スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者が身につけるべきもの 

先日部屋掃除をしていたら、数年前の病院異動の際の、
ある指導医の先生から頂いたメッセージが出てきました。

「たくましく成長した先生と、いつかどこかでバッタリ会う日を楽しみにしています。」
という有難いお言葉に続き、最後に次のメッセージがありました。

医者が身につけるべきものは、明晰な頭脳とやさしき心のみである
                   ウィリアム・オスラー

その先生を懐かしく思いだしながら、素敵な言葉だなあと改めて思いました。

ウイリアム オスラー(William Osler, 1849年7月12日-1919年12月29日)は、
カナダオンタリオ州生まれの医学者、内科医です。
彼は初めトロント大学で聖職者を目指しましたが、
のちに自然科学に対して強い関心を抱くようになり、医学へ転向しました。
トロント大学医学部に入学後マギル大学医学部に転学し、
卒業後、英国・ドイツ・オーストリアなどへの
留学中にきわめて広範な研究を行い、後の経歴の基礎を築きます。
マギル大学、ペンシルベニア大学、ジョンズ・ホプキンス大学、
オックスフォード大学の教授を務め、カナダ、米国、英国の医学の発展に
多大な貢献をしました。
また、医学教育にも熱意を傾け、今日の医学教育の基礎を築きました。
彼は、社会活動家でありとても読書家でもあったようで、
医学はサイエンス(科学)に基礎をおくアート(技)である
など、数々の名言を後世に残しています。

   ウィリアム・オスラー

 「明晰な頭脳と優しき心のみ。」

シンプルだけど、真髄を表現している言葉だなあと思います。
私自身は、優しき心をホ・オポノポノで育んでいると実感できるものの、
明晰な頭脳に関しては、まだまだまだまだ長い修行の途上。。。
現代医学の礎の上に立った上で更に、ホ・オポノポなどの新しい分野を取り入れていくこと。
自分の立場を忘れてはいけないと、日々気を引き締めています。

そしてまた、「医者よ、汝自身を癒せ」の言葉通り、
医療に携わる方々が自分自身をクリーニングしていったら、
患者さんの病状はきっと「あるべき姿」「正しい形」に変化していくのではないかと思うのです。
医療者がクリーニングに真摯に取り組むことが出来れば、その効果はきっと絶大で、
時に“奇跡”とも思える出来事に出逢えるかもしれません。

また、医療関係者のメンタルヘルスには大きな問題があるのではないかと
私は問題視しています。
世の中では、医療関係者が心を病んだり、
燃え尽きてしまったりするケースが後を絶ちません。
志高く素晴らしいものを持っている人達が、何かで躓いたことがきっかけで、
新しい一歩を踏み出すことが出来ず、何年も何年も暗闇のなかにいる人たちを、
私はたくさん知っています。
そういう方々にこそ、クリーニングによって
自分自身の中の 「光」 を思い出して欲しいのです。

医療を目指す人は比較的責任感が強いにも関わらず、
“全責任”を負っていないばかりに、辛い想いをしてしまうことがあるのではないか。
私自身の過去を顧みてそう思います。
だからこそ、“100%の責任”で“自分を愛する”ホ・オポノポノを、
知って欲しい、伝えたい。
そう、強く思います。

消えゆく命を前にした時の、どうしようもない悲しみや、苦しみ。
目の前の患者さんに対して何もできない時の、
自分自身への自責の念、失望、諦め。。。
私自身もたくさん感じてきました。
これは、全世界の医療者が抱いている、共通のメモリーと言えるかもしれません。
この深い深い苦しみ悲しみを、ホ・オポノポノでゼロにしていきたい。
ホ・オポノポノを、多くの医療者に提供出来るように、何かの形にしたい。
私はそう、願っています。

そして、その礎となるために「今の私」が出来ることのひとつが、
クリーニングしながらこのブログを書くことなのです。

スポンサーサイト

Comments

>明晰な頭脳とやさしき心のみである
>医学はサイエンス(科学)に基礎をおくアート(技)である
>医者よ、汝自身を癒せ

素晴らしい言葉ですね!
そして、ホ・オポノポノそのもの・・・。

コレは、医師だけでなく、政治家、教師、宗教家、エリート官僚、社長、リーダー・・・など、人の上に立つ立場の人々全てに心に刻んでいて欲しい言葉です。

教えてくださってありがとうございmす。

褒めること。

自分を褒め、隣人を褒め、死者を褒める。
心の安らぎは褒められることだと私は思っている。
ごめん。ありがとう。許します。愛してる。
って言葉は人として褒められる素直な言動として家でも学校でも教わった。
これが世の中だと信じている。
今まで忘れていた。

お世話様もご苦労様も褒め言葉。

すべての方々に。
お世話様。ありがとう。

褒めること

自分を褒め、隣人を褒め、死者を褒める。
心の安らぎは褒められることだと私は思っている。
ごめん。ありがとう。許します。愛してる。
って言葉は人として褒められる素直な言動として家でも学校でも教わった。
これが世の中だと信じている。
今まで忘れていた。

お世話様もご苦労様も褒め言葉。

すべての方々に。
お世話様。ありがとう。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/579-7fe2359a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。