スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドが高いのは私 

みなさん、こんばんは。
新月の願いは書きましたか? 関連記事 →  「新月の願い」
ぜひ楽しんで下さいね!

最近、ある出来事をきっかけに色々と感じることがあったので、
みなさんにシェアしたいと思います。
それは、他者に対する憤りの気持ちから始まったんですね。
登場人物を、私、Aさん、Bさんとしますね。

私は、Bさんに対するAさんの態度が、ものすごーく、
イライラムカムカしてしまったんです。
そんな時は「得意のクリーニング♪」のはずなんですが、
頭で分かっていても、すんなりいかない事は多々あるもので…。
人間は記憶にまみれた存在で、私もまさに記憶まみれなのです。

ちなみに私がその時にAさんに抱いた感情は、こんな感じでした。
ちょっとえげつないですが。

『まったく、Aさんのプライドって何て浅はかなんだろう。
 自分を良く見せることに執着し、都合の悪いことはひた隠すことがそんなに大切だろうか。
 ダメな部分を見せることで自分から離れてしまうことを恐れて、
 保身と嘘のよろいを着ることは、そんなに死守すべきことなんだろうか。
 ほんっと、下らないプライド…』

こういう時に私は、我慢せずに感情を感じ切るようにしています。
抑圧してしまうと、エネルギーが歪むからです。
感情的に吐き出して冷静になったあと、私はふと気が付いてしまったんです。

 どうしてそんなに私自身が反応したのか。
 いらついてムカついてしまったのか。

(こういう時は、ホ・オポノポノを知っていて本当に良かったと感じる瞬間です。)

私は、Aさんの態度に 私のメモリー をみつけてしまったのです。
つまり、Bさんに対して都合良いところだけで取り繕っているのは私自身でもありました。
Bさんに、自分の闇を見せていないのは私自身だったのです。
都合良く見せて気に入られて、嫌われないようにと保身に走っていたのでした。
そんな自分がいたから、Aさんの態度を見てイライラしたのでした。

 愕然…。

でも、深ーく納得する自分もいました。
最近、Bさんに対する自分の態度について問題視をし始めていた所だったからです。
現時点で問題が生じている訳ではないけれど、
「このままではいけない」と、感じていたのでした。

だから、クリーニングしました。
Aさんに憤りを感じたことを、Aさんに申し訳なく感じ始めました。
Aさんの態度にも問題はあるとは多少思うのですが、
私がAさんに指導するのならば、まずは自分自身が実践出来ていなくてはなりませんよね。
とにかく自分がクリーニングしなくては、と思ったのでした。

そして、これから…。
私は行動に移していきたいと思っています。

Aさんに「Bさんに対する態度を改めた方がいいよ」とアドバイスするのはお門違いであり、
私自身が、Bさんに対して誠実になろうと思うのです。

私は、リアルな体験として言動でクリーニングしていくことは、
何倍も何倍ものクリーニング効果があるのではないかと思っています。

結果を出して、みなさんにご報告しますね!!

みなさんもぜひ、誰かにムカついたりイラついたりと反応する場面があったら、
自分の記憶が再生されているのではないかという視点で、
内面を探ってみてくださいね。
きっと、大きなギフトが待っていますよ☆

ありがとうございます。

スポンサーサイト

Comments

クリーニングの方向、同感です!

ぽにょ先生。ホントに身の回りでそんな事が起こっているのですか?大変ですね。私もそんな時、いつもそんな風に対処しています。そのうちAさんの心も、ぽにょ先生の誠実な態度で溶かされて涙を流す日が来ると思います。きっとAさんも、なんか、いろいろあるんですよ。かわいそうに…。

ariさん

こんにちは^^


> ホントに身の回りでそんな事が起こっているのですか?大変ですね。

ブログで書けないような大変なメモリーの噴き出しは
しょっちゅう体験しているんですよ。
でもこの件に関してはだいぶ落ち着きました、お心遣い有難うございます。

自分の中の頑固な記憶に左右されて苦しむことは多々ありますが、
でもそんな時は本当に、ホ・オポノポノを知っていて良かったと感じます♪

私も愕然!

ぽにょ先生、みなさんこんにちは。
ブログいつも拝見しています。皆さんからのコメントもとても興味深く読ませていただいています。

私がホ・オポノポノを始めたのは去年の6月です。

最近読ませていただいた一連の記事「プライドが・・・」「連鎖する・・・」「メモリーに・・・」そして、その記事に送られたコメントの数々、読んでいてあることに気がつき愕然としました。
最初に「プライド」の記事を読んだときにはあまりピンと来ませんでした。が、いろいろ読んでいるうちに「あっ」と思い当たったのです。

うつ病で苦しむ息子のために「うつ病の記憶を消去して下さい」とクリーニングをしているとき、「どうしてあの子は私のアドバイスを素直に受け取ってくれないのだろう」「「なんで?」という思いがありました。うつ病にはとても効果的ということを、さりげなく「やってみたら?」と言ってるつもりなのに。
そんなとき思い出した主人の言葉「お母さんも(私のこと)結構頑固だよね。人の言うこと聞かないよね」。
確かに!
肩がこるというと「意識して肩を動かしてご覧」という夫。
パソコンに向かうとき「部屋の電気明るくした方が目が楽だよ」といってくれる夫。
結構無視していました。素直に聞けなかったのです。

そうか、私の言葉を受け入れてくれないように見える息子の姿は「私の姿」だったのかもしれない、と。
私に取って人の言葉を受け入れる行為には、自分が折れる姿が重なります。
人に何か言われると「わかってる」と言いたくなるのです。

そのことに気がつきクリーニングを始めた私です。
このことを教えて下さって、ぽにょ先生ありがとうございます。
そしてこのコメント読んで下さった方も、ありがとうございます。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/565-4a28d33c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。