スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご利用下さい② 

最近ご縁があって知り合った、ある精神科の先生からの情報提供です。
横山剛さんという方の、緊急メルマガだそうです。
阪神大震災を体験された方からのアドバイスなどが載っているようです、
私もまだ全てに目を通せていませんが、これから読みたいと思います。

ご利用下さい。


**************************************************************

■『aiiiiko Kiss*Hug
裸足で飛び出しても大丈夫なように、厚手の靴下を履いて寝る。
不安ならお金は首から下げれる財布に。
懐中電灯やラジオの電池の確認。枕元に準備。
電池式の携帯充電器があれば準備する。とりあえず、すぐできる事。
阪神大震災を経験したお友達が教えてくれたのでツイートします。』


■『石原卓
帰宅困難で退避されてる女性の方:トイレなど十分気をつけて下さい。
知らない人とでも複数で行動を!
悪い人ばかりじゃないですが、悪い人もいますから[阪神大震災罹災経験者]』


■『莉依
【阪神淡路大震災経験者より】揺れが小さいところでも、
高所に置いてある物、タンス、棚など十分お気をつけください。
余震での落下、転倒十分ありえます。
小さなお子さんが下敷きになる可能性もあります。
実際妹が危うく死ぬところでした。』


■『世良田 恵二
自分も阪神大震災経験者、リツイートしまくる。
Twitterしてる人は情報を広める役目がある。』


■『りょうせい
有用な情報はリツイートしよう。避難場所。災害時に気をつけること。
情報取れない人にネットからもテレビなどの情報がわかること。
取捨選択して。
阪神淡路大震災経験したからこそ、
どんな情報や物が欲しいかわかる俺は頑張るよ』


■『阪神大震災被災者でもあったあたしの経験から…余震は何度でもきます。
いつどこがどうなるか、全く予測不可能です。
どうか、せめて枕元にすぐに履ける靴、上着、懐中電灯を
用意して就寝してください。』


■『ハイボール姐
抱きしめるって本当に大事だよ。
5歳で経験した阪神大震災の時に両親が給水行ってる間
1歳の弟と寄り添って両親の帰りを待った。
心細くて泣きそうだったけど、弟守らなきゃって必死やったし
何よりそのぬくもりが温かかった。だからどうか傍の人を抱きしめてあげて。』


■『hirohito tsuneoka
阪神淡路大震災の経験から「くつ」もしくは「スリッパ」を近くに
置いておかれることをお薦めします。
とにかく物が散乱しますので非難するためには履物が大事です。』


■『茅須まいる
私は被災者というほどじゃないけど、
阪神淡路大震災をちょっと経験しているから、
地震は地震そのものより
津波や火災のほうが恐ろしいことを身に染みて知っている。』


■『繭香
混乱しているのは当然です、阪神大震災の経験から誤報に苛立つのは分かる。
でもこんな時こそ言葉遣いに注意して。
感情を揺らしてしまうだけなので』


■『ソロモンの悪夢(ガトー少佐)
被災地域へ近く応援・義援物資を届けることが可能な方へ、
物資は必ず不足します!出来るだけ物資を届けてください!
ですが車での運搬は緊急車両の通行の妨げになるので
バイク等小回りのきく乗り物で運搬してあげてください!
阪神大震災を経験した自分からのお願いです!』


■『まやま
阪神大震災経験者から再度。ガス管が割れている可能性があります。
外でへたにタバコに火をつけると爆発する可能性があります。
実際、西宮市でも地震後にタバコに火をつけて亡くなった方が何人かいました。
くれぐれも外でタバコに火をつける際は細心の注意を!』


■『浅井ラボ
阪神大震災経験者なんで、
飲み物に
食料に、
ビニール袋に
ラップ
ライトに
電池の確保、
常日頃から風呂の水貯めに家具の倒壊予防もしている。
一階は危険なので二階にも住んでいる。
車ではなく電動自転車も用意。
それでも一生に二回目の大地震を経験するとは思わなかった。』


■『山中 碧
【拡散希望】「地震がおきたら必ず窓を開けてください。
そして家にいる人は今、浴槽に水を出来る限り溜めてください。
まだ電気が通じる人は、ご飯をたくさん炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から伝えます。』


■『蒼井 炎
阪神大震災で、俺らにしてくれたことを返す番なんじゃないだろうかと
何ができるんだろう
被災経験のある人は特になにか行動してほしい
阪神大震災、新潟中越沖地震も震度7だ
協力しようぜ でも、俺に出来ることって募金以外になにかあるかなあ』


■『横山信弘 (営業会議プロデューサー)
【RT希望】阪神大震災を経験者から一言。
大震災における火災の大半は、
電気復旧と同時にスイッチ入れっぱなしの電気ストーブが稼働し始め、
散乱した物が燃え火災となったのが原因。
ガス漏れの中の喫煙も禁止だが、
電気復旧前に可能性のあるコードを抜くなり対処願う』


