スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとうの私 

みなさん、こんばんは。

私はブログを書く時に、ある一定の「モード」に入ります。
まるで車がギアチェンジするかのように。
感じて下さる方もいるかもしれませんが、
おどけた子供のような時もあれば、世界平和を祈る修道女のような時もあり、
社会の公正を叫ぶ、政治家のようなモードにも入ります。

一方、診療している時は、結構冷静で何が起きても不動であるように意識し、
「どっしり」したイメージを自分に持つようにしています。
あと診療の際には、普段ではあまり感じない、
自分のなかの「母性」を感じることもあります。
患者さんたちが記憶から学び、成長し、回復していくのを見ていると、
我が子(はいませんが)の成長のように、嬉しくなってしまうのです。

でも、プライベートで自分が苦手なことに取り組むような時は、
とても弱々しくなります。
オドオド、ビクビクして内気な貝のように閉じてしまうことも。。。

このように、人間というのは非常に複雑で、
ある意味「バラバラ」な生き物です。
そして常にモード切り替えをして生きていることが殆どです。
しかし、このモード切り替え、実はちょっと疲れるんですよね。
最近私は改めて、そのことに気がつきました。

ですから、いつもある程度一定でいれたら、
とても安定するし楽だなぁと思います。
ホ・オポノポノでメモリーが減ってくれば、安定感が出てきます。
人間は感情的であって良いし、喜怒哀楽をめいっぱい表現して
十分に人間らしさを味わうために生きています。
なおかつ「軸となるわたし」、つまり「ほんとうの私」を
意識し育てていくことは、クリーニングのなかに含まれているのですが、
生きる目的のひとつでもあります。

「ほんとうの私を生きる」とは、記憶に引っ張られる過ぎることなく、
高次なる自己意識と一体化していくということです。
モードに持って行かれすぎると、
コントロールを失ってしまうことがあります。
ですから常に、記憶や感情に振り回されるのではなく、
しっかり自分を俯瞰していることが大切なのです。

スキーマ療法は、認知行動療法の中に含まれますが
このような「モード」を統合させていく、

とてもスピリチュアルなセラピーではないか

と期待しているので、私はわくわくしているんですよ。

「モード」はつまり、ウニヒピリのことだと思います。

…と前から言いつつも、なかなか内容をご紹介出来なくてごめんなさい。
気になる方は、ぜひ読んでみて下さいね。
  

スキーマ療法―パーソナリティの問題に対する統合的認知行動療法アプローチスキーマ療法―パーソナリティの問題に対する統合的認知行動療法アプローチ
(2008/09/27)
ジェフリー・E. ヤングマジョリエ・E. ウェイシャー

商品詳細を見る
 
今日もいちにちお疲れさまでした。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comments

初めまして

初めまして。なりと申します。
私は、経営について学んでいる際に、ホ・オポノポノに出会いました。
そして、精神病棟について知りたくなりました。
今、就職活動をしておりますが、看護師として精神病棟で働きたいという思いもあります。

現場で働いている方の意見をお聞かせ願います。

はじめまして。友人からの情報で訪れて2回目です。
素敵なメッツセージをありがとうございます。
本当におっしゃる通り、人は同じ人とは思えないほどに色んな風になります。人はいろんな感情を味わうためにあると思います、そう客観的に自分を見れるようになると、楽になりますよね。私も仏様のようなときもあれば、すごくおこってしまうときもあり、若いときにはそういう自分をもてあまして、落ち込んだときもありましたが、今は両方自分と思えるようになったら楽になりました。その感じることをそのまま受け入れてあげればいいのんだと。自分を攻めなくてもいいだと。
「ただ受け止めて、認識してあげる。」ジャッジしなくて・・
今は至らなくても、十分でなくても、そのままの自分でしかないのですから。そう思えるようになったら、とても楽に生きれるようになりました。
ホ・オポノポノ私も時々活用させていただいています。言霊の威力に驚いています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/418-441027e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。