スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“さいころさん”のご紹介です 

みなさん、こんにちは!

5月の学会記事の続きです。

学会の3日間のなかで、毎日おひとりずつ、
3人の「ホ・オポノポノを愛する精神科医の先生方」にお会いすることが出来た私は、
最終日にC先生にお会いしました。

C先生は「さいころ」と名乗られ、時々ブログにコメントを下さっている方でした。
さいころさんが、ご自身の所属病院や医歴などを含めて丁寧なメールを下さり、

「もし学会に参加するのなら、情報交換しませんか^^?」

と声をかけて頂いたんですね。そこで私は、

「もしかしたら、他にもお会い出来る先生がいたりして・・・」

と思い、お誘いの記事をかきました。
 → 「ヒロシマで、お会いしましょう!」

そのおかげでA先生B先生からご連絡頂けたという経緯があって、
今回の学会での、ある意味キーパーソンでした。

さいころさんは、私よりずっと医歴の長い、大先輩です。
とても背が高い青年のような方で、実年齢よりは10歳くらいお若く見えます。
さいころさんは、トラウマの診療に興味を持っており、
臨床でも治療を行っていらっしゃいます。

私とさいころさんは、5月にお会いしたばかりですが、
これから、東京とそれよりも西側と双方向から、
精神科医療におけるクリーニングを行っていけたらと思っています。

私たちは初対面にも関わらず、不思議とさまざまな話に花が咲きました。
「ホ・オポノポノに出会って、軸が定まった感じがします」と仰っていたのが、とても印象的でした。

私にとって初めての広島は、生命力を感じる素晴らしい街だったわけですが、
  → 「 生命力 」
学会前には、ホ・オポノポノを知った上で広島に足を踏み入れることに、
実は少し不安を感じていました。
そしてさいころさんも、同様の不安と感想をお持ちだったんですよ。
「広島はとても気持ちが良い街ですね」という感覚を共有出来たことが、
何だかとても嬉しかったです。

原爆以降長きにわたり、世界中の多くの人が、
平和への祈りをささげてきた地だからなのでしょうか。。。
祈りの効果というものを、体感できた広島でした。

ではでは、記事でご紹介することを了承して頂いたうえで、
さいころさんの自己紹介です♪


***********************************
 
 ぽにょさんより西の方で精神科医をしているさいころと申します。
 トラウマ関連に関心を持って診療しています。

 精神科医として働き始めて自殺と向き合うようになり、
 人はなぜ自殺してはいけないのかとよく自問するようになりました。
 そうすると、どうしても輪廻転生を受け入れざるをえなくなり、
 スピリチュアルの世界に入ってきました。

 もともと、「地球が生まれた時自分はどこにいたんだろう?」
 と考えるような小学生だったので、素養(?)はあったのかもしれません。

 ホ・オポノポノは数年前から知っていましたがピンと来ず、
 ぽにょさんのブログも約1年前に素通りしています(爆)

 それが、この3月に知人の臨床心理士からの勧めでホ・オポノポノの本を読み始めて
 このブログにもお邪魔するようになり、ホ・オポノポノも少しずつ実践しています。

***********************************


これからもコメント欄で、さいころさんが登場されることもあるかと思います。
みなさん、どうぞ宜しくお願いします。
そしてさいころさん、今後ともどうぞ宜しくお願いします^^


このように、少しずつではありますが私は、
たくさんの同じ志を持つ素晴らしい先生方との出会いが広がっています。

私はこれからまた、色々な取り組みをされている先生方を、
ご了承を得た上でこちらでもご紹介していけたら…なんて思っています☆

私は、このブログでも他の場ででも、
スピリチュアルや代替医療に興味関心をもつ医療従事者が、
互いに切磋琢磨し合い、コミュニケーションや勉強を深める場が作れたら…、
という夢があるんですね。

私ひとりの力や、ブログという形態のものだけでは、
出来ることはまだまだ小さいなあと思います。
小さいけれど確実なことを積み重ねていって、たくさんの人の力が集まれば、
もっと大きなクリーニングに繋がるのではないか、と思うのです。

夢見がちな私にとって、「有言実行」は大きな課題!!
時間をかけてでも、何とか形にしていきたいものです。

みなさんいつも、ありがとうございます。

スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お二人は、

たのもしい存在です。
私も、姉が「統合失調症」を患っています。精神障害を抱える方が犯罪を犯す悲しい出来事も起こります。
一見、社会の「負」と位置付けされている彼ら彼女らを、私は「風の谷のナウシカ」に出てくる「腐海の植物」と重なると感じています。
社会の「均等」「バランス」を保つ「尊い存在」だと思います。
彼ら彼女らを解放するのは、私達の「責任」だと確信しています。
精神医療に新しい風がもたらされる事を、切に願っています。
ぽにょ先生、さいころ先生、応援しています。
アリガトウゴザイマス。
アイシテイマス。

