スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の支援とは 

前の記事に引き続き…。

寄付って今の日本でなら、誰でも出来ますよね。
コンビニのレジでちゃらんって小銭を入れて、
「あぁ良いことしたなあ~」って気持ちに、なるかもしれません。

お金は実際に、物が不足している現地でたくさんの方の力になるでしょうし、
先日の自然災害のような場面でも、お金は大きな力になります。

でも私は、それがいつでも万能ではないのかもしれない…と、考えました。
お金や物品の寄付だけでは、問題の、根本的な
クリーニングにはなり得ないのかもしれない、と。

さらにもしかしたら、「また日本から物をもらえばよい」などと、
その国の方々が依存的になったり、退行して働く気力が失せたりと、
自立心を奪ってしまう可能性がそこに生まれないとも限りません。
…支援とは、本当に難しいなあと思います

私は、貧困に苦しむ地球上の仲間たちに出来る最大のことは、
教育の機会」だと思うのです。
日本では、多くの場合、教育の機会に恵まれています。

その機会がないのは、経済的に余裕のない国。
貧困を抱える国です。
その中でもより機会が少ないのは、男性よりも、
女性でしょう。
それは、労働力の面からかもしれない。
それは、いずれ嫁ぐからという、理由からかもしれない。

与えられるべきは、「機会」だと思います。
そこでやるかやらないかは、それぞれの自由意思による選択だし、
自己責任の領域です。
機会をどう活かせるかということは、生きていくなかで
とても重要なことです。

教育とは、その後の人生の自由度を左右するものです。
そして、何十年もの長きに渡り、人間に作用し続けることが出来ます。
目には見えませんし、いくら大金があっても、
そうでない人を、お金で教育を受けたことにすることには、出来ません。

本当の支援を考えた時に、その人自身の力を高めるような働きかけ、
つまり教育をしていくことが、
とても大切ではないかなあと思ったのです。

今日も、ありがとうございます

スポンサーサイト

Comments

教育

ぽにょ先生、こんにちは!
教育の機会を与えると言うのは私も非常に重要だと思います。特に発展途上国の女性の立場は低いですもの、男女平等の教育の機会が与えられればもっともっと成長するのではないかと思います。
ぽにょ先生の記事を読んで、自分が望んだ教育を受けることができたことに改めて感謝することが出来ました。ありがとうございます。

私のブログにぽにょ先生のブログをリンクさせて頂いてましたが、サイトを移行しましたのでURLに入れておきました。お時間のある時にご確認下さいね☆

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/356-f7c3b113

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。