スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽視 

私のなかにあったメモリー
今まで気が付かなかったけれど
クリーニングによって記憶の層がはがれてきたときに
見つけてしまった 重いメモリー

それは 軽視
上から目線になって 冷ややかに相手を見下す
簡単にそういうことをしてしまう
自分でも気付かないくらい無意識に
そういうことをやってのけてしまう

どんな時にそういう自分が出るのかを
ちゃんと感じてみた
そしてそれは 気持ちが緩んでいる時
気を許している時だと気付いた
そうやって私は これまでの人生において
人を傷付け続けてきたんだ

軽視するとは
相手に敬意を払っていないこと
相手を大切にしていないこと
相手の努力を認めていないこと
相手の想いに寄り添っていないこと
相手の立場に立てていないこと
相手の目線を無視していること

それはつまり
愛とは逆の行為だった

軽視するとは
自分自身に敬意を払っていないこと
自分自身を大切にしていないこと
自分自身を愛していないこと

外でどんなに良い顔をしていたとしても
気が緩んだとき 仮面を外したときに
そういうことを無意識にしてしまう私がいる
それが今の本当の私の姿
たとえ外では良い人の仮面をかぶれていても
仮面を外した時に
まだちゃんと自分を愛せていない私がいる

軽視
それは愛とは逆の行為
軽視
それは私の中にある闇

私は変わりたい
自分を大切にする私に
私は変わりたい
「ほんとうの私」に

スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

少し前には私もこの「軽視」という感覚を感じていて、それを悪いものだ・・・と思っていました。

でも最近ちょっと見方が変わったような気がします。

言葉で説明するのは難しいのですが、「軽視」というのではなく「客観的に冷静に見守る」ってことなんじゃないかと思うのです。
他者に感情的に同調してしまうのではなく、一歩も二歩も離れた所から、冷静に状況を判断するようになったんじゃないかと・・・。

私達は他者に共感することはできても、完全に救うことはできません。
自分を救うことは自分でするしかないのですから・・・。
たとえ、夫婦であっても親子であっても・・・。
それぞれの人生はそれぞれが責任を持つしかないって・・・。

でも、ぽにょさんが、今、「軽視」という題でこうやって、心の奥にあったものを表現することは、ぽにょさん自身がクリーニングされた結果なのだと思いました。そして、読んだ人にもクリーニングのきっかけを与えているのだと思います。

なんだか、まとまってませんが、とりあえず、伝えたくて・・・。

はじめまして

はじめまして~☆~

「軽視」感動深く読ませていただきました。
これだけで1個の独立した言葉、文、メッセージとして、たくさんの気づきをいただきます。

自分自身を愛していればこそ、周りの人も愛せるという当たり前の事実の重さ。

ありがとうございますv-22

私も知らず知らずに軽視して相手を不快な気持ちにさせます。
相手に命令口調で話したりして、言われて気付く感じです。
言われないと気づきません。
今私はすごく悩んでいます。
人の悪口、ねたみ、恨みといった感情が人より強く、二重人格並みの性格なんです。
ホオポノポノやっても、それ以上に私の黒い部分が覆い被さってきます。本当に辛いです。

びっくりしました。

この記事を読んで、ドキっとしました。

私の中にあるものが文章化されたのかと思うほど当てはまり気付くことが多々ありました。

このタイミングで、すとっと私の中に入ってきました。

ありがとうございます。

思わず・・・

コメントしました。
まさに私の事だ、と。

気を許している時、相手。
私の場合は夫。
その言動、態度を横目で見て
軽蔑しています。
愛からは程遠い態度です。

軽視、軽蔑。
目の前に映るのは自分自身だというのに・・・。

ぽにょさんでもそんなことがある、と知り、ちょっと救われました。
勇気を持って書いてくださりあるがとうございました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/601-c5a1a96b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。