スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

That's not my job! 

ホ・オポノポノアジアのHPから抜粋させて頂いた、
ホ・オポノポノを理解するための、とても良いお話を御紹介しますね


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


 「That's not my job! 」

この物語には、「みんな」「誰か」「誰でも」そして「誰も」の4人が登場します。

必ずやらなくてはならない、ある大切な仕事がありました。
「みんな」は「誰か」がその仕事をやるに違いないと思っていました。
その仕事は「誰でも」出来るものでしたから。
ところが「誰も」しませんでした。
「誰か」はこの事態に腹をたてました。
なぜなら、これは「みんな」の仕事だったからです。
「みんな」は「誰でも」出来ることだとは思っていましたが、
「みんな」やろうとしないとは「誰も」考えなかったのです。
「誰でも」出来る仕事を「誰も」やらなかった結果、
「みんな」が「誰か」を責めるだけで終わってしまいました。

  おしまい ∞
                             

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


いかがでしょうか
「責任」について、とっても分かりやすく説明してある物語ですよね。
私はこれを初めて読んだ時、「どっきり」しました。
事なかれ主義だったり、保身だったりで、
時に見て見ぬふりをしてしまう自分自身に、気が付いたからです。
痛いところを突かれたな~と感じました。
そして、ホオポノポノの100%の責任を一人でも多くの人が取り入れていったら、
世界はあっという間に変化していくのではないか、という
希望も感じました。


今回改めてこの物語を読んで、実際に行動することの大切さについて、
みなさんに伝えたいなと思いました。

私は、クリーニングとは、4つの言葉を言うだけでなく、

 ありがとう
 ごめんなさい
 ゆるしてください
 愛しています

という想いに立って行動することも、とても大切だと思います。
自分に「ありがとう」、「愛しているよ」と伝えるためには、
どうしてあげることが愛なんだろう
どうすることが、自分にとっての喜びなんだろう?
と、常に常に、自分の中の内なる声に耳をすませることが必要になってきます。

それはもしかしたら、周囲からは賛同を得られないことかもしれない。
批判されるかもしれない。
世の中からバカにされるかもしれない。
しかし、そうすることであなたが心底喜びを感じるのなら、
それこそが、愛なのかもしれません

そういう意味では、私がこうしてブログを書き続けているのも、
自分を愛する手段のひとつなんだと思います。
私は、表現すること、伝えることに、大きな喜びを感じるからです。
誰かを喜ばせたいし、勇気付けたいのです。
綺麗ごとのように聞こえますが、これは私にとっての真実。
ですから、余裕のない時にはブログを書くことが出来ませんが、
余裕があればたくさん書きたいと思っています

自分を愛すること」は、生きる目的そのもの。
みなさんも、ご自分を愛してくださいね!

今日も、ありがとうございます

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/350-f566c09e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。