スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由になれる 

このブログで私は機会がある度に、「自由」について考えてきました。
人間が生きる上で、「自由」はとても重要なキーワードだと思います。

 関連記事 → 「自由」で検索したブログ記事

そして私はいつ頃からか、本当のパートナーシップとは、
一緒にいることで 『ひとりでいるより自由になれる関係性』 なんじゃないかと、
考えるようになったんです。
(今日、パートナーシップのカテゴリを作りました。)

リンクにも貼ってある、サイキックヒーラーの原田真裕美さんの本に、
確かそんな内容が書いてあったのと、薄々「そうじゃないかな…」と感じ始めていたのに加え、
「そうあって欲しい!」という、自分の願望もあったように思います。

・原田さんのブログ → 「原田真裕美の魂ブログ」

・原田さん関連の記事 → 使命 ~その1~

そして私は、旦那さんとお付き合いをしているなかで、
まさに 自由になっていく感覚 を体験したんです。
そういう経過もあって、クリーニングも進んだし、
記事がたくさん生まれたのかもしれません。

今までのパートナーシップにおいて私は、
束縛したり、干渉したり、良かれと思ってアドバイスし過ぎたり、
仕事や人間関係に色々言ったり…してきました。

でも私は今回の恋愛においてのみ、ホ・オポノポノの視点で関わっていたので、
相手の問題点(と私が感じること)を「指摘」することはあっても、
非難はしませんでした。
相手をコントロールすることも、しませんでした。
ヤキモチをやくことはありましたが、束縛はしませんでした。

自分(の潜在意識)以外をコントロールすることはできないという大原則を、
ホ・オポノポノを知るにつれて実感していましたし、
あと「疑う」ということもなかったんですね。
なぜなら、そういう思いが湧いてきたら、
「クリーニング」するだけだからです。

これは私にとって、ものすごく大きな変化だったんですね。
そして有難いことに、彼とお付き合いを始めた時(2009年の夏です)、
クリーニングは既に私の日常にすっかり浸透していましたから、
特に苦労なくそうすることができました。

まだ始まったばかりの結婚生活ですが…、
「2人でいることで自由になれる」という私の予想は、
どうやら間違っていなそうです^^

ホ・オポノポノでクリーニングしていけば、恋愛(結婚)と自由は、
ちゃんと共存できそうですよ(今のところ、出来ています)。
ここで大切なことは、尊重と、調和と、思いやりを忘れないことかなと思います。
また、「親しき仲にも礼儀あり」「初心忘るべからず」も、大事だな…と。

パートナーシップや恋愛のことを通して私がお伝えしたいのは、
ホ・オポノポノって素晴らしい」ということなんですね。
私を実際に御存じの方は分かるかもしれませんが、私は器用な人間ではないし、
恋愛上手でもないわけです。
そんな私が結婚に向けてやったことは、「ひたすらクリーニング」。
この事実を、ただ多くの方にお伝えしたいなと思っています^^

さて! 今日、岡田JAPANが凱旋帰国しましたね。
チームワークに優れた、日本人ならではの「調和」を、
チームとして示してくれ、素晴らしい感動とワクワクをプレゼントしてもらいました。
本当にお疲れ様でした、ありがとうございました。

みなさん今日も、ありがとうございます。

スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自由になれる関係か~。
うしさんの記事の衝撃以来久々に来てみたけど、ぽにょさんお幸せそうで良かった~♪

私も幸せになりたいけど、愛することはできても愛されることが出来なくて。傷つくばかりで、今は人が恐くなっちゃったよ。遡れば両親に棄てられた事が原因に当たるかもしれないけど、それ以来友達ができても彼氏ができても、どんなに優しく接してもいつも裏切られてばかりなの。

愛されるってどんな気持ち?どんな感覚?

