スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓 オノ・ヨーコさま 

ふと立ち寄った本屋で、衝動買い。
とっても素敵な本でした。

今あなたに知ってもらいたいこと今あなたに知ってもらいたいこと
(2009/12)
オノ ヨーコ

商品詳細を見る
オノ・ヨーコさん。
彼女について私が、何か多くを語れるというわけでは全然ないけれど、
彼女の生き方とメッセージから、多くを感じ取ることが出来ました。

とても読みやすい言葉なのに、力強いメッセージ。
ちゃんと心の奥まで届くのに、痛くありません。

彼女は、最愛の夫 ジョン・レノンを目の前で射殺されました。
その直後に、彼女の方へ向かってくる銃弾を、
はっきりと見たそうです。
犯人は、ジョンの次にヨーコさんを狙っていた。
ものすごい、恐怖体験だったでしょう。

ジョンが亡くなった後、彼女はさまざまなバッシングにあったそうです。
ただでさえ、心底愛する夫を突然失ったのです。
普通の感覚だったら精神を病むかもしれないという極限の状態といえるでしょう。

そんななか、彼女は、彼女を苦しめる人たちに対して、
毎晩ベッドの中で祝福を送ったというエピソードがありました。
ひとりひとりに、「Bless you ○○,Bless you ××…」と言い続けた、と。

こうやって、自分にとっての敵ともいえる人々への祝福を送り続けていたら、
彼女のなかで、恐れが徐々に消えていったそうです。
・・・そして。
不思議なことに、彼女を攻撃していた人たちが仲間割れをしたり、
別の問題が起きてそれどころではなくなったりと、
状況が勝手に好転して流れ出したというのです。
これってまさに、ホ・オポノポノではないでしょうか。

しかも、本題とはずれますが、見て下さい彼女のお写真!
豊かなバストが強調されていて、セクシーすぎる!
76歳だそうです。

変化をおそれず、夫なきあとも、ジョンとの愛を貫き、
メッセージを世界に発信し続けている、稀有な才能の持ち主…。
日本が世界に誇れる女性だと、私は思います。

次は、彼女の代表作↓を読んでみたいと思いました。

グレープフルーツ・ジュース (講談社文庫)グレープフルーツ・ジュース (講談社文庫)
(1998/04)
オノ ヨーコ

商品詳細を見る

この小説を読んで、ジョン・レノンは「イマジン」を創ったんですって。

 
想像することから、平和が始まるんですね
スポンサーサイト

Comments

はじめまして 

大好きなブログからの繋がりでここへ
導かれました。

ジョンレノンのイマジンは有名なので
よく聞いていましたが意味については
全く知りませんでした。
イメージすることの大切さ、愛と平和
心の底からお互いに愛し愛されている
お二人を見ていると自然に涙があふれてきました。とっても素敵ですね。

こんな素敵な恋をしてみたいです!
そして、愛と平和、感謝の気持ちの
大切さを伝えられるような女性に
なりたいと思います。
素敵なブログに出逢えて幸せです。
ありがとうございます。

  • [2010/02/20 22:01]
  • URL |
  • すいれん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/357-235e6780

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。