スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

O先生との出逢い 

みなさん、こんにちは!
今年も残すところあと僅か…早いですね☆
私にとって今年は、大きな変化の年でした。
来年も良い一年になりますように。

さて今日は、ブログを通じて最近知り合った、
あるドクターのクリーニング体験をご紹介したいと思います。
彼女を仮に、O先生としますね。

今月のある日O先生は私に、本名、病院名、ご自分の科を名乗ってメールを下さいました。
学年は私より少し下の、外科系の先生でした。
彼女からのメールを読ませて頂いた私は、
その文章から何とも清々しい印象を受けました。
メールを読み進めてみると、私よりもずっと長くクリーニングして来た方で、
なるほど~クリーニング効果とはこういうものなのかと改めて感じたのです。

みなさんも御経験があると思いますが、メールや文章というのは、
その方のエネルギー状態をすごくあらわすものだと思いませんか?
私自身、クリーニングをしながら色んな状態の時にブログを書いているので、
良い波動の時もあれば、膿出し中でドロっとしている時もあります。
読み返してみて、自分でそう感じます。
そういう意味でO先生の文章は、とても爽やかで清々しいものでした。
また、謙虚さと誠実さを持った方だなあという印象を受けました。

今までも、ドクターの方からメールを頂いた時には、
仲間を発見した!という思いでとても嬉しいので、お返事をしたり
交流をしてきており、時には実際にお会いしたり
ブログにご登場いただいた事もありました。
同様に、O先生にも、メールのお返事をしました。

そしてふと、彼女が外科系のドクターであることから、
精神科医である私のクリーニング体験と比べてどんな違いがあるんだろう?
と疑問に感じ、お返事のなかで簡単に
「先生のクリーニング体験を教えて下さい」とお願いしたんですね。
そうしたらすぐ、とてもご丁寧なお返事を下さいました。

私はここで、これだっ!」と思ったんですね。
何がと言いますと、私のブログは実際の患者さんとの関わりや
患者さんの変化などを含めて事実をあまり書いていません。
先日、おなすインフォメーションのおなすさんと、
聖なる夜にシンクロした際のメールのやりとりのなかで、

 私のブログより → 「ネガティブを愛そう」
 おなすインフォメーションより → 「大切なものは目に見えない」の意味

「実際の医療現場でホ・オポノポノをどのように活用していて、
患者さんにどのような効果をもたらしているのか
 (どのように変化してるか)を知りたいです。」

というお話を頂いていたところだったので、
「そうか…まさに、O先生のように実体験をもっと書いていくことが、 
 読者の方にとって分かりやすいのではないか。
 ホ・オポノポノが、もっと多くの方に伝わるのではないか。」
と感じました。

色んな要素はありますが、それは私が無意識に避けてきたことだと気付きました。
医師という立場からすると、患者さんとのやりとりを書くことは
守秘義務にも関わる問題で、具体的な話をこのような公の場ですることは、
文章を書く上でも非常にエネルギーを使うでしょう。
なので私はあえて、自分の内的世界のみを綴ってきたのでした。
また、医学用語を使って書く際には、より神経を使いますし、
自分の臨床能力が、読んでいる同業者にも分かってしまいます。
「標準的な事柄をきちんと理解・実践出来ていない精神科医が、
 単なる逃避でホ・オポノポノを語っているだけではないか」
と思われたらどうしよう・・・、という怖れもありました。

ですから私は、ブログ上ではカジュアルで気楽なメッセージを伝えることに
甘んじてきました。
このような課題は、実は数年前から気付いていたことなんです。
気付いていて、放置してきました。

そして・・・、良く考えるとここにはっきりと、
面倒くさい』という気持ちが働いていたことが分かります。
 
 「仕事以外で仕事のことを書くのは大変」
 「ブログを書いて、お給料が発生するわけじゃないし」みたいな気持も正直ありました。
 「私のブログだもん、自分が楽しくなくちゃね!」とかとか言い訳はたくさん・・・。

でも考えてみれば、「面倒くさいを手放そう」の記事で書いたように、
面倒くさいという記憶から、自らトラブルを引き起こした私なのに、です…、トホホ。
これは明らかに、私が持っているパターンのひとつなのですね。
気付いてしまったからには、クリーニングをしなければ・・・。苦笑

でも私は、このタイミングでO先生のクリーニング体験に出会えたこと、
おなすさんからもリクエスト頂いたこと、
個人的にも幾つかの転換期を迎えていることもあり、
もう一歩進んだクリーニング体験を書かなければ…と、
考えるように成長出来たんですね。

スタンスを変えていく難しさもありますし、持病の「面倒くさい病」があるので
思うように書いていけるか分かりませんが、
今の私に必要なことだと感じるので、頑張っていきたいと思います。
(あぁ、公言してしまった・・・苦苦笑)
O先生、おなすさん、そしてみなさん、ありがとうございました。

・・・さて。
このきっかけを与えて下さったO先生に、
クリーニング体験をこのブログで引用する許可をお願いしたところ、
とても快くOKを頂けたんですよ。
次の記事で、O先生の体験をみなさんにもお伝えしたいと思います^^

 どうぞ、お楽しみに~!!

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/560-046a31eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。