スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の再生 

クリーニングを続けていると、第一ステージ、第ニステージ、第三ステージと、
人生の展開が早くなっていくのを感じます。

たとえば、「以前であれば5年かけて達成するような事柄を、1年半で達成できた。」
とか、「去年の今頃は想像すら出来なかったような状況に、一年後になっている。」
・・・といった感じなんです。

でも、ホ・オポノポノの素晴らしい所は、その変化が
「こんなはずじゃなかったのに・・・」といった展開ではなく、
「本当はこうしたかったんだ」という自分の本当の願いに基づいた変化
なのだということです。
このように、長い目で見ればとても幸せなことですが、日常にフォーカスをあててみると、
目の前に起こること、問題を100%の責任と引き受けてクリーニングをずっとしているので、
日常をより意識的に生きざるを得ないし、気持ち的に「ぐぐっ」とする事は増えるし、
怒りや憎しみや恨みとかいった感情も、その場では一旦抑圧せずに表現したとしても、
自分との関連などを含めて、その後に深く内観してクリーニングするので、
それなりに意識は忙いですし、気持ちも楽ではない訳です。
逆に、クリーニングをしていない頃の方が、
「あの人の性格って、何とかならないかな」とか、
「政治家って誰がやっても同じだよね~」とか、責任を誰かに押し付けていたので、
以前の方が日常的にはお気楽に過ごせていたような気がしますね。

でも、日々の努力の積み重ねが、ある程度まとまったスパンで人生を見たときに、
歴然とした結果として出てくるという感じであって、
これって、色々な事に通ずる真実かもしれませんね。

さて、いまお話したようなことについて、
『ウニヒピリ』の122P KR女史の言葉に「なるほど~」と思いました。
ご紹介しますね。

************************************

ウニヒピリは、あなたに消去してもらえるよう、必死に過去の記憶を再生しつづけます。
それをあなたが消去しないかぎり、この先に起こることはすべて
過去の記憶の再生になります。
つまり、新しい未来、将来なんてものは存在すらしないのです。

ウニヒピリはある意味でとてもまじめです。
あなたが見ているDVDの停止ボタンを押さないかぎり、何度でも何度でも
ウニヒピリはまた最初から、そのDVDを再生してくれます。
どんなにストーリーに飽きようが嫌いであろうが、あなたが停止ボタン、
つまりクリーニングを通してそのDVDを消去しないかぎり、次のDVDは始まりません

停止ボタンを押すということは、まずあなたの意志でクリーニングを始め、
クリーニングを続けていくうちにウニヒピリがそれを受け取り、
その記憶そのものに変換を起こすということです。
最後には記憶の再生が停止され、消去されていきます。
この一連のプロセスの先に、はじめて未来という新しい道があるのです

 (太字、ぽにょ)

************************************

いかがでしょうか?
ブログでも繰り返しお話していますが、私が2009年1月にホ・オポノポノと出会った時、
私は、精神科医という仕事にも悩み、自分の人生にも行き詰まり、
体調も大きく崩していました。
もちろん、恋愛や結婚なんて、考える余裕すらありませんでした。

 チャペル
 (結婚式を挙げたチャペルです。夕陽がとても美しかったです。
  クリーニングをしていなければ、私はこの美しい風景とも
  出会えなかったかもしれません。)


それが、クリーニングを始めたその日から、止まっていた物語が動き出しました。
最初はゆっくりと、再生機械のホコリとりみたいな地道な作業から始まり、
DVDが再生しだし、再生のスピードもどんどん加速され、
見終わったDVDがどんどん増えていく、そんな感覚がしています。
それらのDVDのなかで、新たな体験や出会いなどがたくさんありました。

私もクリーニングを始める前はそうでしたが、「自分はどうして、いつもこうなんだろう?」
「また同じことを繰り返してしまった、もう嫌だ」などと、
自分自身に感じる人は多いと思います。
また自分だけでなく、「どうしてこんな人にいつも出会うのだろう」
「どうして、こういうトラブルにいつも私は巻き込まれてしまうのだろう」という、
自分以外の要因について悩む人も多いかもしれません。
「あの上司から離れたくて職場を変えたのに、
新しい職場で同じような上司になってしまった。」
など、問題が自分の後を追いかけてくるように感じることも、あるかもしれませんね。
後者は普通、「運の問題」として捉えられがちですが、本当はその人の問題なんですね。

