スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮がん検診、受けてきました 

みなさん、こんにちは。
もう11月。
今年も残すところ2か月になりましたね

先日、区から「無料子宮がん検診」の通知が来たので、
初めてがん検診を体験してきました。
医者ながら「恥ずかしいナ」と抵抗がありましたが
30~40代は子宮頚がんのリスクが高まる時期。
この通知を無視することは、女性として無責任かなあと思ったのです。
万が一何かあれば早めに対応した方が良いに決まっているし、
何事も一次予防がとても大切って、最近本当に思うから…。

とはいっても、今までも通知は来ていましたが、無視してました。
でも、ホ・オポノポノと出会い実践の努力をしている私は、
今回は通知を無視出来なかったのです

せっかくの国からの好意を無視するって、「愛」とかけ離れているなあと思ったし、
自分は医療従事者だし。
小さな勇気を持って、出かけました。

ここで、抵抗があって検診を受けられていない方に、
検診の流れをご紹介しますね
私の印象は、「あっと言う間」でしたよ~!


予約
予約をする時は、検診日が生理期間と重ならないようにしましょう。
また現在妊娠中であったり妊娠の可能性があると受けられない検査項目があるので、
予約時に必ずその旨を伝えて相談してみてくださいね。

当日
問診表にふだんの生活、既往歴などについて記入します。
問診表には子宮がん検診歴のほか、生理周期、結婚歴の有無、
妊娠・出産および授乳経験、子宮がんにかかった家族はいるか、
などを記入します。
また、不正出血やおりものなど、気になる症状や医師への質問がある場合も
あわせて記入しておきます。

診察
問診表をもとに、気になる症状やふだんの生活について話します。
ここでは、女性特有の問題で普段気になっている症状などがあれば、
せっかくの機会なので、遠慮せずに話してみましょう。

内診
内診台に上がり、婦人科医が子宮頸部や膣の内部に出血の有無や
びらん(ただれ)などがないかを調べます。

細胞診
内診台に上がった状態で、子宮頸部を綿棒などで軽くこすって細胞をとります。
痛みもほとんどありません。
ただし妊娠中の人や採取箇所にびらんがある人は、軽い出血を起こすことがあります。
細胞診の結果は、数週間後に自宅に郵送されます。

腹部エコー
細い超音波器具を膣内に挿入して、超音波を見ながら子宮の状態を確認します。
この検査では子宮頸がんや子宮体がんだけでなく、
子宮筋腫の有無、卵巣嚢腫なども一緒に見ることができます。

以上の費用は、無料、です


・・・ざっとこんな感じで、私は着替えの時間を含めて10分もかかりませんでした。
終了後の出血もありませんでした。

恥ずかしいわ…という方もいらっしゃると思います。
でも、産婦人科医は毎日のことですので、あっけないくらい淡々と、
検診をやってくださいます!
私が伺ったクリニックも、男性医師でした。

それでも少し抵抗のある方は、
女性医師を調べて受診されるのも良いと思います

私は、検診の通知が来た時に、「もし子宮がんだったら嫌だなあ~」
という感情が湧いてきたんですね。
その不安感を消すために、4つの言葉では消えなかったから、
実際に検診を受けてきました。

エコーの結果はその場で教えてもらえるので安心しましたし、
婦人科への敷居が低くなり、これから何か不調があったら、
早めに相談に行けると思いました
行って、本当に良かったです。

検診通知が来ていて、もしそのままになっている方は、有効期限もありますので、
ぜひぜひ病院へGO!して下さいね~

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/298-5734f880

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。