スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じる力 

先日、ある先生と話をしていた時に、ある言葉を聞いて感動しました。
そのエピソードをお話しますね。

それは、会話のなかに紛れていたのですが、
患者さんを、まず、信じたいんですよね
という、言葉でした。
そのあとに、
「とか言って、裏切られちゃうことも多いんですけどね
と、笑っていましたが、その先生はとても軽やかな印象の方なんです。

この仕事は、とかく患者さんの失敗や至らないところに目が向いてしまいがちで、
批判的な感情が湧いてくることが多いのです。
だから私はその先生の感性をとても尊敬し、感動しました。

私は、信じるということは、相手のなかに神聖なるDivine
を見ようとする行為だと思います。
ヒューレン博士のDVDのなかで、印象的なエピソードが語られていて、
素晴らしいなぁと感じました。

それは、ある哲学者のエピソード。。。
彼は、散歩が日課なんですが、なかなか帰って来ないことが多くて
家族がしょっちゅう探しに行ったというんですね。
近所なので、道に迷っているわけではありません。

じゃあどうして帰ってこないのか?
家族が見つけると、彼は道端の牛に見とれていたりする。
 「うわぁ…なんって、美しいんだろう
と、家に帰るのも忘れて長い時間、そこに佇んでいる。
多くの人にとっては、道端の牛にすぎないでしょう。
相手のなかに神聖さを見ることや、日常の中で感謝や感動を抱くというのは
こういうことなのかなあ…と、すごく印象的でした。

苦しんでいる人、迷いの中にいる人は、自分を信じられなくなっていることが
とても多いと思います。
だから敢えて、目の前の治療者を試すような行動を取らざるを得ないことがあります。
でも、自分の内側と遠く離れてしまっているから、自分が愛される存在だと感じられない。
だから、外側からの愛情を、なんとか獲得したい。
愛して欲しい、信じて欲しい、見つめて欲しい
その、必死な気持ちのあらわれなのです。
その人の責任では、ないのです。

人はみな、愛したいし、愛されたい存在なのだと思います。
本当は完璧で、愛されている存在だけれど、
メモリーが邪魔をしてしまっている。
時に、過酷な養育環境や、虐待や、トラウマ体験などで、
人間は自分を信じること、自分を愛することが難しくなってしまいます。

私は、その先生に教えて頂いたように、どんな人と出会っても、
まず相手のなかのDivineを信じていきたいと思いました。
それはすなわち、自分自身をクリーニングするということでもあります。
いま学んでいる神経言語プログラミングは、私を強力にサポートしてくれそうです。

目の前の医者が自分の可能性を信じてくれるという行為を通して、
自分への信頼を思い出して欲しい。
ちょっと偉そうですが、純粋に、そう思いました。

私はとにかく、クリーニングを続けていきます。

静かに、そしてただ永遠に、続けていきたいと思っています。

私はホ・オポノポノに出会えたことを、心から感謝しています

  人気ブログランキングへ 精神世界ランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
  にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
 

スポンサーサイト

Comments

< 苦しんでいる人、迷いの中にいる人は、自分を信じられなくなっていることが
とても多いと思います。
だから敢えて、目の前の治療者を試すような行動を取らざるを得ないことがあります。
でも、自分の内側と遠く離れてしまっているから、自分が愛される存在だと感じられない。
だから、外側からの愛情を、なんとか獲得したい。
愛して欲しい、信じて欲しい、見つめて欲しい
その、必死な気持ちのあらわれなのです。


まさにそのとおりです・・・・
私自身は、精神科で治療することはなかったですが、
何年も自分を信じられない時期が続き
、まわりに信じてくれる人がいることさえ、見失っていました。
それが情報から起こっていたことが今はよくわかります。

私もどんなことがあってもその人の神聖を信じようと今、強く思っています。ぽにょさんがホ・オポノポノすることできっと、精神科医療の世界、変わってきますね。とても楽しみです。


ありがとうございます

>ぽにょさんがホ・オポノポノすることできっと、精神科医療の世界、変わってきますね。とても楽しみです。

ありがとうございます。
とにかく、クリーニングを続けてみます。
すべてが適切な関係性になるよう、祈りながら。
このブログも続けますv-22

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/175-104ae03a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。