スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなちがって みんないい 

みなさん、こんばんは。

私は職業柄というのもあるかと思いますが、つい論理的に考えたり
思考で分析したり、説明的という傾向があり、
ウニヒピリとの繋がりという意味では、まだまだ課題が大きいなと感じています。
またここでは、ホ・オポノポノ以外の話題や、
私からのメッセージなども含まるため、
「ホ・オポノポノブログ」でありつつも「ぽにょブログ」的になっていて、
純粋なるクリーニング表現とは、内容や表現が遠くなることもあります。

しかし「自分がやるべきこと」としてインスピレーションを感じながら書いている
という意味では、ホ・オポノポノブログなんですよね。
私にとっての「ほんとうの私」は唯一無二の存在であり、
と同時に皆さん一人ひとりにとっての「ほんとうの私」もまた、
かけがえのない唯一無二の存在です。

優劣とか、ジャッジとか、勝ち負けとかって、ほんとないんですよね。
皆に共通していることがあるとしたら、クリーニングによって
「ほんとうの自分自身」の姿に還り、自分の役割(自分で意図してきた)
を果たすこと、シンプルにそれだけなんだと思います。

ふと、「みんなちがって、みんないい」。
この言葉が浮かびました。
どなたのお言葉だったかなと検索してみたら、
金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」という詩の中のフレーズでした。

  詩人 金子 みすずさん
  (金子みすゞは、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した童謡詩人。
  今回記事を書くにあたって調べたら、彼女の最期が自殺であることを知りました。
  しかしその選択には、色々な思いがあったことが伺え、
  当時の女性が置かれていた立場を想い、とても切なくなりました。)


クリーニングを通して自分自身を見つめて表現していくことが、
それぞれの方にとっての、ホ・オポノポノブログになるのかもしれません。
それは、「世界にひとつだけの花を咲かせる」ことと、同じですよね。

「ブログを書く」という、現代では“当たり前”と思えることひとつを考えてみても、
地球上では現在でも、中東諸国やお隣の中国や北朝鮮など、
言論統制されている国がたくさんあります。
それに日本でも、金子みすゞが生きていた時代に女性が自由に表現するということが
どんなに大変だったかを推し量ってみても、「あたりまえ」と思ってはいけない。
ということを強く感じました。
 
  関連記事 → 「あたりまえ」

私たちはいま、自由に表現することが許される時代と国に生きている。
それだけで、なんて幸せなことなんでしょうか。

日本中そして世界中に、「ホ・オポノポノブログ」が広まることを願いながら、
今日も私は表現を続けます。

スポンサーサイト

Comments

そうですか。知りませんでした。
「みんなちがって みんないい」が金子みすずさんの
詩の言葉だったなんて・・・。

何のCMか知りませんが、子供の声でコーラスする歌というか
フレーズが頭に残っていて、よくリフレインするんです。

皆違うからこそ、楽しいんだと思います。意見が違ったり、
考え方、感じ方が違うから、刺激があるんですから。。。
同じだったら、気持ち悪いですよね!

だから、私的には、ホ・オポノポノだって、各人によって
やり方が違ったって構わないんじゃないかと思うんです。
もちろん、基本を抑える必要は在ると思いますが・・・。
って私自身は、真面目に本も読んだことがないのですから、
大きなことは言えませんが・・・

ぽにょさんのこのブログの記事を通して、いろいろな方の
コメントを読んだりして、その度に新しいきづきがありますし、
いろいろ考えたり、学ばせてもらっているので、とても感謝して
います。
いつもありがとうございます。

そうですね。

ホ・オポノポノ式で、クリーニングをつづけていて、ここのところ、天使さんや、真言に目が行きます。
真言も実は、ホ・オポノポノと同じなんですよね。 だから、やり方は、無限にあるのだと思いました。 

やっていくうちに、どんどんその人にふさわしいものが見えてくる。 そんな気がすごくしてます。

感謝でいっぱい☆

Re: タイトルなし

ひろみさん

> 「みんなちがって みんないい」が金子みすずさんの
> 詩の言葉だったなんて・・・。

そうなんですよ、私も誰かアーティストの詩かなと思ってました。
ある意味とても、現代的な感覚ですよね。
大正の時代に女性が表現したと思うと、すごく斬新です。


> 皆違うからこそ、楽しいんだと思います。意見が違ったり、
> 考え方、感じ方が違うから、刺激があるんですから。。。
> 同じだったら、気持ち悪いですよね!

はい、気持ち悪いです!笑
そんなモノトーンの世界、面白くもないですし^^


> 私自身は、真面目に本も読んだことがないのですから、
> 大きなことは言えませんが・・・

新刊のKR女史の「ホ・オポノポノ ライフ」は、
めっちゃ良いですよ!
女性にお薦めです、本当に。
ハワイの写真もふんだんで、見ているだけでクリーニングされるよう。
ひろみさんの感覚にもきっと、ホオポノポノ本の中では一番フィットする予感がします。
ひろみさんがもし1冊読むのなら、ぜひこちらをお薦めします^^♪


> ぽにょさんのこのブログの記事を通して、いろいろな方の
> コメントを読んだりして、その度に新しいきづきがありますし、
> いろいろ考えたり、学ばせてもらっているので、とても感謝して
> います。

ありがとうございます、私もです。
自然とそのような場に育ってきているような気がします。
これからも、ブログをクリーニングし続けます。
これからどうなるか楽しみですが、そんな期待もクリーニングですね。

Re: そうですね。

みいちゃんさん

> ここのところ、天使さんや、真言に目が行きます。

へえ!
私は残念ながら、まだあまり目に行きません。。。
やっぱり職業上、現実主義者なんでしょうか。。。
でも必要な時にきっと、インスピレーションとして与えられるのでしょうね^^
焦らずにマイペースで進みます。


> やっていくうちに、どんどんその人にふさわしいものが見えてくる。 

まさにその通りですね。
クリーニングしていると、実生活でも、
変化のスピードと内容の充実が大きいですよね。

感謝です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぽにょさん、

こんばんは。マイマイです。

先日の勉強会では、お世話になりました!

