スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一風変わりなセラピスト 

みなさん、こんにちは。

「ホ・オポノポノを愛する精神科医のブログ」と言いながら、
あまりホ・オポノポノの説明が出来ていないので、
ここで改めて、インターネットで世界中を駆け巡り、
ヒュー・レン博士とホオポノポノを一躍有名にした、
世界一風変わりなセラピスト」を、引用しておきたいと思います。

このお話が、すべての始まりでした。。。


*****************************


世界一風変わりなセラピスト
  by Dr. Joe Vitale   
                

二年前に、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。
その人は触法精神障害者(訳注:刑法罰に問われたものの、
精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと)
の病棟に収容されていた人たち全員を、
誰一人診察することなく癒したそうだ。

その心理学者は患者のカルテを読み、
自分がどのようにして
その人の病気を創りだしたのかを理解するために、
自分の内側を見たのだそうだ。
彼が自分自身を改善するにつれて、患者も改善したという。

一年後に同じ話をまた聞くことになった。
セラピストはホ・オポノポノという
ハワイの癒しのプロセスを使ったのだという。
初めて聞くものだったが、忘れることができなかった。

私は「完全な責任」とは、
私の言動に対する責任は私にあるという意味だと
前々から理解していた。

その向こうのことは、自分の管理を離れていると。
ほとんどの人たちは完全な責任というものを
そのように考えているのではないかと思う。

私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、
他の人の行いに対してではない。

精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、
私に完全な責任についての
進化した新しい観点を教えてくれることになった。

彼の名は イハレアカラ ヒュー・レン博士。
彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。
触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、
心理学者は月単位でやめていき、
職員はやめていく人もいたそうだ。
人々がその病棟内を歩くときには、
患者に攻撃されないように壁に背中をくっつけて通ったらしい。
それは生活するにも働くにも訪ねるにも
心地よい場所ではなかった。

レン博士は一度も患者を診なかったのだそうだ。
患者らのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。
彼が自分自身に働きかけるにつれて、
患者に癒しが起きはじめた。

「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、
自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。
「多量の投薬が必要だった人たちは、
投薬をやめつつありました。
そして退院の見込みのなかった人たちが
退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。

「それだけではありません」彼は続けた。
「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。
常習的欠勤や退職は消え去りました。
患者は退院していくし、
職員全員が仕事に来るようになったので、
最後には必要以上の人数の職員が残りました。
現在、その病棟は閉鎖されています。」

私は聞いた
「それらの人々に変化をもたらすような何を、
あなたは自分自身の中で行っていたのですか?」

「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を
癒していただけです」と彼は言いました。

レン博士は説明した。
あなたの人生への完全な責任とは、
あなたの人生の中の全てが――
単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由で―
―あなたの責任なのだと。
文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。

これはなかなか納得できるものではない。
自分の言動が自分の責任だということと、
私の人生におけるあらゆる人の言動の責任が
私にあるというのは全く別の話ではないか。

実際のところは、
もしあなたが自分の人生の全責任を負うならば、
あなたが見たり、聞いたり、触れたり、
その他どんな方法であれ、
あなたが経験する全てがあなたの責任なのだ。
それはあなたの人生の中にあるのだから。

これはつまり、テロリストの活動、大統領、経済―
―あなたが経験していて好きではないこと―
―を癒すのは、あなた次第だということである。

問題は彼らに関するものではなく、
あなたに関するものであり、
それを変えるには、
あなたはあなたを変えなくてはいけないのだ。

このことは把握するのも難しく、
ましてやそれを受け入れて実際に生きることは
もっと難しいとわかっている。

非難のほうが、完全な責任よりもはるかに簡単である。
しかし、レン博士と話すにつれて私は気づき始めた。
彼にとっての癒し、
そしてホオポノポノにおける癒しとは、
あなた自身を愛することなのだと。

あなたが自分の人生を改善したければ、
あなたは自分の人生を癒さなければならない。

もしあなたが誰かを癒したければ
―たとえそれが精神障害を持った犯罪者であっても―
あなたはそれを、自分自身を癒すことによって行うのだ。

どのようにして自分自身を癒すことに取り組んでいたのかと
私はレン博士にたずねた。
患者のカルテを見ていたときに、
彼は具体的には何をしていたのだろう?

「私はただ『ごめんなさい(I'm sorry)』と
『愛しています(I love you)』を
何度も何度も言い続けていただけです」と彼は話した。

それだけ?