  • [2010/07/02 10:41]
  • URL |
  • スポロン
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

愛されることは、

愛することがわかればわかるほど深くなります。

愛されるって、

愛がわかるほど温かくなります。

愛されるは心地いい。

愛するは相手を自由にすること。

愛されるを間違えると、相手を束縛してしまう。

でもほんとうは、

愛されるは、自分を自由にすること。

愛するがわかってやっと、

自分を自由にする「愛される」がわかります。

スポロンさん

こんにちは~。


> うしさんの記事の衝撃以来久々に来てみたけど、ぽにょさんお幸せそうで良かった~♪

ありがとうございます!
口蹄疫のクリーニングの時は、結婚式の準備もあって大変でした。


> 私も幸せになりたいけど、愛することはできても愛されることが出来なくて。

いまお返事を書いていて、愛されることは「受け取れること」かもしれないと感じました。
それを支えるのは、私は受け取るに値する人間なんだっていう、
自分自身への祝福かもしれません。
それこそ、自分への「愛しているよ」の気持ちの積み重ね、でしょうか^^


> 傷つくばかりで、今は人が恐くなっちゃったよ。

そうなんですね。
人が怖いけど、人に近付きたい。
その両方の想いで苦しんだ時期、私にもありました。


> 遡れば両親に棄てられた事が原因に当たるかもしれないけど、

そうなんですね。
ウニヒピリが、その時の感情のままに留まっているということが、
あるのかもしれませんね。


> 愛されるってどんな気持ち?どんな感覚?

穏やかで、安心感がありますよ。
でも以前と比べて言えることは、今の私は旦那さんにものすっごく支えられているけれど、
自分自身でも「わたしの平和」を創りだせるようになった、
という変化があります。

私は、コケたり擦りむいたり傷付いたりしながら、
ホ・オポノポノとであって何とか自立した先に、
自立しながら支え合えるパートナーシップが待っていました。

また、記事でも書いていきますね。

愛について

阿空さん

深く温かいメッセージ、ありがとうございます。


> 愛するは相手を自由にすること。
> 愛されるを間違えると、相手を束縛してしまう。
> でもほんとうは、
> 愛されるは、自分を自由にすること。

まさにまさに、その通りです!
ありがとうございます!

ぽにょさん、はじめまして。

パートナーシップを学んでいるところです(結婚はしていません)。
いろんなすれ違いから崩壊寸前(いや、私が崩壊を認めていないだけかも)でジタバタしていたところ、ホオポノポノの存在に遭遇しました。

ぽにょさんはホオポノポノを始めていたので旦那さんと素晴らしい関係を築けていますが、私のように崩壊寸前だとどうしたらよいものかと考えてしまいます。その考えもクリーニングしなさいと言われそうですが。

私は修復したいと思っています。

ALO~HA~!

桜里さん、初めまして。
ぽにょさんがおいそがしそうなので、ちょっと私から。。。

とにかく、本音で話すことが大切だと思います。
嫌な思いをするかもしれませんし、聞きたくない言葉を聞いたり、言いたくないことを言わなければならなくなるかもしれませんが、パートナーとの信頼関係を築き上げていくには、正面から正直に本音でぶつかることが一番良い解決方法だと私は思っています。

どうでもいい人だったら、無視したり別れるという選択をしてしまうでしょうが、大切だからこそ、一緒に歩んでいきたいパートナーだからこそ、話し合ってお互いの考え方をすり合わせていかないといけないのではないでしょうか。

言わなくても解ってくれる、だと憶測とかが入って本当の気持ちからかけ離れてしまうことって、よくあるので、分かりたいからこそ話す、というのが私のモットーです。だからよく議論や喧嘩もしますが、それはベースに絶対に別れないという信頼関係があるからできるんです。(私の勝手な思い込みですけれどね・・・)

私もまだ完全に理解しているわけではないのですが、こうやって、本音で話し合ったり、いやな出来事や記憶をいろいろな角度から見直して自分の中で消化していくことは、クリーニングであり
ホ・オポノポノの一部なのだと考えています。

話し合っている最中も、クリーニングを意識してくださいね。
大丈夫。
あきらめずにまずは本音で話し合ってみてくださいね。

ひろみさん

コメント&お返事ありがとうございます。

よくあるカプルかもしれないけれど、うちはもう彼が無視拒否モードなのです。
「元々正反対の感性を持つ似た物同士」とういうややこしい間柄なので、私の言葉はとんでもない想定外の解釈をされたり、逆ギレされたり、冷静に話が進まないのです。まず彼は人の話を聞くのが大変苦手で。簡潔に話せば伝わらないし、丁寧に述べれば「だから何?」と逆ギレ、最後にはそういうやりとりが面倒だから出てくってところです。彼が売る気満々で話は最初からケンカ越しですよ。まったく。

