スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆうさん」のKR女史セッション体験談 

みなさん、こんばんは。

今日は、ブログにコメントを下さった「ゆうさん」という方の
KR女史セッション体験談を、ご本人に承諾を得てシェアさせて頂きたいと思います。
ゆうさんは最近ブログにコメントを下さった方で、
お仕事は都内の大学で教員をしていらっしゃいます。

こちらの体験談、私はとっても勉強になりました。
KR女史の温かいお人柄と、ゆうさんご自身の清々しさも感じるやりとりです。
みなさんのお役に立てたらとシェアを御承諾下さり、
わざわざ丁寧に詳しく教えて下さったゆうさん、
本当に、ありがとうございます!!

では早速、体験談をどうぞ…☆


(~引用ここから~)********************************************************

セッションはKR女史と通訳のベティーさんと私の3者の間で、電話を通じて
1時間行われました。

まず、KR女史から日常どのようにクリーニングしているかを尋ねられます。
私は四つの言葉と、ブルーソーラーウォーター、消しゴムつき鉛筆、
KRさんのハワイアンソルトとハーブティーなどを挙げました。

次に、何か質問がないか問われます。

私は予め用意していた質問として、「四つの言葉は、機械的に唱え続けるのと
感情や記憶に向かって唱えるのとでは効果が違うのでしょうか?」と尋ねました。

すると、「お経のように唱え続けたのでは、ゼロになる暇がないでしょう。だから、
まず何か感情が湧きあがってきたら言葉を言って少し待つ、そしてまた他の記憶が
出てきたら言葉を唱える、という風にやるといいですよ」とのことでした。

次に、ウニヒピリのケアについて質問をしました。

「私はこれまでなるべくウニヒピリとコミュニケーションをとろう心がけてきましたが
今年、博士論文を書いていたときは本当に大変で、なかなかウニヒピリに
話しかけることができませんでした。ウニヒピリが怒っていないかと心配なんですが、
そのような、心が忙しいときにはどうやってケアをしたらいいのでしょうか」と
尋ねると、KR女史の答えはとても温かいものでした。

「あなたは誤解なさっているのかも知れませんが、ウニヒピリのケアというのは
あなた自身のケアのことなんですよ。ウニヒピリとは、他の何かではないんです。
ただ、私たちは自分自身をいたわることに慣れていないから、他のもののように
表現しているだけです。だから、あなたがクリーニングを続けていたら、
それはウニヒピリのケアをしているということなのです」

そして、KRさんには「あなたはクリーニングによって次の意識の開きが
見えていますよ」と言われました。
クリーニングのプロセスは目に見えないものですから、その手ごたえがわからない
と思うこともしばしばあった私は、とても心強く思いました。

また「あなたが論文を書いていたときに、ウニヒピリがいなかったと思いますか?」
といわれたので
「いいえ。私はそれがウニヒピリかどうかはわかりませんが、何か大いなる力が
背中を押してくれていたように感じていました」と答えました。

するとKRさんは「あなたは賢いから論文が書けたのではなくて、クリーニングをして
自分自身でいたからそれができたのですよ」と言われました。
確かに、論文執筆中は本当に色々なことが起きて、大変なことも多かったのですが
なるべく「これも記憶の再生」「クリーニングの機会」と思うようにはしていました。

こんな話をしていたら、突然、KR女史からオリジナルのクリーニングツールを
伝えられました。
ツールの詳細については割愛しますが、その後は、そのツールを使って、
次々にクリーニングをしていきました。

    いちご
    (いちごは、うつ病のクリーニングツールです♪)


まず、私がクリーニングしたかったことは、現在の恋人との関係でした。

付き合いが長いこともあって、彼との間にはあまりにもたくさんのメモリーが
積み重なっていて、よりよい関係が結べなくなっているように思えたからです。
すると、KRさんは「それでは、あなたがいつも異性との間に繰り返してしまう
パターンをクリーニングしましょう」とおっしゃいました。

「私のパターンですって!?」私はハッとさせられました。
じつは、人間関係についての困ったパターンを持っているのは、彼のほうだと
私は長い間信じてきたのです。明らかに、彼は母親との間に感情的な問題を
抱えていました。それが女性との関係に悪い形で影響してしまうのです。

そもそも「100%自分の責任」であることはとっくに知っていたのに、
私はどうしてそれが相手のものだと長い間思い込んでいたのでしょうか。
相手が見せてくれていたのは、私の記憶に違いないのです。
目から鱗が落ちました。

次に、私の健康問題をクリーニングしました。
事前に事務局に提出する相談内容に、私は腰痛や神経性胃炎などの身体的不調を
いくつか入れておきました。
そのうち、最も長く悩まされている神経性胃炎以外の症状は、セッションまでの
間にすっかり消えていました。
KRさんがクリーニングしてくれたためと思われます。

最後に残った神経性胃炎ですが、オリジナルのクリーニングツールを使っていくうちに
みぞおちのこわばりがスーッと楽になっていくのを感じました。
KRさんからも「ちぢこまっていた部分がどんどん広がっていくのが見えますよ」
と言われました。確かにその通りで、それ以後、長い間こわばり続けていたみぞおちが
すっかり柔らかくなり、まったく痛みがなくなってしまいました。
これには本当に驚きました。

KRさんは「あなたは病気だったのではなくて、病気という記憶を体験していただけ。
仕事や論文が大変だという記憶で、神経性胃炎になっていたのですね」と言いました。

次に、職業についてクリーニングしました。
KRさんによると「私は○○業を営んでいますといえば、すべてが滞ります。
私はクリーニングをするために○○業を営んでいるのですといえば、
仕事が勝手に流れていきます。あなたの仲間にとってもその仕事が楽しくなり、
仕事をしている場所も楽になります」とのことでした。

