スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを書くときの心境 

みなさん、こんにちは
立春を迎え、暦上は春だけれど、寒い日が続きますね~。
この一週間は、先週の結婚式の余韻にひたりつつ、バタバタと忙しかったです。

さて今日は、私がブログを書くときの心境について、お話しますね。

ひとことで言うと、「ゼロにある時」です。
クリーニングを日々している中で、精神医療の中にいる自分自身の
至らなさとか、不出来とか、傲慢さとかも感じながら過ごしています。
ブログには書いていませんが、プライベートでも色々なことが起こります。

だから、メモリーまみれになって悲鳴を上げたりも、結構しているわけです。
そんな状態の時、「ホ・オポノポノを愛する精神科医のブログ」という
題名をつけている以上、記事を書きません。
ぜんぜん、ゼロじゃないですから…
愚痴や弱音や怒りを感じる時に、ちゃんと自己責任としてクリーニングしますが、
それでも追い付かない時があって、そんな時は発散もしますが、
ブログ上ではそれはやりません。

私がブログを書いているのは大体、以下のような時です。

自分が「ゼロ」だと感じるときの記録(日記がわり)

中学頃から日記をかいています。
(これを話すと結構多くの方から「死んだときどうするの?!」と聞かれます。笑)
ホ・オポノポノと出会う直前までは、ノートやPCで書いていたのですが、
クリーニングをはじめてからは、自分の体験が他の人にも提供でき、
共有することで成長や学びがある所にまで、何とか自分が人間として成長したのでは、
という考えに至ったので、日記代わりです。
ですのでもう、自分だけの日記はほとんど書いていません。


多くの方に対して、何かのメッセージを発信したいとき

ホ・オポノポノでいう、「心の平和」。
それは、「世界の平和」へとつながっていきますよね
たとえば、戦争がない、みなが調和して、それぞれを尊重して生きれる社会。
そういう新しい社会をこれから作っていきたいという思いがず~っとあるので、
その願いと連動したメッセージを伝えられるインスピレーションがわいたとき、
書いています。


インスピレーションを感じるとき

普段の生活の中で、「あ~、これを書きたい!」と、ひらめきます。
そんな時は、手帳や携帯電話にメモっておいて、後で書きます。
音楽家とか、「ふとメロディが下りてくる」とか言いますよね。
それと近い気がします。
「これはブログに書いた方がいいな~」と、直感でわかるのです。


誰かへのメッセージを、記事にする

どなたかへ何かメッセージを伝えたいときに、記事にしたうえで
メールを書いて、ブログを紹介します。
私が伝えたいことを、その相手だけでなく、
ブログを読んで下さる方にも伝えることができるし、
その方への、ホ・オポノポノの紹介にもなります。


書きながらゼロになれそうな時

自分のなかで起こっていることを、誰かに伝えるという客観視の視点を意識して
言語化する作業のなかで、ゼロになれる時があります。
今日の記事は、これに近いかもしれません。

2月6日の夕陽 ← キレイでした

…こんな感じですので、更新頻度がバラバラになってしまいます。
また、しばらく更新していない様な時期は、何らかの重いメモリーのクリーニングに、
一人もくもくと取り組んでいる時だったりします。
そして後日、記事にすることもあります


今日の記事で、何を伝えたかったかというと、
私自身も、メモリーに振り回され続けていて、
いつでもゼロの状態というわけではない、ということです。
でも常に、ブログからメッセージを発信できる自分でいられるように、
日々クリーニングに励んでいる。

それは、自分自身のありのままを、ちゃんと見つめて
自分から逃避しないようにしていること。
ありのままを、受け入れていること。
でも、ブログを書くときのスタンスは変えないようにしている、ということです。

ブログ外では普通に、落ち込んだり 動揺したり
悲観したりもしています。
目指すべきところはわかっているけれど、そこにまだ至れない自分を嘆いたり
でもそれを、受け入れています