「みんなちがって、みんないい」

いい言葉ですね!

「力を抜く大切さ」も読ませていただきました。

私もよく力みがちです。今でも、よくやります。思い返すと、力んでいるとき、ろくな結果になっていないです。自分がうつ病だったとき、力が入りすぎて、ガチガチだったのを思いだします。


ぽにょさんが書いているように、ジャッジとか、勝ち負けとか、優劣とか、ばかり気にしていたら、いつまでたっても、自分ってものを受け入れられないんですよね。

等身大の自分が見えたとき、そしてそれを自分が受け入れたとき、相手の「違い」も受け入れるようになるのかなと思いました。

みんな違っていい、万歳!

また、こちらにお邪魔します。

はじめまして。
2年ほど前にホ・オポノポノと出合ってからマイペースにクリーニングを続けています。
ブログ、ちょこちょこのぞかせてもらってます。
新月の願い事も昨日さっそく書いてみました^^
「みんなちがって、みんないい」はNHK教育の日本語であそぼという番組でかなり前から小錦と子どもたちが歌っています。
うちの子たちも、大好きです。
子育てをしていると、ついつい自分の子とよその子を比べがちだけど、この歌を聴くといつもそうだよね、みんな違って、みんなよくって、ひとりひとりの持っているものがすべてかけがえのないギフトだなって思います。
ぽにょさんの言うように、ネガティブの中にも宝物があるんでしょうね。
うちの子は運動の発達や足が遅いのをまわりが心配していましたが、そのおかげでマラソンのときなどは園中のお友達、お母さん、先生たちから大声援をうけ、ビリなのにテープまで切ってにっこにこでゴール、とてもいい思い出ができました。
一見ネガティブに見えることに学ぶことは本当に多いですね。

マイマイさん☆

マイマイさん

こんばんは、コメントありがとうございます。
来て頂けてとてもとても嬉しいです^^


> 先日の勉強会では、お世話になりました!

こちらこそ、2回も相談に乗って頂いて取り組みが進みました、
本当にありがとうございました!
(公式ブログの方に少しだけ、ミオさん宛にその後の経過を書きました♪
良かったらご覧下さい。)


>「みんなちがって、みんないい」
> いい言葉ですね!

はい、本当ですよね。
比べたりジャッジしたりって、
まったく意味ないんだよなーって思います。


> 思い返すと、力んでいるとき、ろくな結果になっていないです。
> 自分がうつ病だったとき、力が入りすぎて、
> ガチガチだったのを思いだします。

すっごく、良く分かります。
先日のセッションで先生に、
「精神疾患の原因はほぼ100%抑圧から来ている」と教えて頂きました。
力んでガチガチになっている時って自然体からは程遠くて、
「ありのまま」でいることを我慢して、
抑圧しているのかもしれませんよね。。。


> 等身大の自分が見えたとき、そしてそれを自分が受け入れたとき、
> 相手の「違い」も受け入れるようになるのかなと思いました。

ほんと、そうですね!
自分自身を受け入れた時に、相手の違いも受け入れらる。
相手を自分の分裂人格として捉えることが出来れば、
まさにその通りだな…と感じました。


> みんな違っていい、万歳!

わーい、万歳!
それぞれが自分の花を存分に咲かせながら、
グループとしての“美しい花壇”を造っていけたら素敵ですね。


> また、こちらにお邪魔します。

はい、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね^^
お待ちしています。

ニナさん

はじめまして!

お越し頂いて、ありがとうございます。


> 新月の願い事も昨日さっそく書い
てみました^^

そうなんですね、楽しいですよね。


> 「みんなちがって、みんないい」はNHK教育の日本語であそぼという番組で
> かなり前から小錦と子どもたちが歌っています。

そうなんですか、初めて知りました。
NHK教育テレビという教育の王道のような現場で歌われているって、
素晴らしいなと思いました。


> 子育てをしていると、ついつい自分の子とよその子を比べがちだけど、

きっとそうなんですよね。
ついつい比較してしまう。
そして多分、親の比較癖が子どもにも
空気感染してしまうのかもしれません。。。


> ひとりひとりの持っているものがすべて
> かけがえのないギフトだなって思います。

そう思います。
全てが必要があってそこにある。
それはネガティブも同様ですよね。


> うちの子は運動の発達や足が遅いのをまわりが心配していましたが、
> そのおかげでマラソンのときなどは園中のお友達、お母さん、
> 先生たちから大声援をうけ、ビリなのにテープまで切って
> にっこにこでゴール、とてもいい思い出ができました。

わー素敵ですね。
息子さんにとっても、良い思い出になられたでしょうね^^

私は、子育ての時にお母さん達がみな、「みんな違って みんないいんだ」
と自然と思えるような社会になれば良いなぁ思います。

また色々と、教えて下さい。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/621-08c8ccd1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。