、(地球が)抑え切れなくなり、ああいう形になってあらわれざるを得なかったのではないかと))。
クリーニングが必要なのでしょう。
地震の発生は、決して他人事ではなく、「自分のこと」として受け止める事象だと思います。
自分のこととして受け止められなければ、きっと、また同じようなことが起きるのではないかという気がします。
→「自分のこと」として受け止められるなら、きっと世界で頻回に起きている地震は減っていくだろうと思います。(→そして、日本人という人々は、それを示すことのできる資質を持った人々だという気がします。)
ぽにょさんが書かれていたように、「100%自分に責任がある」ということは、すなわち「自分が本気で変えようとすれば(事態は)変えられる」ということなんですよね。
とりあえず私は、傷ついた部分を光で包むように、傷ついた心を愛で包むように、想いを贈るべく、祈りを続けようと思っています。
どうもありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています。

いつもありがとうございます。

過去の大災害は全て
まだわからないか
これでもわからないか
これでもか、これでもか…と地球のメッセージのように感じました。


今回の震災でやっと、表面的ではなく心から自分の事、自分の責任として捉える事が出来ました。

ウニヒピリを無視し続けた結果の震災…
今まで他人事としていた自分が恥ずかしいし申し訳ないけど、これからは全て自分の責任、常に正しい選択が出来るよう毎瞬毎瞬クリーニングしていきます。

多くの気付きをありがとうございます。

連絡が取れなかった両親とも昨日電話で話すことが出来ました!元気でした!
ありがとうございました。

地球お母さん

わたしは、本気で人々が、自分の闇を見ていくことが大事だと思いました。

もちろん、わたしが・・です。

みんな、どっか偽善者になりたがります。 そして、偽善者を責めたがります。
邪の心をもっていても、いい人でいたがります。

だけど、自分に邪の心もあるのだと、受け容れたなら、
だれも責めることはできなくなる。そして受け容れたら、光になる。

邪の心は、鏡に写したら、美しい心になる。いいもわるいもない。

邪の心をもつ人だって、許せるようになる。
ネガティブを溜め込んだ自分をも、許せるようになる。

そして、本当に自分がやるべきことが見えてくる。わたしはそう思います。

地球を救うことは、本気で、本性の自分を見ることだと思います。 

わたしたちがクリーニングをするときに苦しかったように、
地球も苦しかったはず。でも、わたしたちが、クリーニングをして、
解放したかったように、地球さんだって解放しかったんですよ。

わたしが、クリーニングをしているとき、
地球さんは、わたしを責めなかった。
わたしがクリーニングする場所と時間を与えてくれた。
だから、この地震のことを責めたくないし、地球さんに最大の敬意を示します。  

これは、地球さんの意思だと、わたしは思います。

Re: タイトルなし

ひろみさん、いつもありがとう。


> 原発の問題もこれから議論が活発になるでしょう。
> 地震があり、津波があり、火山があり、断層がある地球上に人間の力で
> 100%の制御が不可能な施設をこれ以上稼動したり建設することを
> やめなくてはいけない、という方向へシフトしていくでしょう。

そうですね。
今回の震災でやはり、日本国民だけでなく世界中が、
原発について立ち止まって考える機会が出来たのだと思います。
原発について考えるとはすなわち、自分の日々の生活の中で、
「電気」とどう付き合っていくか、ということでもありますよね。
ライフスタイルが、大きく変わっていくような気がしますね。


> 私は、日本人が粛々とその姿を見せることで、世界を変える原動力に
> なると信じています。顔晴りましょう!

