スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタルヘルスの勉強会 

みなさん、こんにちは!
時節柄、忘年会続きで忙しい日々を送っていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか^^
体調に気をつけながら楽しんで下さいね。

さて、今日は先日の 「チャレンジの成果」 のご報告第2段を…☆
私は、東京都内の病院の精神科で働いており、
私が担当しているのは女性の閉鎖病棟で、慢性期~亜急性期~急性期を扱う、
とにかく色んな患者さんがいる病棟なんです。

精神科患者さんの社会参加が謳われている今の時代、
患者さんが退院出来るまでを、スタッフ一同で応援する毎日です。
退院促進のためには、まず第一に病状に対する治療、そして、
経済的な問題、家族の理解の問題、住居の問題、社会資源の整備など、
さまざまな課題に直面し克服していかなければなりません。
そのため、医師、看護師、薬剤師、精神科ソーシャルワーカー、作業療法士など、
各業種がチームとなって患者さんの支援にあたるのです。

私は以前より、精神科医療従事者は特有のストレスが多い仕事だと思っており、
精神科医はもとより、看護師にもホ・オポノポノがすごく有効だと思っていました。
そして私は、自分が働いている病棟スタッフの方たちにも、
自分の体験やブログを紹介したりしていたんですね。

今年の夏、研修担当のスタッフから、
「ぽにょ先生、スタッフ向けのメンタルヘルスの勉強会をしてもらえませんか?」
と、声をかけてもらったのです^^☆
私はとってもとっても嬉しくて、じっくり時間をかけて準備しました。
その勉強会が、少し前に催されたのでした。

 フラワーシャワー
 (結婚式当日、フラワーシャワーを待つ家族の手。
  私たちはもうすぐチャペルから出てきます♪)


・・・勉強会当日、平日の通常勤務の後、夕方行いました。
勤務でないスタッフも何人かわざわざ出てきてくれていて、
とても嬉しかったです。まずはじめに、
「今日は、患者さんのことではなくて、自分自身のことを考える時間にしましょう。」
と伝えて、私は、自分が精神科医を目指したきっかけ、
家族を病気でなくした時のこと、自分の闇の中の体験、
ホ・オポノポノとの出会い、ホ・オポノポノ実践方法などをお伝えしながら、
たくさん質問も出て、みんなで意見交換をしながら、
和気あいあいとした時間を過ごすことが出来ました。

一緒に働いているスタッフといえども、プライベートな話をする機会は飲み会くらいなので、
みんなの反応がそれぞれで興味深かったです。
クリーニングをみんなでやってみる時に、
自分に「ありがとう」と言えない人もいました。
また、ホ・オポノポノではないけれど、寝る前に一日を振り返り、
自分をねぎらう言葉をかけることを習慣にしている人など、
自分自身のセルフケア方法を話してくれるスタッフもいました。

改めて興味深かったのは、同じ病棟スタッフとして働いていても、
「患者さんがこんなに辛い状況なのに、
 自分は病院の外では楽しく自由に過ごす事を申し訳なく思ってしまう」
と自責的になる人がいる一方で、
「患者さんの辛い状況を思えば、退院してほしい、自由を体験してほしい!
 と思い、仕事に対して俄然やる気が出る」
とファイトが湧くという人がいたりと、同じ体験をしていても、
個人の記憶の相違によって、体験する感情が全く違うということでした。
当たり前といえばそうなのですが、それぞれの感じ方や考え方をシェア出来たことは
とても素敵な時間でしたし、皆でクリーニングすれば、
とても素晴らしいことが起こるのではないかと感じたのです。

いつも患者さんのために、アイディアを出し合いチームプレイしている病棟の仲間たち。
時には自分の事をしっかりみつめ、クリーニングすることで、
きっと患者さんたちにも間接的に、大きな影響があるのではないか・・・。
そう、強く実感する体験になりました。

みなさん、いつも、本当にありがとうございます!

 (チャレンジの成果、第3段が続きます♪)

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/552-ce7af561

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。