スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応えられた祈り 

ニューヨーク大学リハビリテーション研究所の壁に掲げられているという、
作者不明の詩と、出会いました。
みなさんにも、ご紹介しますね。

おっ、この詩を紹介している本の作者は、農業をされている方でした
ホ・オポノポノと日本の食・・・
つながっている感じがしました。


- 宮嶋 望  「 みんな、神様をつれてやってきた 」より-
  
     『 応えられた祈り

  大きなことをしようと、強さを求めたのに 
  小さなものの気持ちがわかるように、弱さを与えられた。

  より大きなことをなそうと、健康な体を求めたのに
  より善いことをするように、病弱を与えられた。

  たのしく楽に暮らせるように、お金を求めたのに
  生き生きと賢く生きるように、節約の生活が与えられた。

  世のすべての人に誉められようと、権力を求めたのに
  真実に気づき従うように、地に生きる道を与えられた。

  人生を楽しめるように、あらゆるものを求めたのに
  あらゆるものを受け入れ幸せになるように、生きる場を与えられた。

  自分が求めたものは何一つ手に入らなかったけれど、
  私自身気づかない心の叫びに耳を傾けていてくれた。

  真実に背いていたにもかかわらず
  私の言葉にならない祈りは応えられていた。

  この世界のすべての人の中で、
  私は最も豊かに祝福されている

    ハレアカラ山頂


― 何かを祈るとき人は、特定のものを‘期待’していることが、
多いのかもしれません。

   「過信と期待のクリーニング」

与えられたものは、今の段階のその人にとっては、
祈りに応じたギフトです
だから、「あいつが悪い」「会社が悪い」「政治が悪い」「親が悪い」
と嘆くのではなく、いまある状況や環境に感謝し、
ただただクリーニングしていきたいです。

目に見えることだけが、すべてではないのです。
膨大な、網目のごとく繋がっている潜在意識下で何が起こっているかは、
残念ながら、ちっぽけな顕在意識では、計り知れないのです

求めるものを祈り、努力をしたら、結果は手放します。

・・・たとえば。
死ぬ気で試験勉強して全力を思い切り出し切れたとき、
結果は素直に受け入れられるでしょう。
それと、似たような感覚かもしれません

生きていると、大変なことや、苦労はたくさんあるけれど、
与えられたものを感謝して受け取るなかで、
人間は成長していくのだと思います

そして、深い苦悩のなかでこそ、
ダイヤモンドの煌めきを発見するかもしれません。

シンプルだけど、そういうことの積み重ねが、
とても大切ではないでしょうか


ごめんなさいゆるしてくださいありがとう愛しています

スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/310-9cee40f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。