それだけ。

あなた自身を愛することが、
あなた自身を好転させる最も素晴らしい方法であり、
あなた自身を好転させるにつれて、
あなたはあなたの世界を好転させるということが判明した。

これがどのように機能するかの例
誰かが私を不愉快にさせるメールを送ってきた。

今回私はレン博士のメソッドを試し
私は「ごめんなさい」と「愛しています」を
声に出さずに言い続けた。
特定の誰かに向かって言ったわけではなかった。

私はただ愛の精神を呼び起こし、
この外側の状況を創り出した
自分の中を癒そうとしただけだった。

一時間もしないうちに
彼はさっきのメッセージについて謝罪していた。

私は謝ってもらうために
外側に何も働きかけをしていない
私は返事すら書いていなかったのだ。
にもかかわらず、
「愛しています」と言うことで、
私はどういうわけか彼を創り出していた
自分の内側を癒すことができた。

その後、私はレン博士の
ホ・オポノポノのワークショップに参加した。
彼は今では70歳で、
優しい祖父のようなシャーマンと見なされていて、
少々引きこもりがちである。

彼は私の著書『The Attractor Factor』をほめてくれた。
私が自分を向上させるにつれて、
私の本の波動が上がり、
人々が本を読むときに皆それを感じるだろうと彼は語った。
要するに、私が向上すると、私の読者も向上するということだ。

すでに売られて外に出ている本については
どうなんですか?と私はたずねた。

「それらの本は外にあるのではないよ。」
彼が持つ神秘の知恵に私はとても驚いた。
「未だにあなたの中にあるんだ」

つまり、外なんてないということだ。

あなたがあなたの人生の中の
どんなものでも改善したいのなら、
見るべき場所はただひとつ、
あなたの中である、ということだ。

"When you look, do it with love."

「あなたが見る時は、愛をもって見るように」


*****************************


今日もありがとうございます^^
読んで頂けて、あなたにお会い出来て、嬉しいです。

  Peace Of I ぽにょ

スポンサーサイト

Comments

ceeport

ぽにょ先生 こんばんは!
お久しぶりです♪

ムーブメント!?
私も発見しました。

今朝、地下鉄の中で、
携帯電話に「Ceeport」と
書いた付箋みたいものを
つけている女性を発見!
手書きっぽかったですけど。

おお!
ポノポノ実践中ですね!?
と心の中で叫んでしまいました。
^^v

あいしています

勘違いしてました・・・

先日、3つの大切なことに、コメントしましたが、この記事を読んで、私は、ホ・オポノポノを勘違いしていることに気づきました。

というか、早とちりです。

ヒュー・レン医師が、カルテと向き合うことで癒した、ということは知っていましたが、「患者を診察することなく」の部分が抜けていました。。。

ここが一番大切なポイントなのに・・・。

ってことは、私が書いた記事は少し的外れですから、訂正の新しい記事を書かなくては・・・と思っています。

最近私の中でブームなのが、時空を超越して、今の現象を見ることなんです。
先日鳩山さんが首相を辞任され、小沢さんが幹事長を辞任され、菅さんが新首相となられました。
この3方、そしてその周囲の方々をとりあえず、wikiで調べて目を通しています。家系的にまつわる歴史や縁のある土地、人物などを辿るのですが、それが、もしかしたら、ある意味、ホ・オポノポノのクリーニングとつながっているかもしれない・・・と昨日ふと思ったんです。

単なる憶測と妄想なのですが、日本の起源や世界の起源、人間の起源にも関る、重大なことにもつながっているのではないかと・・・。

こうやっていると、目の前の現象が、急に生き生きと色づいて見えてきて、今回の菅新首相誕生も、なるべくしてなった・・・とも考えられます。

この件については、またもう少し考えをまとめてからお知らせします。

一応リンクです。

時空を越えて・・・http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/356a869d3bc927852b1b0f9bf5bae005
(超個人的な内容ですが・・・)

Ho´oponopono
http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/2bca2e630678a511e77ea1bd75e7dedd
(コメントにも書きましたように、早とちり記事ですが・・・)

アメーバと私達
http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/c55b13e6079f83c1d04676985acaa50d
(この記事は、私にとってかなり重要な内容です。世界を良くするために・・・。)

かなりランダムで取り留めないテーマなのですが、私的には全部つながっていて、どうしても皆に伝えたい、と思って書いていることばかりなんです。。。

私たちは一つ

預言者ムハンマドは、
部族間の血で血を争う闘いが絶えなかったアラブの地で
戦争を終結させアラブ民族の統一を果たした後、
「さあ、これから大いなる聖戦を始めよう」と言って
信徒たちに、自分の心の中の貪りや怒りを一掃するための
瞑想法を授けたと言われています。
その後、預言者ムハンマドが生きている間は
アラビア半島に大きな戦は起きませんでした。

預言者ムハンマドが亡くなった後、
人々がまた戦争を始め
アラビア半島の平和は破られてしまいました。

私も、自分自身の心を変えることで
外の世界が変化するという
不思議な(当たり前の)体験を
いくつもしています。

私たちはみな、
一つなのでしょうね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/482-33847036

ホ・オポノポノのこと

以前、ホ・オポノポノのことは、記事にしました。 あの時は、ホ・オポノポノのことをきちんと知る前に、 早とちりで記事を書いてしまったようです。(反省・・・) あっ、でも先の記事は訂正せずに、もう一度新しく書くことにします。 今朝、最近遊びに行く、精神科医の...

  • [2010/06/11 19:55]
  • URL |
  • 3匹の子豚との日々 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。