私はこのブログをとても愛しているけれど、書く気分になれない日もあって、
そんな時には「あ、いまメモリー重いな」と自覚します。
つまりブログは私にとって、自分の状態を観察するツールにもなっているのです


とりとめのない記事になってしまいましたが、
みなさんの、何かの御参考になればと思います。

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぽにょ先生、いつもありがとうございます。
先日私の住んでいる地域で「崖の上のポニョ」をやっていました。
公開当時、私は映画館初体験の幼い姪っ子を連れて映画館に足を運びましたが、最後くらいの場面だったと思いますが、ぽにょのお母さんにさとされてしまい…姪っ子のために行った映画で、涙が溢れて止まらなくなったのをよく覚えています。

今回の記事は、私にとって大変共感でき、そして意味深く、またタメになる記事でした。
何故かやはりぽにょ先生とは想いがシンクロしてしまうようで…とても不思議でした。
何故なら、ここ数日ちょうど「ブログ」に対して、色々な想いをめぐらせていたところだったからです。
タイトルを「日記」としてしまった以上、何か毎日書かなければいけないというようなヘンな責任感にかられ、
日々僅か数名お越しくださるようなブログではありますが、特に書きたいことがなくてもアップしたことも何回かあります。
アクセス数を気にしているからだと思いました。
だから、あとでブログを振り返って「何でこんなの書いたんだろう」とか「気持ちが入ってないなぁ」と思う記事が、残念ながらいくつかあります。
そして「書きたい」反面、自分の時間がブログにばかり費やされている現状にも、自ら疑問を持つ毎日でした。

先日の節分から立春にかけて、いつもならたいして気にもとめないこの日本の伝統行事に、今回は何故か自分自身にとってとても大事な節目を感じ、
掃除や浄化に励み、また自分自身と向き合った時間でもありました。
実は…元旦の満月の日に手にした、とてつもない劇的な幸せが私には大きすぎて
「どうやったらもっと幸せになれるんだろう」
「彼は二人のこれからのことをどう思っているんだろう」
1年に1回の「スペシャル新月」(ジーニーさんによれば、自分の誕生月の新月に願った願いがもっとも叶いやすいとされています)だというのに、その一見前向きなようにみえて、不安と焦りだらけの後ろ向きな想いにがんじがらめになっていたんです。
余計な事は考えず「今」を」頑張ればいい…そう思いなおしても、あれもやりたいこれもやりたい、でも時間が足りない…ジタバタ以外になにものでもありませんでした。
(先日送らせていただいた文章が、それそのものでした)

そして立春の朝。
ふと私にある想いが降りてきました。
「ゼロになろう、ゼロになって自由になろう」
「与えられる喜びより、まず与える喜びを求めて幸せを感じよう」
素晴らしいお天気のせいかなと思っていました。
あれから数日…やはりその想いは今も私の中にあります。
1年の運気が入れ替わるという立春の日。
もしかしたら、私は素晴らしい宇宙からのギフトを受取ったのかもしれない…そう思う反面、まだ懲りずに半信半疑の想いも。
でも…余計な想いに苛まれそうになった時、自然に4つの言葉が浮かんでくるようになったんです。
口に出さなくても心の中で唱えていれば、すーっとゼロに近い状態になれる気がします。
…というのも、完全にゼロになれた感覚がまだ私にはわからないので。

あれから、ブログの更新にはこだわらなくなりました。
先日初めて更新せず、自分で「おぉー」と思いました(笑)
今日も更新していないのですが、何故かアクセス数が跳ね上がっているんです…不思議ですね。
更新し続けていたらわからなかった発見でした。

