スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神谷美恵子先生 

「神谷美恵子」という精神科医をご存じでしょうか?
精神科医であれば、ほとんどの人が知っている著名人です。
彼女の数多くの著作のなかで「生きがいについて(みすず書房)」から、
一部抜粋させて頂きます。      

生きがいについて (神谷美恵子コレクション)生きがいについて (神谷美恵子コレクション)
(2004/10/06)
神谷 美恵子

商品詳細を見る

『・・・著者は津田英学塾在学中にキリスト教の伝道者であった叔父に誘われて
多磨全生園を訪れ、はじめてハンセン病の存在を知った。
同じ世に生をうけて、このような病に苦しまなくてはならない人びとがあるとは、
いったいどういうことなのか。
心の深いところで自分の存在がゆさぶられるような衝撃を受けた著者は、
できることなら看護師か医師になってこの人たちのために働きたいと願った。
そして周囲の反対にも辛抱づよく時を待ち、ようやく医学部に進学を許された。
その女子医専時代の夏休みに、長島愛生園をたずねて
「なぜ私たちでなく、あなたが?あなたが代わって下さったのだ」
と詩に書いている。
現実生活の荒波や自身の病を乗り越えてその初志を貫いた著者は、
終生を実践活動にささげた。
ハンセン病であるだけでなく精神をも病む人びとにとって、
著者のあたたかさと知性と努力が、どれほど支えになったことであろうか・・・』

「なぜ私たちでなく、あなたが?あなたが代わって下さったのだ」。
初めてこの本を読んだのは高校生のときだったのですが、
何て清らかな人がいるんだろう、私からこんな発想は逆立ちしても出てこない・・・
と、心底驚いた感覚を今でも覚えています。

昨夜寝る前に、ホ・オポノポノの考え方が神谷先生の感性と似ていることに、
気が付きました。

神谷先生は「精神科医として生きることは私の生きがい」と、書を終えています。
彼女は本当に素晴らしい精神性と知性を持っていた方で、
ご自身でホ・オポノポノと似たプロセスを行いながら患者さん方と向き合い、
光を照らし続けた方だったのだと、違う面から神谷先生を知ることが出来た気がしました。
こんなに聡明で素晴らしい女性が、日本にはいたのです
日本人の誇りですね。

神谷先生が生きていた時代よりもずっと物質的には豊かになった現代日本に生きる、
こういう感性を引き継ぐ(!)私たち。
素質はバッチリのはずです。
みなで「ゼロ」に近づいていきたいものですね。

私自身も日々、精いっぱいこころの掃除を続けようと改めて思いました。

神谷先生、ありがとうございました・・・

スポンサーサイト

Comments

はじめまして(^^)

ぽにょさん、こんにちは。
今日は休みでのんびりいろんな方のブログを拝読させて頂いています。
私の職業は看護師なのですが、精神科病棟の夜勤アルバイトの経験もあり、精神科で勤務されているぽにょさんが、言葉で言い表せない疲労感を日々受けやすい状況にある事を、容易に想像できます。
なのでそんな中でも*ホ・オポノポノ*という謙虚な姿勢で勤務されているポニョさんに敬意の念しかありません!
ご紹介にあった、神谷美恵子先生、素晴らしい方ですね。
私から観るとポニョさんも同じくらい素晴らしいと、いろいろな日記を読ませて頂いて感じました。(こう書いちゃうと、ポニョさんがブログに仕事や日常でのグチとか書きにくくなってしまったらごめんなさい!でも、本当に、そう感じるので。。。グチでもなんでも、ありのままに書いて下さいね~♪)
また、読ませて下さいね。応援しています(^^)

  • [2009/03/28 09:59]
  • URL |
  • おっちょこ助
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

勇気付けられました

おっちょこ助さん、コメント本当に本当にありがとうございます。

おっちょこ助さんは、このブログの初めてのお客様です。
ちょうど今朝の通勤中、
「“ホ・オポノポノを愛する~”なんて大きな題名にして、たくさんの人に知って欲しいからってランキングまで貼ったけどなんか恥ずかしくなってきた。帰ったらランキングのバナーを取ろう」
と思ってました。
でも、温かいコメントを見て本当に嬉しくて、私が伝えたかったものを受け取って和んでくださってる方がいると思ったら、勇気が出ました。
もっと、続けてみます。
看護師をされていると聞いて、ますます嬉しいです。
私は、ホ・オポノポノは、医療や介護に携わる人にとっても、とても素晴らしい方法ではないかと感じていて、身近な人から少しずつ伝え始めました。
でも言葉で説明するのも限界を感じて、まず自分が実践していくなかで、さまざまな角度から表現してみようという想いから、このブログを始めました。
だから、ひとつの目的が(もうすでに!)叶った気がしたんです、本当にありがとうございます。
これはミラクル体験記で書きたいくらいです。

これからも、おっちょこ助さんが仰ってくださるように、等身大の自分で続けていきたいと思っていますので、またいつでも遊びに来て下さい。
私もおっちょこ助さんを応援しています、お仕事頑張ってくださいね!