向かい合った時それはもう気が合うし、阿吽の呼吸で状況が良くなるんですけどね。

そういうことを私は分かっているから、どうしたら伝えられるか、私自身をどう学び変えていけばいいのかと考えるのですが、男性は面倒くさがりなんでしょうか、解決策=離れると思っているようです(彼は別れたいんだと思います)。

いやちょっと待て、ふたりでこれからやらなきゃいけないことあるでしょうがって思うんですが、ポノポノのかたたちに話すと、好きも嫌もあれしたいこれしたいもみんなポノポノしてしまえと、一言で言われるのがなんとも淋しく思ったりします。
ポノポノだけで話し合いはできるのか、修復はできるのか、最初からポノポノをされているかたは良い関係を築けてると思うのですが、途中から慌てて?始めたかたはどうなのでしょうか?

お互い30代後半、もう少し冷静に話し合いしたいです。お互いがもっと良くなるために。

桜里さんへ

こんばんわ。

久しぶりにコメントさせていただきます。
ひろみさんがおっしゃっているように、本音でぶつかり合うって本当に大事な事だと実感しております。

言いたくない事、聞きたくない事、見たくない事実・・・。見ないようにふたをして知らんぷりしてきたことがお互い沢山ありました。
でも、やっぱりそういうことを、ふたをこじ開け、目の前にさらす勇気をやっともてたように思うのです。
これもオポノポノのおかげだと思います。膿んでいる傷口は一度膿みをしっかり出さないと再生していかないんだって感じてます。
 
私もまだまだパートナーシップ勉強中で
状況は足踏み状態・・・?かも知れませんが、こんな状況でもホ・オポノポノを知っていたから自分の心はすごく冷静なんです。

桜里さんは、話し合いを持たなくちゃいけないってちゃんとわかっていらっしゃる。
それだけでも私にしてみればすごいなあ!!って思います。

彼が話し合いに応じないようですが、
それは辛いですよね・・・。
面と向かっていると興奮状態になってしまうのであれば、桜里さんの今の気持ちを整理してお手紙を書いてみるのもいいのではないでしょうか・・・?
私も顔を見ているとなかなか言い出せなかったり、冷静に話せなかったので
手紙やメールに頼りました。

最初の方は私はずっと手書きの手紙でしたが、倍くらいに相手からメールの返事が返ってくるとへこんだり、きついなあ・・・と思う事もありました。
同じ事を書くのでも手書きの方が心がこもると思う。

後半は手書きじゃあ時間がかかりすぎるのでメールに頼りましたけど・・・。


彼も面倒くさいというより、触れられたくない事を見なくてはならない状態が怖いのかも知れませんね。

ぽにょ先生も今のしあわせがあるのは
きっと私や桜里さんのように悩む事がたくさんあって、恨んだり憎んだりたくさん経験して気づいたことがあり、オポノポノにめぐり合い、素敵な旦那さまに出会えたのだと思います。

自分が悩んでいる事、みんなクリーニングすればいいんだよって簡単に言われちゃうと淋しいって・・・確かにそうかも知れないですね。
でも、究極はそういうことなんだと思うんです。
・・・う~んうまく言えないけど、話し合いがしたいとか修復したいとかいう気持ちが執着になってしまうとなかなかうまくいかないのかもしれません。
その執着を手放す・・・ことがゼロになるということなのかな・・・。
・・・難しいです。やっぱり自分のエゴが
入ってしまうから。

パートナーの行動は、相手がそうしているわけではなく、自分に何かを気づかせる為に、ウニヒピリが見せてくれている。

そうか、
桜里さんのこの問題も私のウニヒピリが見せてくれた問題。
一緒にクリーニングさせてください。

ごめんなさい。
ありがとう。
ゆるしてください。
あいしてます。

いろいろ偉そうな事をずらずら書いてしまってごめんなさい。

桜里さんのしあわせをお祈りしてます。



こころv-22

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/491-dcb52193

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。