■googleが用意した消息情報提供サイト
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja/


■災害用伝言ダイヤル(171)について
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/071221_00.html


■東京新聞社説 「神戸の蓄積を生かせ」より

神戸の震災では、助け合うことをよく学んだ。
そこに住む人たちだけでなく、各地から援助の人が来て、物資が届いた。
悲惨な被害に遭いながら、助け合うことで、人間のすばらしさも学んできた。
これほどの大きな地震、大津波の被害の実態はまだつかめない。
国を挙げての救助は もちろんのことだが、国民で助け合いたい。
被災しなかった人にも 何かできることはあるはずだ。
日本中で助け合う時だ。国も自治体も民間団体も協力しよう。
こういう時こそ 私たちが日ごろ、考えたり、話したりしていることを 
実行すべきなのだ。


■大きな余震が、ほぼ日本列島全域に及んで起きつつあります。
これは、そのまま、世界各国への相似象として繋がるものです。
まるで、炎症を起こして、症状が慢性的になったかのように
日本列島に地震が頻発し続けています。
もう、日本列島の中には、分散させられる場所がないです。
あなたは、充分な備えを実行してください!
あなたは、自分自身の身の安全を守ってください。
そして、あなたの家族や仲間と連携を取り続けてください。
怖れないで! 最善を願ってください!kagari


■ネットで阪神大震災の教訓集を見始める。
今さらだけど、様々な方が貴重な経験と教訓を提供してくれている。
活かさないと。


■阪神大震災経験者からのアドバイスです。
「強い揺れで、家が傾く事があります。
ドアが開かなくなりますので、 ドアにはタオルを挟んでおきましょう。」


■やんぼー
阪神大震災を経験した人の話では、枕元に防災グッズ等はもちろん、
靴(ブーツ推奨)と手袋も置いてほしいとのこと


■Takako_Aoki
【RT希望】阪神大震災経験者から一言。
火災の大半は、電気復旧と同時にスイッチ入れっぱなしの電気ストーブが
稼働し始め、散乱した物が燃え火災となったのが原因。
ガス漏れの中の喫煙も禁止だが、電気復旧前にコードを抜きブレーカーを落とす事


■澪じ
阪神大震災経験者からの教訓によると、
食料と飲みものは確保しとくように。
配給あってもそれまでの繋ぎが必要とのこと。
浴槽に水いっぱい溜めてトイレや洗い物に使って。
今あるからと安心しない事。
ラップで紙皿しいて。紙コップも。
伝言版や集合場所の確認などするように、とのコトでした。


■ロックス
阪神大震災を経験してる俺だが、なにも今回の地震に対して、
その経験を活かせれてない。
万が一の時に備えて、ちゃんとしておかなければ。。。


■キリサキ
テレビで流れる被害状況に涙が出そう……
自分ちでもこれだけ揺れを経験してなお、パソコンも電気も使える環境にあったせいか、
突然のこれが「大震災」なのだと信じられていなかった気がする
想像力が足りてなかった


■ezk
ありがとうございます。RT @miwacooo: @EZKOTW
とにかく貴重品と水、食料、懐中電灯、AMラジオ、防寒具、
底の厚いスニーカーを枕元に用意しときましょう。
あと、断水した時のためにお風呂に水をためておきましょう。
阪神大震災を経験した者としてのアドバイスです。


■渡部『PxOxN』寛之
RT被災地が心配で高速を使わずにでも自動車で行くと言う人が周りに居たら
絶対に止めてください。
阪神大震災の時には
それで渋滞が起き救援活動や救援物資の配達に支障が出ました。
数少ない動いているインフラを止めないで二次被害の可能性もあります。
震災を経験して東北に家族の居る身からのお願い


■ニシ
@Tsukasa_mat 先生、私阪神大震災を経験したのですが、
ロウソクは使わないで下さい!
阪神大震災の時にロウソクが原因で火災が発生していました!!危険です!!


■朝霧朝子は懸命に拡散RTをします
・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。
・電話ではなく、スカイプがよくつながるそうです!!


■みぃ
@hideaki_itou 阪神淡路大震災の経験者です。あの朝思い出します。
震災にあわれてる皆さん、1人では不安です。
お友だちの所や避難所に行って皆と話しましょう!
皆繋がってます!神戸からも応援してます!


■谷口 鞠子
阪神大震災の経験から、余震がこわいです。
おうちが倒壊された方は避難所に行くことが、ベストです。
食料、水,防寒など、供給が始まります。
過去の大地震ではエコノミー症候群で亡くなった方も多いです。
足首を回したりふくらはぎをもんだり、少し体を動かして下さい!


