スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

条件付きの愛 

「そんなワガママ言う子は、うちの子じゃありません!」
聞いたことのない人、言ったことのない人、言われたことのない人。
いずれにも当てはまらない人は、おそらくいない台詞ではないでしょうか。

母親の子への愛は、無条件の愛といいます。
しかし魂のレベルでは純粋な愛であっても、
親自身が肉体と膨大なメモリーを背負った人間である以上、
無条件の愛を、常時子供に注げる状況とは限りません。
このセリフを耳にした時に、幼い子供はどう解釈するでしょうか?

そうか、良い子でいなければ、家の子でいられないんだ
と、幼い意識で判断を下すかもしれません。

ありのままの自分では愛されず、「よい子」でいれば愛されるという
思いこみというメモリーが、潜在意識化に刷り込まれてしまうのです。

もしもその時点で、

お母さんがイライラしちゃうのも分かる。
 だって、お仕事と子育て大変だもの。
 最近すこし、お父さんともケンカが多いみたいだわ…。
 お母さんの愚痴でも、聞いてあげなくちゃ。」

な~んて、子供が物分かりが良ければ、思い込みは発生しないかもしれませんが…

子供にとって、世界=母親です。
お母さんから子供が受け取った「良い子でないと愛されない」というメッセージは、
ありのまま(=わがまま)の自分では、世界に愛される価値がない
という理解へと、繋がってしまうかもしれません。
そう感じている人間にとって、生きることは喜びでしょうか。
本当の幸福が、得られるでしょうか。
自己実現が、出来るのでしょうか。

でもこれは、子供のせいではありません。
意識の幼さが招いた、ポイントがずれた判断なのです。
そして同時に、親のせいでもありません。
親自身も、メモリーに支配されているのですから…。

子どもが親に愛されたいという健気な思いのため、
人間は心に制限をつくります。
そして大人になった時、メモリーという制限は、
前進したり自己実現することを抑制したり、
自分をありのままに受け入れられないことへ、繋がっていきます。
その制限は、人間の人生を大きく左右することもあるでしょう。

では、どうすれば良いのでしょう?
親、その親、またその親から、脈々と受け継がれてきた記憶の連鎖。
私たちは、そこに無力に打ちひしがれるしか術がないのでしょうか…?

いいえ
この問題にも、私たちは、
「100%の責任をもって対処し、問題解決することができる」
のです!!

その方法は、ひとつ。
クリーニングを始めることです。
たった今から、自分で自分を愛することです。
自分の内なる声に耳を傾けることです。
自分で自分のウニヒピリを育て直していくことです。
あなたが自分で今の両親のもとに生まれてこようと決心した
その決断に立ち返ることです。

あなたは今すぐクリーニングを始めることを、選択することができます。
そうすることは、あなたの親、その親、またその親たちへの、
命を繋ぎ、育んでくれたことへの感謝です。
あなたが先祖代々のメモリーの消去をすることは、
ご先祖さまたちもきっと、喜んでくれるに違いありません。

クリーニングを始めると、肉体(メモリー)をまとっているがゆえの条件付きの愛が、
魂の真ん中にある『無条件の愛』にどんどん変化していきます。
親から注がれた愛の記憶が、ふと蘇ることもあるかもしれませんね。
センサーが、どんどん磨かれてゆくのです。

条件付きの愛から、無条件の愛へ。
愛を欲する段階から、すでに愛されているのだと『知っている』在り方へ…。

クリーニングによってメモリーを一枚一枚剥いでいくことで、
あなたは魂の故郷に帰れるのです
永遠のシャングリラは、そう既に、あなたの真ん中にあるのですから…

スポンサーサイト

Comments

ぽにょちゃん

 ぽにょちゃん、ブログ楽しみにみています。

 親子間で、さまざまな記憶から条件付きの愛になってしまうことさえも、
ホ・オポノポノで、記憶を消してゆくことができるんだね。

 今も、勤める施設の壁に手をおいて建物に感謝のことばを語りかけています^^

 木村カエラさんのButterfly、とってもいい曲だね。親友の結婚式を思い出して
じーんとしました。ぽにょちゃんの蝶、花、空の解釈もいいなぁ。

 また遊びにきます^^♪

美帆ちゃんへ

こんばんは、いつもありがとうv-344


>  ぽにょちゃん、ブログ楽しみにみています。

ありがとう、私がブログを始めたのは、
美帆ちゃんのブログを読んだのがはじまり…。
あれからもう、随分とたつねv-353


> 親子間で、さまざまな記憶から条件付きの愛になってしまうことさえも、
> ホ・オポノポノで、記憶を消してゆくことができるんだね。

そうそう、そうなんだよ。
記憶ゆえに条件付きの愛になってしまう。
本来みなが、完全な光であり無条件な愛なのにね。
誰かが悪いのではない、と気がつくことは、
大きな成長へと繋がると感じています。


> 今も、勤める施設の壁に手をおいて建物に感謝のことばを語りかけています^^

そうなんだね。
美帆ちゃんは、物を大切にする人だから、
施設の建物もきっと、クリーニングがすすんでいるね。
ヒュー・レン博士は、物にクリーニングを教えてあげると、
勝手にやってくれるといいます。
感謝の言葉に加えて、具体的な方法も伝えてみるのも素敵だね。


> 木村カエラさんのButterfly、とってもいい曲だね。

うんうん、素晴らしい曲だよね。


> 親友の結婚式を思い出して
> じーんとしました。

その時のブログ、読ませてもらった記憶があるよv-22


> ぽにょちゃんの蝶、花、空の解釈もいいなぁ。

そうかな??
どうもありがとう。
ふとインスピレーションがわきましたv-291


> また遊びにきます^^♪

はい、ぜひぜひ。
私も遊びに行きます。
今年も宜しくお願いします。

良き日々を!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/334-9a671f83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。