スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食糧問題から考えたこと 

5月25日に銀座のアップルストアで開催されるイベントの広告を目にしました。
 『地球のハラペコを救え 知花 くらら

知花くららさん、知的で美人で優雅で豊かさがあって、本当に素敵。
   知花くらら さん
とても憧れる存在です。
モデルのSHIHOさんと、ちょっとダブります(SHIHOも好き

気になったので、調べてみました。
最近は、環境問題が気になります。
ホ・オポノポノでは、日本と食べ物の関係が重要視されていること、
自分自身がローフードと出会ってからのことなどもあり、
興味が向いているのだと思います。

国連世界食糧計画World Food Programme:WFP

私は精神科医として、摂食障害の患者さんを診る機会があります。
彼女たちは、とても苦しんでいる。
目標が高く、自分に厳しい。
仕事や勉強が出来る、優秀な子。
親からみたら、手がかからずに育った良い子が、
ある時期(多くは思春期のダイエットがきっかけ)に、発症します。
程度の差はありますが、中高年までずっと続く方もいます。
腎臓の機能障害で人工透析に至ったり、電解質の不足(低カリウム血症)による不整脈で
亡くなる方もいます。

世界中には、今日のごはんがなくて亡くなる人たちが たくさんいる。
そういうことは、彼女たちは充分過ぎるくらい、頭では分かっています。
でも、食べずにいられない。
吐かずにいられない。
目の前には、一見豊かさに溢れる現代の日本社会が広がっているのに、満たされない。
そんな自分を許せない
愛せない。せめてしまう。
罪悪感にさいなまされる。
頭(左脳)では全て理解しているからこそ、辛いのです。

私自身、思春期から研修医くらいまで、疲労やストレスが蓄積してくると
吐きはしないけれど、過食する傾向がずっとありました。
満腹になることで、一時的に気持ちが落ち着くのです。
周りの評価や声を気にし過ぎてしまって、自分の声を聞かなくなってしまったら
聞こえなくなってしまった。
身体からの感覚が麻痺してしまい、満腹という強い刺激でないと
感じられなかったのです。
そこまでやらないと、安心感満足感が、
得られないのです。
私は、体験したから、良く分かります。

苦しい思いを抱えている多くの人に、私は ホ・オポノポノを知って欲しいです。
伝えたいです。

自分を愛して下さい
自分を信頼することを、思い出して下さい。
外側ではなく、内側の豊かさにコミットすることを、思い出して下さい。

摂食障害と、ホ・オポノポノ。

繋がっていると感じました。
これからも、考え続けていきます。
あなたもぜひ、考え続けて下さい


美しく、なろう
人気ブログランキングへ 精神世界ランキング
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/142-00d55888

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。