逆紹介⁈

いくらペンネームとはいえ、自分の名前がタイトルに入っていてびっくりしまし
た。びっくりしたついでに、この欄をお借りして私から見たぽにょさんを紹介し
たいと思います(強引)。
今春にこのブログと再会して過去記事から全て読み、自分から学会でお会いできませんかと提案したのですが、実は結構心配でした。というのも、スピリチュアルに興味ある精神科医って、いそうでなかなかいません。いや、いるのかもしれませんが互いになかなか言い出しにくいのです。それなのに、「ホ・オポノポノを愛する精神科医」と公言してブログまで作っているぽにょさん。  記事を読むと、医局とかでも周囲にホ・オポノポノを紹介しまくっている(驚)・・・ 一体どんな方だろうって(笑) 
私自身は、数年前にスピリチュアルから少し離れたきっかけが、よくありがちな「これを知っている私たちは大丈夫」風な雰囲気でしたので、そういう方だったら・・・とかとか。
で、結論ですが、実際に学会でお会いしてお話したぽにょさんは、可愛らしくとても聡明な女医さんでした。ホ・オポノポノだけでなく、精神科医療についても、確かな自分の意見・考えというものを持っていて、きちんと自身の言葉でそれを語ります。医歴はたしかに私のほうが長いのですが、感心しまくりです。
読み返すと、ほめまくりですね(爆) でも、ぽにょさんについて書こうとして自然とこうなったのをつけ加えておきます。念のため。

  • [2010/07/20 17:54]
  • URL |
  • さいころ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

echuさん

はじめまして。
たのもしい存在だなんておそれおおいです。私についてはですがf(^^;)
統合失調症の方が、社会の「均等」を保つ「尊い存在」であるという考え。たしかにそうだとも思うのですが、ホ・オポノポノを知ったうえで考えてみると、「尊い存在」だという思いもそのままクリーニングしたらどうかなって感じました。統合失調症の彼ら(彼女ら)も、私たちと同じように、ただ存在してているわけですから。社会にとってどういう存在かは関係なく。いろんな意味とかを外していってそれこそゼロに近づけたらと思います。
んー、なかなかうまく言葉にできません。言いたいことはもっと違うような気もするんですけど。

  • [2010/07/20 18:32]
  • URL |
  • さいころ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

さいころ先生

ありがとうございます!
「尊い存在」と思った後に、「ホ・オポノポノ」に出会い、久しぶりに目からウロコ!だったんです。。。
全て、クリーニングしまくりたいですね^^)☆ 
実は、娘も難病もちで、この事についても始めて確かな光を見出せました。
私は、求めているものが自分の内にあると思っていたのですが、ただ漠然としていましたので、もやもやしておりました。
ですから、ホ・オポノポノを知った時はホントに何か扉が開いた感じでした、、、☆

さいころさん、echuさん^^

コメントや私の逆紹介(!)などなど、ありがとうございました♪

さいころさんとは、かなり長い時間お互いの事をお話しましたし、
学会後もやりとりをさせて頂いていましたが、
「そう思っていらしたんだ~☆」と、新たな発見でした。

echuさんは、ご家族のご病気から、色々なことを
受け取っていらっしゃるのですね。。。

さいころさんからのメッセージで、クリーニングが深められたご様子、
良かったです☆

ありがとうございます。

先生、はちょっと・・・

echuさん、「先生」って呼ばれるとこそばゆいです。なしにしませんか。
でも、「先生」と呼ばれることで私が感じる抵抗感こそ、クリーニング対象なのかもしれません。ありがとうございます。

ぽにょさん、
自分でも、そう思ってたんだ~☆ です(笑)
文章にしてみて自分の中でも整理されてゆく感じ。気持ちいいです。

  • [2010/07/21 20:42]
  • URL |
  • さいころ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

やっぱりでしたか^^

私的には「先生」とお呼びしたい気持ちでしたが^^ 
それでは「先生」は、なしにします^^)/

クリーニングするって、ホントにシンプルですよね。
娘が病気をもって生まれて来た原因が分かります、、、。説明すると長いのでしないですが^^;
今までは、「カルマ」「因縁」だとかオドロオドロしたモノの様に捕らえていて、新たに「罪悪感」を生みかねなかったですね。
シンプルな中にも奥深さがあり、自分が回りくどく「ホ・オポノポノ」に辿り着いたことを微塵も無駄に思わなかったです。この事がより確信を強いものにしたと思います。
いらないモノは捨て去り、元の自分へと回帰して行きたいです。

アリガトウゴザイマス。
アイシテイマス。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/509-8804570a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。