スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーニングと闇 

みなさん、こんにちは。
すっかり春で、うららかなひざしですね。
東京では今日、桜の開花宣言が出ました
今年の桜…楽しみです♪

さくら

さて、今日の話題は、春の麗らかさとはちょっとイメージが離れますが、
「自分の闇を愛することと、クリーニングについて」を、考えてみますね。

私は基本的に、ポジティブシンカーです。
ただ長い事、「ポジティブシンカー過ぎた」んです。
物事の良い方ばかりを見る癖がついていて、バランスを崩したのです。
(この時期のことは、時が来たら詳しくお伝えするつもりです)
それはまるで、メモリーの負債を負ったという感じでした。

物事の判断をせず、ありのままを受け入れることって、
とても大切ですよね。
なのになぜ、ぽにょは敢えて「闇」というネガティブな表現をするのか?と、
疑問に思う方もいるかもしれません。

「引き寄せの法則」でいえば、意識を向ける方向にエネルギーは集束するので、
出来るだけ、「良い事」を考えて、「良いイメージ」を持って、
「良い気分」でいましょうと、言います。
それには、まったく賛成なのです。

私が伝えたいなあと思うのは、物事に判断は必要ないけれど、
私たちが自分のなかで「闇」と感知している部分に関しての
問題提起なんですね。
誰にでも、闇と判断を下すことによって、あなたの人生から締め出していることが、
少なからずあるはずです。
もちろん、私にもありました

そして私は、長い事その闇を見ないようにしてきたんですね。
ようするに、「無視」と「無関心」と「なかったこと」を貫いてきた。
でもそれは「愛」とは真逆の行為でした。

そしてある時に、その「闇」に足をすくわれてしまったんです。
そして、奈落の底に落ちるような体験をしました。
ポジティブシンキングすることによって、見ないようにしてきたものからの、
反逆を受けたわけです。
私に起きたこと それは、『内部崩壊』でした。

内部崩壊

そんななかで私はホ・オポノポノに出会ったのです。
そしてクリーニングを続けていたら、
徐々にニュートラルになることが出来ました。
そして、ゼロへと辿りついた。
ニュートラルな視点から世界を見た時に、初めて知ったのです。

 「闇を愛することで、至高の愛に触れることが出来る」
 「闇になかにこそ、宇宙があった」

と、いうことを

闇についての考察は、さらに深いところへ・・・

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/377-10a0a70f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。