スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尊重と理解と統合 

引き続き、ジェンダーのお話を少し…
以前の記事にも書きましたが (3月26日の記事です) 、私のなかでのジェンダー、つまり、
‘女性性と男性性’は、ひとつのテーマのようなんです。
もちろん、誰にとっても大きなテーマだと思います


最近電車の中で、中学生の男の子3人が話していたエピソードを、
今日はご紹介しますね。

私が立っている前に、彼らは座っていました。
下校中でしょうか。
詳しい話の内容は分からなかったんですが、右端の子が
『なぜ?どうして?』と質問攻撃をしているんですね。
左端の子が答えて、真ん中の子はそれを見守るという構図でした。

『…なんでだよゥ~??』
 『…だからぁ~、差別じゃなくて区別だよ。 男と女っていう、区別みたいに、さ!』
『ふうーん、なるほどね、そっかぁ 』、あっさりと納得する右側ボーイ。
そのやりとりを、にこにこ見守る真ん中の少年。。

「え~、その説明ですんなり納得できちゃうの?!」と私はびっくり!
最近の中学生は大人だなぁと思いつつ、微笑ましく盗み聞きしてました。


・・・男性と女性。
本当は、主従でも優劣でもない。
このことを、本当の意味で理解することが出来る時代が、
訪れようとしているのかもしれません

人間には誰でも男性性と女性性があります。
相違点を見出しながら、理解し、尊重しようと、受容して心を開くこと。
相手のなかに、自分を見つめること。
家庭でも、職場でも、友人関係でも、恋愛関係でも、です。


 排除。
 否定や非難。
 相手を変えようというコントロールゲーム。
 女だから、男だからと、最初から可能性をつぶしてしまうこと。


こういうことの繰り返しからは、もう脱出する、脱出できる時代なのかもしれません。

性別を超えて、違いを超えて、文化を超えて、国境を超えて。
お互いを理解し尊重しあうことが、個々人の'人格の統合と成熟'へ
向かう道だと思います。
ホ・オポノポノでは、「平和は自分からはじまる」と言います。
まずは、自分自身の統合からなんだと、感じるのです。


私のなかに存在する、女性性と男性性のメモリーの要素をお伝えしますね。
女性性のエネルギーにおけるネガティブなメモリーパターンは、依存です。
あと、コントロール
自分のものではないブランドで、自分を評価しようとすること。
育むべきリソースは、自立です。

男性性のエネルギーにおけるネガティブなメモリーパターンは、支配コントロール
必要なリソースは、受容と思いやりでしょうか…。

みなさんは、どう感じますか?
男性と女性のどちらの成分も、健全なものとして受容できることって、
とても大切で、かつとても美しいことだと思います
ただ多くの人は、もちろん私もですが、この領域に大きな制限やブロックを持っています。
だからこそ、クリーニングが大切だと思うのです。

ネガティブな要素とお話しましたが、どんな事にも存在する肯定的な意図があります。
(「肯定的な意図」は、私が大好きなNLPの前提のひとつ)
そして、ネガティブのなかにこそ、本当の宝物が隠されているのです…

・・・またゆっくりと、考えていきます


男性性と女性性の融合と統合←コンニチハ。
ぽちぽちっと、応援をお願いします!
  人気ブログランキングへ 精神世界ランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
  にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

スポンサーサイト

Comments

興味深いです

こんにちは、はじめまして
美弥さんの所から飛んできました。
ちょうど今日私が考えていたテーマだったのでとても興味深く読ませていただきました。
依存は夫もあり、支配とコントロールは女性の私もふと立ち止まると意識します。夫をコントロールしようとしている私・・とか。(^^;)

ずっとずっと考えていることなのでまたジェンダーについての記事も、楽しみにしています。

はじめまして♪

Shiikoさん、はじめましてv-22

美弥さんの所からいらっしゃったんですねv-238
ありがとうございます、いらしゃいませ!
美弥さん素敵ですよね~。


>ちょうど今日私が考えていたテーマだったので
とても興味深く読ませていただきました。

そうなんですね、よかったです。
この問題は、扱い方が難しいなあと思っていました。
デリケートな部分でありつつ、
社会を根幹から変化させうるものだとも感じます。


>依存は夫もあり、支配とコントロールは女性の私もふと立ち止まると意識します。
夫をコントロールしようとしている私・・とか。(^^;)

そうなんですね。
支配とコントロールと依存って、
セットになってる感じがします。
歴史上、色々なことが繰り返されてきましたし。。。
根深いメモリーですよね。


>ずっとずっと考えていることなのでまたジェンダーについての記事も、
楽しみにしています。

わ~、ありがとうございます!
実は私、ジェンダーって、ちょっと苦手でした。
女子がこぶしを振り上げる!みたいな雰囲気が・・・。

・・・でも、すっごく大切なことだと思います。
コメントとか反応が薄かったので、
気持ちがしぼみかけていたのですが、
Shiikoさんのおかげで、また書こう♪という気持ちになれました。
これからも、書いていきますね。

コメント、ありがとうございましたv-344

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/208-46fa0d20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。