そして、私の現在の仕事(大学教員)は、「あなたにふさわしい、いい仕事」
「あなたはクリーニングするために、その仕事を与えられたのですよ」と
言ってくれました。確固たる信念があったわけでもなく、何となくこの世界に
入ってしまった(それはとてもラッキーなことなのですが)私には、この言葉が
ご褒美のように感じられました。

このようにクリーニングを続けていると「何かがはじけているのが見えます。
あなたのまわりの人たちが、満足感に浸っていますね。みな縮こまっていたのが
のびのびして自由になりましたよ。ホ・オポノポノの素晴らしいところは、
あなたが自由になると、まわりの皆が自由になることですよ」と言われました。

さらにクリーニングを続けて、「あなたが輝いてくるのが見えますよ。
また何か風船のようなものがはじけましたね。どんどんはじけて下さいね」と
KRさんが励ましてくれたところで、セッションは終わりました。

以上、セッションを振り返ってみると、ぽにょ先生が年末に書かれた
最新のエントリーと内容がシンクロしているような気がして、
とても不思議に思います。

すっかり長くなってしまいました。
それでは、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
今年が皆さんにとって素晴らしい一年でありますように!

  ゆう

********************************************************(~引用ここまで~)

 
如何ですか?

KR女史の言葉からは、ホ・オポノポノの優しさ、広さ、温かさを
改めて感じることが出来ました。
やっぱり素晴らしいですね…◎

そして、ゆうさんとも共有して興味深いと思ったのが、
ゆうさんのクリーニング体験と私の最近の記事がリンクしていたことなんですね。
ゆうさんが詳しい体験談をメール下さる前に、私がドドっと大晦日に挙げた記事と
体験談の内容が重なっている部分があったのです。

恋人との関係や、仕事についてのこちらです。

  → 「精神科医という仕事」
  → 「本当は、私の問題」
  → 「ウニヒピリをネグレクト」

シンクロだな~と思いました^^
ゆうさんと私の共有しているメモリーが賦活されて、
相互クリーニングされたのかもしれませんね♪

クリーニングをしていると、このような不思議なことが度々起こって来るのです。
本当に不思議で素晴らしいホ・オポノポノ。
今年もクリーニングに励みたいと思います♪

ゆうさん、本当にありがとうございました^^
良かったらまたぜひ、その後のご様子もお聞かせ下さいね。

スポンサーサイト

Comments

こんばんは

シェアさせていただきありがとうございました。
クリーニングするために、◯◯業をやっています、というフレーズが、とても参考になりました。
いま、自分がやっていることにとても疑問があったので。
シェアありがとうございました、あまり難しく考えず、とりあえずクリーニングします(*^_^*)

SITHを学びつつ

ぽにょ様
ブログの「本当は私の問題」、「『ゆうさん』のKR女史セッション体験談」をありがとうございました。
ホ・オポノポノの大事なことが伝わってきました。それはぽにょさんとゆうさんが辛かった心の内を見せてくださり、ホ・オポノポノとの関わりを示してくださったからだと思います。
私が学んだいくつかのこと。
・心の中に湧き起こる問題はすべて、記憶がなさしめることで、それをクリーニングし続けることが大事なのですね。「瞬間瞬間クリーニングが必要だったのだと、深く深くきがつく(ぽにょさん)」とありますように。
・KR女史のおっしゃるクリーニングの仕方で、お経のように唱え続けるのではなく「まず何か感情湧き上がってきたら(四つの)言葉を言って少し待つ、そしてまた他の記憶が出てきたら言葉を唱える」。(その方法を教えられて、うれしいです)
・「あのとき相手の中に感じた寂しさ切なさが、実は私の中の痛みだった」(ぽにょさん)
・「相手が見せてくれていたのは、私の記憶に違いないのです」(ゆうさん)
(私に一つの問題というか、心配事があります。娘が大学を卒業してすぐにドイツに留学し、その後オーディションを受けつつオーケストラでホルンのパートを演奏しています。渡独して10年になりますが、この不況で音楽の仕事も厳しくなり、日本に帰りたくても日本での音楽の世界はもっと厳しいようです。私の心配は、私の記憶の問題ですよね)。
・仕事について、「私はクリーニングをするために○○業を営んでいるのですといえば、仕事が勝手に流れていきます」(仕事の仕方を教わりました)。
・神経性胃炎について、「オリジナルのクリーニングツールを使っていくうちにみぞおちのこわばりがスーッと楽になっていくのを感じました」(不思議ですね)

(昨年の1月1日より、ホ・オポノポノを学んできました。この1年をふり返って、変化があったようです。
身体面では、私の歯茎が赤くなり、3ヶ所の歯科医に診てもらいました。3回目は大学病院で、いろいろと検査をし、治療していただきましたが原因がわからず、今までに治療した金属のせいかもしれないので、それらの金属を全部はずす必要があるかもしれない、と言われました。それで病院へ行くのを止めて、歯磨きをしながら、クリーニングすることにしました。I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.といいながら。半年後にはよくなっていました。何が原因かわかりませんが、不思議ですね)その他職場も明るい雰囲気になったし、精神的に課題を感じながらも、安定しているようです。
この1年も、SITHを学びつつ歩みたいと思っていますので、よろしくお願い致します。


























まきさん

こんにちは^^


> クリーニングするために、◯◯業をやっています、というフレーズが、
> とても参考になりました。

本当にそうですね、私も「精神科医という仕事」という記事で
同じような気持ちを表現していました。

私にとっては精神科医がクリーニングするための仕事でしたが、
本当はみなさんそれぞれが、ご自分のお仕事を、
そのような視点で捉えられるのでしょうね☆

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/566-ef902568

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。