スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業医活動による社会への働きかけ 

みなさん、こんばんは

昨年の9月より私は、ある企業でうつ病に関する勉強会をさせて頂いていました。
これも、ホ・オポノポノから紡がれたご縁でした。

   関連記事 『産業医活動を始めました』

私は、ホ・オポノポノのエッセンスを取り入れながら、
3回にわたっての産業メンタルヘルスの講義をさせてもらったんです。

1回目は、やや緊張した空気のなか…
2回目からは、総務の方のご好意もあり、軽食をとりながらの、
ディスカッションしやすい雰囲気となりました。
私も、パワーポイントを明るい色で作ったり、
具体的な症例を提示しながら会場の意見を聞いたりと、出来るだけ工夫しました。

そして先日、和やかな雰囲気で、
第3回目の最終回を迎えることが出来たのです
最後には、ちょっとした私からのサプライズも。
このような機会を頂けたことに、
心より感謝します。

内容は毎回、1次予防、2次予防、3次予防とテーマを決め、
それぞれに掘り下げていきました。
この3回シリーズにするというのも、先方からのご提案だったんですが、
改めて産業メンタルヘルスの概説を見た時に、
3回シリーズにして考えていくと、非常にまとまりが良かったのです。
神の采配でしょうか…

この勉強会を通して、自分なりに半年かけて、
産業メンタルヘルスの勉強をしました。
そして、オリジナリティを取り入れての講義を何とか創りあげていった結果、
とても有意義な時間を過ごすことができました。

実際に、現場で苦労している方々からの声は、やはり違います。
私が話している間も、具体的に誰かの顔を思い浮かべながら、
頷いたり、空を見上げたり、ご自分のことを振り返ったりされているのか、
熱心に聞いて頂いているのがとても良く分かりました。
ディスカッションも、とても活発でしたよ!

本当に本当に、ありがとうございました。
そしてこれからも、どうぞ宜しくお願い致します

私は、以前の記事でもお伝えしましたが、産業メンタルヘルスの場面で
ホ・オポノポノは、非常に有効だと思うんですね。

うつ病による休職、それに伴う経済問題や自殺問題は、
精神科医療の範疇を超えた、大きな社会問題です。

今年は生憎の天候でしたが、東京マラソンの参加者は3万人。
日本での年間の自殺者も、3万人です。
どう思われますか?
あの、雪崩のように過ぎゆく人々と同じだけの私たち日本人の命が、
毎年失われてゆくのです。
この問題は、あなたにとって人ごとでしょうか?

これらの問題を、ホ・オポノポノによってクリーニング出来る可能性があると、
明るい光を感じたのです
本当ですよ。
それが可能となったら、本当に素晴らしいと思いませんか。

私はこれからも、産業医活動を通しての社会への働きかけを、
自分のペースで続けていきたいと思っています。
この活動に取り組むということは、社会に対してのクリーニングになるかも
しれません。

私がお伝えしたい内容は、いままでの産業メンタルヘルスの考え方に、
ホ・オポノポノ的な視点からの「提案」をする、といった感じです。
また、そのポイントも、こちらでお伝えしていきますね

では、今日はこのへんで・・・。
おやすみなさい。

スポンサーサイト

Comments

産業医活動の補完として、またカウンセラーとして

ぽにょ先生。バランスセラピーの認定および登録トレーナーの先生で、まだ少数ですが、企業内のカウンセラー、ホメオストレッチを実践していらっしゃる方々がいます。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/393-b6c03bd1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。