でも、そういう記憶再生体験を重ね続けながらも、
自分で引き受けること(100%の責任)が出来ないと、
「私はこういう運命なんだ」「ついていないんだ」「どうせ…」など、
人生をネガティブに受け止め、どんどん辛くなってしまうこともあるかもしれません。

日々を100%の責任で生きていくことは、それなりに大変なことです。
しかしそれ以上に、この上ない恵みと豊かさを手に入れることが出来る。
本当です。
ですからぜひ、一人でも多くの人に、一日でも早く、
クリーニングを始めて欲しいなあと願う、今日の私でした。

今日もありがとうございます。
愛しています。

スポンサーサイト

Comments

ALO~HA~!

ぽにょさん、お久しぶりです!

ちょっとだけ、私が気になることを書きます。
多分翻訳の問題なのではないかと思うのですが、ホ・オポノポノの記憶のクリーニングというのは、「消去」とは違うのではないでしょうか・・・。
厳密にいえば、「浄化」・「昇華」とか言う言葉にした方が良いような気がするんです。

「消去」と言ってしまったら、文字どおり「消す」なのですから、「忘れたらいい」で終わってしまうかもしれません。そうじゃなくて、記憶を再生し、単に消すのではなく、もう一度深く考えて、その意味を理解して責任を持つということは、「浄化」「昇華」のほうが近いと私は考えています。

英語で、どの単語が使われているのか知らないのですが、安易に「消去」と言ってしまっていいものかどうか、私はちょっと考えてしまいます。。。
参考のために、沖縄の神人の方のブログ記事です。 http://teardrops.ti-da.net/e2963109.html
この記事を読んで、ホ・オポノポノのことをもっと深く学ばなければいけないと思いました。

ぽにょさんも一度考えてみてください。

ありがとうございます

ブログの更新、私にとって絶妙なタイミングでした。
日常の忙しさに負けて、ひかりを失いかけていました。

ありがとうございます

愛しています

ご教示ください

はじめまして
インディと申します。

昨年末に色々な不幸なことが重なり、先の見えない長いトンネルで、今後の人生の生き方が分からなくなり、無気力で生きていく事自体を諦める一歩手前まで追いつめられました。


その後、周りの方のフォローもあって少しずつ前向きになれ、生きている素晴らしさに感謝できるところまで回復してきました。そんな折に芸能人の方のブログを見て、[ホ・オポノポノ]という言葉を聞き、早速半信半疑で本を購入いたしました。

7月に購入して2か月経過くらいですが、不思議なことに幸せのめぐりあわせのような事がおきて、驚いています。
もちろん、これからも続けたいと思っていますが、ホ・オポノポノ2か月の初心者で教えていただきたい事があります。よろしければ、ご教示いただけますと幸いです。


一般的に悪い事や思い出したくない過去等をクリーニングすれば、よろしいんでしょうか。逆に楽しかった事や良い思い出等もクリーニングすべきなんでしょうか。
熟読した感想は、すべてクリーニングすることで、ゼロで無の境地になることが大事と理解しています。
とはいいつつも、「求めよ、さらば与えられん。」
願わなくば、難しい気がしまして。


どうぞ宜しくお願いいたします。

  • [2010/09/09 14:09]
  • URL |
  • インディ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

本、また読み直しています。

ぽにょ先生が、ウニヒピリの本の一部を載せられたので、私もまた本を読みなおしました。読むたびに理解が深まるような気がします。本も数冊は持っていたほうが理解しやすい様な気がします。私は3冊持っています。また買い足すかもしれません。インディーさん。私もちょうど、ホオポノポノを初めて2カ月くらいです。私も生活が以前より、いい感じに整ってきたみたいです。クリーニング、がんばりましょうね!