■にゃんくみ
消火活動が始まりますが、阪神淡路大震災では、
一般車両が海岸から街まで連結された消防のホースを踏んで破損させました。
くれぐれも消防のホースを踏まないように。
不要不急の車使用も謹んで下さい。(兵庫県民の経験)


■とらきち
コピペです。「阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。
X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
携帯と
充電器、
ラジオ、
ペットボトル水必要!
ヒール履いてる人は折る!
食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
トイレは基本ないからビニール袋を。


■pharm_Educator
朝になって状況が分かりつつある。
阪神淡路大震災を経験しているので被災地の方に何ができるか考えたい。
勇気と元気を届けたい!


■足太郎
@uzuuGutter 水の確保だけは行って下さい。
浴槽の水は抜かずに置いておくとか、飲み水も大切です。
二次災害にも気をつけてください。
心ない犯罪者とかが増加します。(阪神大震災の経験より)
どうか、用心を…。


■ぽる(やぶ)
ヘリコプターでの取材はやめてほしい、
ヘリの音がうるさくて、救助を求める声が聞こえない、って、
あれだけ阪神大震災の経験者の方たちが言ってるのに、
なんでヘリで撮影してるの??


■ちゅん姉
私は現状を伝える暗いツイートだけでなく、
余震に怯える人達のサポートが出来るようにしたいと思ってます。
阪神大震災の経験を通して話せる事もあると思います。
気軽にリプ飛ばして下さいね(*´ω`*)


■きょん
何か役にたちたい
関西人も阪神淡路大震災を経験してるから
痛みはわかってる助けたいって皆そう思ってるはず


■さと
関東地方の皆さん、ご無事ですか?
僕自身、阪神大震災を経験した身ですが、あの時の恐怖は、忘れられません。
ですが、その時助けられたのは、人の繋がりでした。
僕自身何も今はできませんが、どうかご無事でいてください。
身体を冷やさないようにしてください!!


■吉澤 慎太郎
【阪神大震災被災者からの情報】阪神大震災経験者として、
関東東北県内の方は帰宅したらバスタブに水をいまのうちにはっておいてください。
あと飲料水の確保と。
ないとものすごく苦しくなります。
その他、阪神大震災からの経験を活かした情報下さい!


■nazoさんより
●家具と不安定な置物の固定
●大量の水の用意(トイレ・飲み水その他)
●普段持ち歩き用
携帯ラジオ・笛・ミニライト・ハンカチやタオル・ビニール袋や厚手の防水用ビニール袋数枚・マルチナイフ・飴などの糖分補給できるもの・簡易救急セット・地図や方位磁石・非常用携帯バッグ・・その他
●作っておきたいカード
メディカルカード・IDカードの作成(住所氏名・血液型・持病・既往症、アレルギー、緊急連絡先、保険証・免許証・パスポート・母子手帳などの写し)
●家族や友人との連絡手段の取り決め
●屋外では電線と地割れに注意
●外出時はブレーカーをおとす
●室内ではスリッパなどをはく
●就寝中の用意(懐中電灯や自分なりの持ち出し袋、その他)

**************************************************************

まだ、余震や津波が続いています。
みなさまのご無事をお祈りしています。

スポンサーサイト

Comments

阪神大震災の経験者なので、映像を見てからありとあらゆる感情がないまぜになって、自分でも自分の感情がコントロール出来なくなりましたが、仕事先から家に帰って「そうだ、今がクリーニングの時なのだ」とクリーニングを開始しました。すると少しずつ心の混乱が収まって来ました。
被災地の方、祈っています。みんなが祈っています。
ぽにょさん、私のような被災経験者のトラウマ、記憶のクリーニングについてなどもいつか記事にしていただければ幸いです。

Re: タイトルなし

こだまさん

お返事遅れてごめんなさい。

> 「そうだ、今がクリーニングの時なのだ」とクリーニングを開始しました。
> すると少しずつ心の混乱が収まって来ました。

そうですね、私も揺れている最中は混乱してしまって、
しばらくはクリーニングを忘れていました。
揺れが収まってきたころにやっと、「ごめんなさい」「ゆるしてください」…
と始められました。


> ぽにょさん、私のような被災経験者のトラウマ、
> 記憶のクリーニングについてなどもいつか記事にしていただければ幸いです。

そうですね。
今回の地震では、阪神大震災の被災者の方の記憶が、
大きく再生されているように感じます。
これから時間が経っていくにつれて、トラウマの問題が出てくることが予想されますので、
お役に立つ記事を書いていきたいと思っています。

関連記事としては、
「APA (アメリカ心理学協会)の提案する災害時ストレス対処法」
http://spirit102.blog22.fc2.com/blog-entry-642.html
をご覧くださいね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/628-91fe8241

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。