スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果を手放す 

私が臨床現場でやっていること、出来ることは、
今の自分がやれるだけのことを、毎瞬毎瞬心をこめて、
ハートを開いてクリーニングを行うことに尽きます。

そして、結果は手放す。

結果はDIVINEにお任せする。


光に託す。


私があーだこーだ思うよりもよっぽど、適切な事がなされるので、
色々とエネルギーをこねくり回すのではなくて、
お任せしてしまおう。という信頼感です。

たとえば、患者さんが具合良くなれば良いなあと、
普段の診療では思ってしまうけれど、
その期待にすら執着しないでいられたら、と思います。
それとは別に、実際に回復していく姿を見るのはこの上ない喜びです。

期待を手放せれば、「がっかり」とか「うんざり」とか
「悲しい」とか「ざんねん」などの、ネガティブな感情も生まれないと思います。
そして何より、「わたし自身」が、楽になります。

治療者が過度に期待すると、患者さんにとっても、
プレッシャーになったり、治療者の「治してあげている」という傲慢が、
生まれてしまうこともあるかもしれません。
良かれと思って始めたことが徐々に、
患者さんの自由を奪うことになるかもしれないと思います。

ハートは全開だけれど、期待は手放す。

私は日々このことに、チャレンジしています。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/446-dd90e6a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。