先月末辺りから、ホウホウ先生が浄化に関してため息のでるような素晴らしい記事を書かれていますね。
ホ・オポノポノにも触れていらっしゃったり。
そのホウホウ先生の記事のおかげで、今回の立春が意味深いものになりましたし、ジーニーさんのおかげで「新月の願い」を知り、おなすさんのおかげでぽにょ先生とのご縁も出来ました。
1年前の今頃、私は何を考え何をしていただろう…ふとそう思いました。
あの頃に比べて、私は今素晴らしいものをたくさん受取っている…まさにありがたきしあわせ、です。

ぽにょ先生も、ブログに関してどうぞ心のままになさってください。
私もそうします。
ただそれをお伝えしたかったのにこんなに長い文章になり、申し訳ありません。
実はこれを書くのは4回目なんです。
3回とも、操作ミスなのか天使のいたずらなのか、全部消えてしまい…この長文が、です。
絵文字を5箇所から色々使おうとすると消えてしまうみたいで…(というより、文章が長いからだと思います)今回は絵文字がなく地味な感じになりました。
でも、ぜひこの想いをぽにょ先生にお伝えして、そして受け止めていただき、また自分の備忘録にしたかったので頑張りました。
長時間、階下で散歩を待っている愛犬がいい加減ふてくされていると思うので、散歩に行ってまいります。

長文失礼致しました。
ありがとうございます。




ぽにょ様

ぽにょ様
初めてお訪ね致します。新年になって、本気にホ・オポノポノと取り組んでいます。その途上で、ぽにょさんに出会って、いろいろと教えていただき、更新を楽しみにしています。今回「何らかの重いメモリーのクリーニングに、一人もくもくと取り組んでいる時だったりします」とありますが、「重いメモリーのクリーニング」という表現に初めて出会いました。「重いメモリー」とはだいたいの想像はつきますが、それらを具体的にはどのようにクリーニングなさるのでしょうか?
例えば被害妄想的な思い込みで私自身に関わる人がいて、私自身も嫌な思いをしているのですが、その私自身の嫌な思い、記憶をクリーニングできればと願っているのですが、具体的にどのような気持ちで、どのようにクリーニングすればいいのでしょうか。
初めてお訪ねするのに「重いメモリリー」のお話ですみません。でも私はホ・オポノポノに出会えて喜んでいます。過去、現在の出来事等に「I am sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.」と言えるし、朝、目覚めて、又通勤途上でドライブしながら、そのようにつぶやきつつ日々を過ごしています。
Thank you.















応えられた祈り

はじめまして 桜と申します。
前日たまたま入った本屋で なぜか手にとり買ってしまった本がポノポノの本で初めて ポノポノをしり、ネットサーフィンをしてたらポニョさんの 応えられた祈りの詩が目にとまりました

そーだなぁ…って 心があたたかくなりました。ポニョさんありがとう。素敵なお写真も 涙がでそうになりました

こんにちは、始めまして。

先日、『崖の上のぽにょ』をTVで見ました。『ホ・オポノポノ』も去年の秋くらいから知り、気にしていました。
日曜日に、フラッと寄ったホームセンターでトックリ椰子を衝動買いしました。そして今日、ぽにょさんのブログと出会えました。v-254

人生には波があるでしょ?
私は今、クリーニングに嵌ってます。
でもそれは、物を捨てる事だったり、ダイエットに励む事だったり、運を良くしようと自分の欲の為。
自分自身のクリーニングには程遠い気がします。
まだまだ修行が足りないみたいです。

ブログを書くというのも修行でしょうか。愛を伝える修行だとしたら、やりがいのある修行ですね。
私もホ・オポノポノを真剣に取り組むにあたって、ぽにょさんを知った事を嬉しく思います。
ありがとうございました。

ポノポノのセッション

たびたび失礼します
さくらデス

ずっと迷っていたのですが、ビジネスの個人セッションを3月23日に受ける事になりました。
ポニョさんは受けられたことありますか?
何だか、今からドキドキです

ポニョさんのブログ更新私の楽しみのひとつになりました。いつも優しい言葉がたくさんで 心があたたまります。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/349-9ba9bd6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。