スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

智慧で作られた日本食は心癒される 

ほぼ、原文のまま引用。
カッコ内の青字は、私が付け加えました。

*************************************

第1回対談 『あらゆる問題は、「100%自分の責任」であることに気づくこと』
 http://joy-healing.jp/readings/special/01.html

*************************************

智慧で作られた日本食は心癒される

中西氏
ゼロの状態でいるということが非常に重要なのですね。
常に今がスタートなのですね。


ヒューレン博士
常にクリーニングして、いつもゼロの状態にしているので私には何もありません。
過去も未来も、良いも悪いも何もありません。
「ホ・オポノポノ」では太古の昔にさかのぼってクリーニングしています。
瞬間瞬間ずっと止まることなくクリーニングしています。

(善悪も判断もない。執着もトラウマもない。
この状況こそ、究極の自由かもしれません。)



中西氏
ヒューレン博士はしおりとかカードを使ってもクリーニングされていると聞きましたが、
他に何かゼロに戻すことのできるものがありますか。


ヒューレン博士
日本にきて昨夜食事をしていましたら料理にイチョウの葉が飾ってありましたが、
イチョウの葉には苦悩の記憶を0(ゼロ)に戻す働きがあるんですよ。

(神宮外苑のイチョウ並木は素晴らしいですよね。
空気も清々しくて、散歩している人々は、それだけでクリーニングされているのかも。)

 イチョウ関連記事 → http://spirit102.blog22.fc2.com/?q=%A5%A4%A5%C1%A5%E7%A5%A6

また私たちが頂いた食事には、作った人の心がこもっていましたのでとても感動しました。
アメリカのように何を何カップなどと、知識だけで作る食事は体に良くないのです。
日本の食事は智慧で作られていますね。ですから日本では魂が癒されます。

(食生活の欧米化に伴い、臨床現場でも生活習慣病や癌など、
さまざまな問題があります。そしていま見直される、日本の「食」。
ホ・オポノポノでは繰り返し、「日本人は世界を平和にする食べ物を作る才能がある」
と言っています。そして、今広がりつつあるローフード。
ここにも、深いつながりを感じずにいられません。)


ところで、日本人はチョコレートが好きですか?
チョコレートはお金の問題を消してくれるのです。
お金儲けのために物を作りだす、そういうエネルギーをチョコレートは消してくれるのです。

ただ注意しなければいけないのは、どんな食物もお金儲けのために作られたものですから
そのままでは浄化されません。
そこで食物に対して「アイスブルー」と言えば浄化力を持つので
苦悩の記憶を消去することができ、
ディヴァインとつながることができます。

食物だけでなく、植物にも「アイスブルー」は効果的です。
私の住んでいるところにはたくさんの木がありますから
いつも散歩しながら「アイスブルー」と唱えて触っています。

(アイスブルーとは、氷河の色です。深く透き通った蒼。)


中西氏
実は、私は今日ヒューレン博士にお会いする前にインドに行ってきました。
そこで潜在意識から浄化させられました。そしたら内側から感謝が溢れてきました。
歩いている道にも感謝、石にも道ばたの草花にも感謝していましたら、
そのうち草花からも鳥からも道ばたの老木からも
ありとあらゆるものから声をかけられメッセージをもらったのです。

部屋に戻ったら部屋が「ソアラ」と名乗るのです。
ものすごいハッピーな体験をしました。
そしてこの体験が今ヒューレン博士のお話とシンクロしていてとても嬉しくなりました。

(植物や動物の気持ちがわかる人って、いますよね。
そして共通しているのは、それらをこよなく愛する人々であること。
ですから、日本に古来から伝わる万物に神は宿るという通り、
物にもすべて魂があるので、大切に扱うことで、何を欲しているか、
どうしてあげるのが良いかなど、分かってくるのかもしれませんね。)


ヒューレン博士
中西さんはそのような体験をするように生まれてきたのです。素晴らしいことです。
そしてユーモアのセンスがありますから、それがこの仕事をされる助けになります。
インドの道に咲いていた花は何て言っていましたか。


中西氏
「見て!きれい?」って言ってました。
「とてもきれいだよ」と答えたら喜んでいました(笑)。

   植物
  (葉っぱの表面のブツブツ模様が綺麗です。マウイ島にて。)

ヒューレン博士
中西さんもおっしゃったように、部屋にも意識がありますね。
私が今回滞在中のホテルの部屋にはいったときに、
部屋がすすり泣いているのが分かったのです。
ホテルなどはいろいろな人が部屋に泊まりますから、
怒った人が泊まると部屋も悲しいのでしょうね。

(ホテルや病院など、場所にも記憶が残りますよね。幽霊話なんかも良くありますし。
辛い体験をした場所にはしばらく行きたくないなんてこと、
良くあるのではないでしょうか。
たとえば、別れてしまった恋人との思い出の場所、とか。。。
それこそが、記憶に縛られている状態、なんですね。
こうやって私たちは日々、記憶を作り、それを再生されている世界に生きています。
だから、失恋から立ち直り、そこから学んで次のステップを踏み出せれば、
同じ場所に行っても辛くないはずです。それが、クリーニングです。
そのためには、相手との中に起こった出来事に対して、100%の責任をとり、
クリーニングをすることが必要なのですね。)


それでどうすればよいのかをディヴァインにたずねたら、
飴を欲しがっているといいました。
飴が部屋に届いた瞬間、ぱっと輝いたのです。
そしてゼロになりました。とても簡単です(笑)。

*************************************

 第1回目対談に関しては、次で終了します♪

スポンサーサイト

Comments

>とても簡単です(笑)。

この言葉になんだかホッとしました。(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんとですね

Kalaさん

「とても簡単です。笑」

いいですよね。

ホ・オポノポノや、ヒュー・レン博士は、
ほっとして、安心します。

そこが私も大好きです♪

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/438-9ab201f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。