では最後に。
おっちょこ助さん、初めてのコメントを下さって、私に大きな勇気を下さって、ありがとうございます
もっとすぐにお返事をしたかったけれど、仕事で遅くなって、ごめんなさい
本当はもっともっともっと伝えたいことがあるけれど、眠いからどうか許してください
おっちょこ助さん、愛してます

これを読んでくださっている方が、一時でもありのままの自分になって、慈しみと思いやりの気持ちを抱いて、時間を過ごせますように。
このブログがそういう場のひとつとなったら、私は本当にうれしいです。
そして、そういう場がもっと広がっていったら、本当に本当に嬉しいです。

ぽにょv-22

こちらこそ、メルシ~です(^^)

ぽにょさん、お返事ありがとうございます!(^^)
今、読ませて頂き、コメントを昨日、送らせて頂いた事がポニョさんの心的なシンクロと見事結びついていたなんて、私も本当にびっくりです。
ホ・オポノポノが引き寄せたシンクロなのでしょうか。私も、とても嬉しいです。

ランキングバナー貼り付けの件と題名にいろいろ思うところがあり、考えられていた所だったんですね。変える前でよかったです。(^^)
なぜなら、ランキングバナーが貼ってあったからこそ、私はそのランキング欄から、ぽにょさんのブログを見つけ、
*ホ・オポノポノを愛する~*と、いう題名だったからこそ、興味を引かれ、
そして、今に至るのですから。

ぽにょさんの迷いの方より、最初にぽにょさんに湧き上がった、*TRY*してみよう、という*純粋な決断*の方が、私に素敵なブログとの出会いを作ってくださった様です。

それと、私もぽにょさんと同じような考えを持っていて、ホ・オポノポノ的な意識の持ち方は医療や介護に携わる人々にとても必要だと感じています。
*まず自分が実践*というぽにょさんの姿勢は、ホ・オポノポノの真髄そのものですね、とても心に響いてきました。。

過去に何回も何回も繰り返された言葉でも、なぜでしょうか、ぽにょさんのお返事の中で書かれていたその言葉は再び私の心を凛、とさせてくれました。
きっと、言葉だけでなく、ぽにょさんの*純粋な想い*がたくさん、その言葉に載せられているからでしょうね。。。
私も勇気を貰いました。ありがとうございます(^^)

もうひとつ。。。

*眠いからどうか、許して下さい*のぽにょさんの言葉には大笑いしました。今でも、そのフレーズを思い浮かべると、笑いが。。。
ぽにょさん、面白~い!です。笑わせて頂いてありがとうございます。

また、読ませてもらいに来ますね(^^)





  • [2009/03/29 09:50]
  • URL |
  • おっちょこ助
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

さらにシンクロです

今回は、ランキングの力を知ることができました。
おっちょこ助さんと出会わせて頂いて、人気ブログランキングさん、ありがとう。

私は、何事をもやらずにいるよりは、TRYしてみることの方が良いかなと思います。
辛いこと、傷付くこともありますが、体験して得られるものがあると思うからです。
失敗したとしても、そこから教訓を得て、諦めずに続けていたら
「何か」を掴むことができると思います。

おっちょこ助さんも、看護師として働きながら「ホ・オポノポノ的な意識の持ち方は医療や介護に携わる人々にとても必要だ」と思っていらしたこと、すごく感動しました。
お互い、自分の出来る範囲で実践していきましょうね!

「ホ・オポノポノを理解することは簡単です、でも、実践することは難しい」
という博士のことばがありますが、本当に難しさを感じながらのブログなので、
おっちょこ助さんに、私が伝えようとしたかったことが届いたこと、
とても嬉しく思います。
おっちょこ助さんのコメントからは、真摯で優しいお人柄を感じます。

「こころが凛とした。」
私も、ホオポノポノを愛する~という題名のブログの記事を書くということ自体、
すごく凛とします。
いまの私は、現実的にはとても「へなちょこ状態」です。
でも、ブログに向かうと、背筋が伸びて凛とします。
頑張ろうと思えます。
ホ・オポノポノを題名にした以上、恥ずかしい言動は出来ないというか、
「あの人の前では嘘はつけない」感じ、と似ている感覚になります。

> ぽにょさん、面白~い!です。
あはは!
こちらこそ、笑っていただいて嬉しいです。

「許してください」には、「もっと完璧でいたいけど、ここが限界、ひとまず許してね」と、
自分自身にお願いする感じがあって、私は好きです。
この、自分に「許してね」と言うのが、ホ・オポノポノの特徴かなあと思います。
完璧主義で頭が硬い私にとっては、福音でした。
「ゆるそう、そしてただ手放そう」というのとは少し違くて、
「今日のところは勘弁、でもまた頑張るよ」と、前向きな感じになれる気がします。

おっちょこ助さんからのメッセージが嬉しくて元気が出たので、カウンターをつけました。
また、遊びに来て下さいね。

ぽにょv-22

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/14-cf6a1ab5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。