スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モナによるホ・オポノポノ 

Wikipediaより抜粋:下線および太字は、ぽにょ>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホ・オポノポノは"全責任を負う"ことを原理とする、ハワイに伝わる癒しの方法である。
1980年代にモナ・シメオナ(Morrnah Nalamaku Simeona, 1913年-1992年。
1983年には本願寺ホノルル別院とハワイ州議会によって、
ハワイの「人間州宝」に認定された人物) は、
個人で行うための新しいホ・オポノポノを創始し、これを
セルフ・アイデンティティ・ホ・オポノポノ (Self I-dentity through Ho’oponopono, SITH,
ホ・オポノポノによる自己同一性)と名付けた。
この実践法は、自らが全責任を負う思想に則っており、モナは

"ある人が人生の一切について責任を取るとは、彼が見、聞き、味わい、
 触れるすべてのことの責任を取ることである。そして、
 あらゆる経験は、彼の人生に存在するが故に、その人の責任が伴う"

と教えた。また

"全責任とは、万物が人間の内面からの投影として存在し、
 問題は外部世界の現実にあるのではなく、我々自身と共にあり
 現実を変えるためには、我々はまず自らを変えねばならない"

と説いた。

黄色いハイビスカス
 (オアフ島の道端に咲く、黄色いハイビスカス)

モナによるホ・オポノポノは、14段階のプロセスを踏むことで
精神をカルマの呪縛から解放することを目指す。
なお、このプロセスに特定の言葉を唱えることは含まれていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど!
モナ氏が唱えたホオポノポノには、4つの言葉は入っていなかったのですね。
初めて認識した気がします。
その後、彼女のあとを継承したレン博士がクリーニングすることによって、
新たなインスピレーションがもたらされ、
4つの言葉が出てきたのだと思います。

ひとりでも多くの人がクリーニングに取り組めば、
より多くのインスピレーションが誕生するでしょう。
想像すると、ワクワク楽しみですね^^

クリーニング、クリーニング。

みなさん、心から マハロ~。

(マハロは、ハワイ語の“ありがとう”です♪)

スポンサーサイト

Comments

最初は4つの言葉がなかったんですね。ますます、ホオポノポノがよくわかるようになってきました。責任の意味も調べてみると、奥深いですよね。ますますホオポノポノが習慣になりそうです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/507-0a3d7d15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。