スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お料理の楽しさ 

みなさん、こんばんは。
今年の春は思わせぶりで、なかなか到来してくれませんね。

さて、“ホ・オポノポノと日本” と言えば、博士はいつも
日本人は世界が平和になる食べものを創る才能がある」と
仰っていますよね。

昨年6月に結婚してから私は、少しずつ料理をする機会が増えています。
もともと食いしん坊なのもあり、2人分と考えた時に、
一人暮らしの時よりも経済的だったり、冷蔵庫が大きくなったり、
キッチンが広く使いやすい部屋に引っ越したので、
料理自体がスムーズに出来るようになったんですね。
2人で外食するとつい高くもなりますし、作る機会が増えています。

そして私…、さいきんお料理がすごく楽しくなってきているんです!
学生時代に割と作っていた時期があったものの、
研修医として働き出してからは全然作っていませんでした。
ごくごくたまに作る機会があったとしても食材を使い切れず、
忘れた頃に冷蔵庫の奥の方で、変わり果てた姿と対面したことも…ゴメンナサイ。

外食やコンビニの食事は、便利ですがある程度パターン化されてしまうので、
このままじゃいけないなあと思いつつ、
何となくここまで、ずーっと来てしまっていました。

さて、私が結婚する前に夫に作った唯一の料理は、「肉じゃが」です。
それなりに美味しく出来たのですが以後はほとんど作っておらず、
「私、けっこう料理上手なんだよ~♪」
などと言っていましたが、彼はあまり期待していなかったようです。
しかし最近の私の様子を見て、
「予想以上に料理頑張ってるよね」とか「美味しいね!」とか
言ってくれるので、純粋に嬉しいです。
(褒められて伸びるタイプです。笑)

肉じゃが
( 結婚前の肉じゃが神話は、ベタだけど永遠です。 )


料理の魅力を考えてみました。
まず、とてもクリエイティブな作業だということ。
食材を組み合わせたり、おかず達のバランスを考えたり、
季節の旬のものを取り入れたり、彩りを考えたり。
その日の天気に合わせて、身体が食べたいものを選択したり。
洋服好きな夫に言わせると、ファッションと同じだね、とのこと。
たしかにそうですね。

後は、食べものから命を感じる、ということがある気がします。
例えば私は、野菜を切ったり調理していると、野菜と対話しているような気持ちになります。
大地と間接的に繋がっていることを、身体が感じるのかもしれませんね。
また、食材を切ったり炒めたりする作業は単純に、
気分転換やストレス発散になります。
無心に料理することは瞑想に近い」と、何方かが仰っていたのを思い出しました。

無心に命に向き合う。
作った料理が、私のそして家族の身体という命を創る。
この、生命を繋ぐバトンの作業。
お料理の醍醐味って、この辺りにあるのかもしれませんね!

クリーニングが進むと、食材の方から「今日はこれを創ってね」とか
話しかけて来てくれるかも…。
そんな日を楽しみにしながら、ホ・オポノポノブログとしても、
これからも「食べものネタ」を書いていきたいです♪

スポンサーサイト

Comments

ぽにょさん、こんばんは
お料理、楽しんで作っておられるようですね

私は週末、仕事が休みの日にごはんを作っています。
結構料理本に書かれていることを忠実に守って作っているので味はそんなに悪くはないです。(…と思います

でも最近、何かおいしくないな~と感じていました。

料理って回数を重ねればうまくなるものって思ってたんですが、何だか初めて作った時の方がおいしく感じたんです。

分量を守っているのにこの違いはなんだろう?

考え、悩んだ末にたどり着いたのが「ホ・オポノポノ」でした。

私は手慣れてくると同時に食材や道具をぞんざいに扱っていたことに気づいたのです。

食材も道具もきちんと心を持っている…わかっていたつもりですが、行動が伴っていませんでした。

そのことに気をつけて先日コロッケを作ってみたのですが…

☆大・成・功☆

一つひとつの過程をクリーニングしながら行っていくことで、作業も自然と丁寧になりました。

このコロッケは家族にも好評で「また作って♪」と言ってくれました(^O^)
長々と自分の料理の話をしてしまいましたが…f^_^;

こんな風に何気ない日常でも常にクリーニングする機会が与えられている。
そしてそのことによってその状況にあったベストな状態で表に出てくるのかなあと感じました。

本当に楽しかったです。
「無心に料理することは瞑想に近い」とおっしゃっていましたが、まさにその通り♪
コロッケを形作ってるときは何も考えていませんでした。
「失敗したらどうしよう」
とか
「皆に絶対おいしいって言わせてやる!」
とかそんなことは一切思わずにただ純粋に楽しんでました。

ゼロに近かったんですかね、よくわからないけど…f^_^;

これからも料理に限らずですが、クリーニングを大切にしていきたいな、と思った出来事でした☆

  • [2011/03/07 21:50]
  • URL |
  • ふむふむ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

お料理の楽しさ

こんばんは。
ブログいつも楽しく読まさせてもらってます。以前にも一度コメント書かせてもらったのですがHNを忘れてしまいました。違う名前でコメントしていたかも?

今日の記事にはびっくりしました。私が最近感じていることと同じだったからです。
私も最近お料理が楽しくなったのです。こんな創造的なことが毎日できて、しかも自分の食べたいものを作れるなんて何と素晴しいことかと!!
しかし、私は新婚のぽにょさんとは大違いで、結婚して実は26年、ずっと料理が苦痛でした。義務感から毎日毎日食事として作ってました。だんなと3人の子供たちが食べてきました。

最近私はクリーニングの4つの言葉が自然に心の中で繰り返されるようになってきました。起こっていることは自分に責任があると感じられるようになってきました。
いろいろ変化がおきてきましたが、料理を作ることも楽しくなってきたのです。そして、おいしくもなってきました。そして、冷蔵庫の中で腐らせてしまう食材に申し訳なさも感じてきました。
ホ・オポノポノに出会えてよかったです。

  • [2011/03/07 23:22]
  • URL |
  • チャロコ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/624-2a4ff7c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。