スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと和む話 

3歳の甥っ子が、面白いことを言ってたので、ご紹介しますね
私はこの発言を聞いて、ぷぷーって、声を出して笑っちゃいました。

その発言とは・・・。

 「ぼくが昔、お魚だった時ね~

・・・しかし
確かに人間は、受精後に母親の胎内で、
最初は魚と似た形態をとっているんです。
徐々に、神経系や消化器系などが形成されていき、人間らしくなっていくのです。
・・・彼は、その頃のことを言ってるのかな??
今月会う機会があるので、直接インタビューしてみたいと思います。

バッチ博士は、「子供は、純粋で魂に近い存在」と言っています。
子供は、「真理を知っている、より愛に近い存在」なんだと思います。

3歳くらいの子が前世記憶を語ると聞いたことがあったので、検索してみたら、
本が色々とありました

前世を記憶する子どもたち前世を記憶する子どもたち
(1990/02)
イアン スティーヴンソン

商品詳細を見る

ヴァ-ジニア大学精神科↓でも、研究されているんですね。
初めて知りました
日本では、まだ考えられないですね!

転生した子どもたち―ヴァージニア大学・40年の「前世」研究転生した子どもたち―ヴァージニア大学・40年の「前世」研究
(2006/09)
ジム・B. タッカー

商品詳細を見る

それにしても。
「お魚だった」とは、なんとも可愛いなぁと、思います


あなたも昔、お魚でしたかー笑?
  人気ブログランキングへ 精神世界ランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
  にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/258-ea82bb83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。