クリーニング

そうなんです。ひろみさんのおっしゃるように、クリーニングの意味に引っかかっていました。

そうしたら、先日友人にオポノポノの話をしたら、それって「記憶のリセット?」と言われて、ああなるほどと思ってv-219

ひろみさんのおっしゃるように、「浄化」「昇華」も近いかなと思います。でも、今の私には「リセット」が一番ぴったりしています。
記憶は消えませんよね。

予防医学の社会公共化

身体がきついので整骨院に行ってきました。先生の施術と最先端の医療機器のおかげで元気になりました。最初に病院の整形外科でレントゲンを撮っていただいて、異常がなかったので、物理療法を受けることになりました。精神のことばかりに意識を集中するより身体のケアをすることのほうが、より簡単に回復するような気がします。

ちょっとだけ気になること 2

わたしは統合失調症です。日頃、ちょっとだけ気になることがあります。それは、精神科医師に、時々、社会扶助制度やその仕組み、詳細について、疎い方がいらっしゃるということです。自立するにあたって大きな壁です。

ALO~HA~!

ariさん、私は医療関係者ではないので、偉そうなことは言えないのですが・・・。

今までの医療って、病院へ行って診察してもらってお薬もらって・・・というのが基本的パターン脱他とおもいます。

私は、これからの医療って、社会保障・社会福祉、地域交流、介護、食事・栄養管理、運動などいろいろな分野と連携したもっと人間関係を重視したものになるんじゃないかと思っているんです。単に治療だけでなく生活に密着した予防医学の分野がもっと発展していくと考えています。

実際、ぽにょ先生のように精神医療の中にホ・オポノポノを取り入れている方もいらっしゃいます。私がtwitterやブログで知り合った先生方にも新しい医療を目指している方がいます。
この流れはきっと止められないんじゃないかと思っています。
「融合の世界へ」 http://bit.ly/cs5v4l
だから、患者さんの側ももっと勉強しなくてはいけないでしょうし、要望や提案があれば、言ってみてもいいんじゃないかなぁ~なんて、思います。

ありがとう

ひろみさん、賛同してくれてありがとう。しかし、心配な点として、患者は勉強できる状態、状況ではなかったりするのです。このブログ、どのような状態、状況の方々がヒットしているのかわかりませんが、やはり、予防医学の関してはその普及、活動において、地域のより温度差があるので、早期の現状改善が必要な感じがします。

ありがとう 2

日本にいると、予防医学と医療の連携が悪いのを、いつもひしひしと感じます。ちなみに私はバランスセラピーの登録トレーナー(予防医学の分野)ですが、今は医療保険適用ではありません。整骨院にしても様々で、保険負担額も2種類と、大変複雑です。私達は、お金に困っていたりするわけですから、適格なタイミングの適格なアドバイスが必要なわけで、やはり患者が勉強したり、気を使ったりという風ではいけないわけです。本来、医療というものの理想の状況というものを作らなければならないのだと思います。

これもご縁

はじめましての かれん です。
takaさん同様、私としても絶妙なタイミングでこちらのブログとご縁がありました。

写真、とっても綺麗ですね♪

私やっぱり沖縄好きです。ハワイ好きです。
なぜか時々、人から「あなたは南方系のような感じ」 と言われます。
生まれも育ちも海無し県なのですが、、、。

記憶のクリーニングに励みます。

教会の写真、素敵です。
なにやらとても良いイメージトレーニングになりそうです^^

ありがとうございます。 

はじめまして

私はつい一昨日ホ・オポノポノに出会いました。
恋人のお母さんに、魔法つかいになれる本だから読んでみて、と言われて読んだ本がきっかけです。
その本を借りた一昨日は恋人と別れる寸前で、二人の関係がぎくしゃくしていました。しかしその夜に本を読んで、私もクリーニングを始めました。
次の日恋人と会ったのですが、前日の喧嘩が嘘のように仲直りしました。
これもオポノポノのクリーニング効果なんだろうな、と思いました。友達にも知ってほしくて、今日もオポノポノについて語ってしまいました。

  • [2010/09/24 20:54]
  • URL |
  • ハイビスカスの花びら
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/534-03e19548

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。