スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイワールド感 

クリーニングを始めて「どんな問題も100%私の責任である」を前提として生きるようになった私は、無意識のうちに色んな穴に落ちていました。
自分で勝手に歪んだ解釈をして、勝手に穴に落ちるというアホなことを多々やってしまったんです。

そのうちの一つに、「マイワールドになってしまうこと」があります。

どんな時でもまず自分を内観する癖がつき、それ自体は良かったのですが、やたらと自己完結的になってしまったり、コミュニケーションが希薄なまま相手不在のマイワールドで事を着地させてしまうことが沢山ありました。
人間関係やコミュニケーションは、相手があってこそ成り立つもの。
なのに、相手不在のマイワールド感って一体…。
ヒュー・レン博士はそんなこと、一言も言っていませんよね。

相手の気持ちや立場を想像したりすることが、すっぽり抜け落ちてしまいました。
ホ・オポノポノが全ての要因ではなく、もともとそういう傾向にあった私が、独自の歪んだ解釈によってその世界観を強化させてしまったのです。

ホ・オポノポノは、シンプルかつとても深遠なのに、けっこう分かった気になっていた…という、傲慢さ、安易さのあらわれだと思います。
いま、このブログを全部読み返したら「そりゃ違うだろー!」と自分でツッコミを入れたくなることが多々ありそうでちょっと恥ずかしいから、あまり読み返していません。

第2章はどんな風にするか迷ってましたが、まずはこういった「気付き」を、気ままに書いていきたいと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。