今まで以上に、日本は世界から注目されることになるのでしょうね。
これからの復興や、支え合いや、エネルギーの問題にどう対処していくか。
新しい世界のひな型となれるよう、日本が皆で力を併せていくことが、
最も求められることだと思います。
そして日本人は、それが出来る人達であるとも確信します^^

Re: タイトルなし

平太さん

コメントありがとうございました、お返事大変遅れました。


> 私を含めて、ひとりひとりの人間が思ってきたこと・考えてきたこと(想念)が、
> どこか、今回の地震の発生につながっているような気が(私も)しています。

はい、そうなんだと思います。


> さらに言えば、人類がこれまで抱いてきたマイナスの想念が積もりに積もって、
> (地球が)抑え切れなくなり、ああいう形になって
> あらわれざるを得なかったのではないかと。

皆の中にある、マイナスの想念を、無きものとして、見ないふりをして、
押し込めて抑圧してしまった。
そのエネルギーが爆発した・・・そういうイメージが私にはあります。
あることを認め、ホオポノポノでクリーニングして浄化し、昇華出来ていれば、
ここまでの抑圧のエネルギーにはならなかったのかもしれません。


> 地震の発生は、決して他人事ではなく、
> 「自分のこと」として受け止める事象だと思います。

地震に続く計画停電に際して、本当にそう感じました。
自分が節電していれば、計画停電が中止になる。
意識や行動がダイレクトに、次の瞬間の自分に還ってくる。


> 自分のこととして受け止められなければ、きっと、
> また同じようなことが起きるのではないかという気がします。

私もそれを懸念しました。
これは、警告なんじゃないかって…。


> →「自分のこと」として受け止められるなら、きっと世界で頻回に起きている地震は
> 減っていくだろうと思います。(→そして、日本人という人々は、
> それを示すことのできる資質を持った人々だという気がします。)

ホ・オポノポノでは、地震と怒りの感情を繋げて話題に出ることがあります。
特に「女性の男性に対する怒り」が原因で、地震は起こると。。。
そして、日本女性は怒っている、と。

これからの新しい日本に向けて、今出来ることを
お互い積み重ねていきましょう!
ありがとうございます。

Re: タイトルなし

midoriさん

> 過去の大災害は全て
> まだわからないか
> これでもわからないか
> これでもか、これでもか…と地球のメッセージのように感じました。

そうですね…。
今回、こんなに奇跡的に首都圏が被害が少なかったことが、
私は偶然とは感じられません。
今回の震災で何を学ぶか、どう行動していくかを、
私たちはこれから試されるのかもしれません。


> 今回の震災でやっと、表面的ではなく心から自分の事、
> 自分の責任として捉える事が出来ました。

ホオポノポノする人が、これを機会に増えたらいいですよね!


> ウニヒピリを無視し続けた結果の震災…

ウニヒピリともっと繋がること。
これが本当に大切なことですね。
私も、ついつい後回しにしていたことや、世間体を気にしていたこととか、
どうでも良くなったというか、そんなことよりも本当に自分にとって
大切なことをやらなくちゃ!と感じました。
だから記事をこんなに書いているんだとも思います。


> 多くの気付きをありがとうございます。

本当ですね、自然はたくさんのことを教えてくれていますね。。。
御両親と連絡がついて、本当に良かったです。
私もですが、今から親孝行していきましょうね。

Re: 地球お母さん

みいちゃん

お返事おくれました、ごめんなさい。


> わたしは、本気で人々が、自分の闇を見ていくことが大事だと思いました。

私もそう思います。
みいちゃんが取り組まれているように、私もネガティブを愛するということを
書き始めていました。
もう少し状況が落ち着いたら、もっと深めていきます。
それが今の時代に求められていることだと思います。


> 地球を救うことは、本気で、本性の自分を見ることだと思います。 

とても的確な表現ですね。
自分の本性を見ることが、地球を救う事。。。


> わたしたちがクリーニングをするときに苦しかったように、
> 地球も苦しかったはず。でも、わたしたちが、クリーニングをして、
> 解放したかったように、地球さんだって解放しかったんですよ。

そうなんですね、きっと。
地球さんも苦しかったから、手放して解放したかったんですよね。

これから私たちは何が出来るのか。
真剣に、取り組まなくてはいけないと思います。
これからも宜しくお願いします!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/632-3944674a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。