スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、ジェイクが好きなんです♪ 

ここのところ連続ですが・・・
MCのトーク、人柄がにじみ出てませんか
夜のジェイクをどうぞ



公式サイトより、プロフィールをコピペ!

プロフィール
ザ・ウクレレマスター、ジェイク・シマブクロの軌跡

ハワイ州ホノルル出身。1976年11月3日生まれ。わずか4歳よりウクレレを始め、高校を卒業したばかりの98年PURE HEART/ピュア・ハートのメンバーとしてデビュー。ウクレレという楽器の即興性を存分に活かしつつ、クラシックやジャズ、ロック、ブルーズといったあらゆるジャンルの音楽を卓越したテクニックと独自のフィーリングで情熱的なサウンドへと昇華。ジミ・ヘンドリックス、エディ・ヴァンヘイレンといった名ギタリストたちの音楽を聞きながら、そのプレイをウクレレで表現しようと考えたニュー・ウェイヴ、それがジェイク・シマブクロである。

PURE HEART/ピュアハートは98年デビューアルバム、「ピュアハート」をリリース。そして翌年にはハワイのグラミー賞と称されるナ・ホク・ハノハノ・アワードで新人賞、最優秀アルバムを含む主要4部門を受賞。その後、2000年にもセカンドアルバム「ピュアハート2」で再び最優秀アルバムを受賞。その後、PURE HEART/ピュア・ハートは解散するものの、同年には新バンドCOLON/コロンを結成。リリースしたアルバム「THE GROOVE MACHINE」で3年連続となるナ・ホク・ハノハノ・アワードを受賞。そしてCOLON /コロン解散に伴い、02年1月にはソロ・アーティストとしての活動をスタートさせた。

02年4月、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと契約。同年7月にはソロ・デビュー作となるミニ・アルバム「サンデー・モーニング」を発表。8月には単独では初となる東京/大阪公演も成功させた。また11月には「サンデー・モーニング」の続編ミニ・アルバム「スカインライン」を発表。これら2枚の作品は地元ハワイでは1枚のフルアルバムとしてタイトル「サンデー・モーニング」としてリリース。そして翌03年のナ・ホク・ハノハノ・アワードでは全賞の中で唯一、一般からの投票によって決められるFavorite Entertainer of the Yearと最優秀インストゥルメンタル・アルバムの2冠に輝く。これによりジェイクはピュア・ハート、コロン、そしてソロ・アーティストとしてそれぞれのステージでの受賞アーティストとなる。

03年7月には2枚目となるアルバム「クロスカレント」をリリース。またウクレレ・プレイヤーとしては初のフジロック・フェスティバル03のステージにも立ち、ホワイトステージではギターウルフのオープニング・アクトとしてソロ・パフォーマンスを、そしてまた降りしきる雨の中、ジェイク・シマブクロ&ザ・カットバックというグループを率いて熱いステージを繰り広げ目の肥えたフジロッカーズたちを驚かせた。この時の模様は地元ハワイのTV局がジェイク・シマブクロ特番として放映し、視聴者のアンコールに応える形で都合4回にわたって再放送された。その後、8月のジャパン・ツアーでは札幌から沖縄までの全6公演を行い、東京公演では赤坂ブリッツ2デイズを完全ソールド・アウトに。

04年にはハワイ州観光局のイメージキャラクターに抜擢され、キャンペーンソング「レインボー」を含む3枚目のアルバム「ウォーキング・ダウン・レインヒル」をリリース。このアルバムもナホク・アワードで連続となる最優秀インストゥルメンタル・アルバムに輝く。この頃より全米にも活動の幅を広げ、NYではギターの神様、あのレス・ポールと共演する幸運にも恵まれる。この年も夏のツアーはもちろんのこと、4ピースのストリングスを従えたクリスマス・ライブも行う。

05年、昨年につづき再びハワイ州観光局のイメージキャラクターに抜擢され、新たなキャンペーンソング「ウィズ・ユー・オールウェイズ」をヒットさせた。自らの生まれ年と敬愛するカンフーマスター、ブルース・リーの愛称からとった最新アルバム「ドラゴン」は日本だけでなく、ついに全米でのリリースも決まり、その勢いをかって世界でも最大規模を誇るエージェントとの契約にも至る。8月に全米ツアー最中のナッシュビルで初のソロアルバム・レコーディングを行う。その中からの作品「ピース、ラヴ&ウクレレ」が11月にリリース。この夏、ツアー最終日の日比谷野外大音楽堂で行われたライブも大成功。

06年、アルバム「ジェントリー・ウィープス」をリリース。このアルバムは全米ワールドミュージック・チャートで初登場2位をマーク。また初めての映画音楽も手がけることに。9月に公開され、この年の映画賞を総ナメにした『フラガール』のオリジナル・サウンドトラック。日本全国でジェイクが奏でるテーマソング「フラガール」が流れた。プライヴェイトでは初のフルマラソン、ホノルル・マラソンにトライ。完走直後にステージに上がりライブを行うなど、周囲を驚かせた。そしてこの年の紅白歌合戦にも初出演。夏川りみが歌う「花」を好演。

07年5月、初のライブ・イマージュ・ツアーに参加。そしてこの年、再びフジロック・フェスティバルに出演。自身初となるベスト・アルバム「マイ・ライフ」をリリース。夏のツアーでは日本の名曲だけを演奏するコンサート「一期一会」を開催。

08年にはその名曲カバー作品『一期一会』のCD/DVDをリリースすると同時に、2月からアンコール・ツアーも行うことが決定。

現在31歳


・・・ホ・オポノポノソングとジェイクとエイミーを聴き、「豊かに成功するホ・オポノポノ」を読み、
ブルーソーラー・ウォーターを飲みつつ、精神病院でのおしごとに励む、
ぽにょ1匹でございます。
幸せ~~。



スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://spirit102.blog22.fc2.com/tb.php/105-cf62ae0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。