スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「midoriさん」のクリーニング体験談② 

こんばんは、記事が続きます^^

体験談①を教えて頂いて、midoriさんとメールでのやりとりをしていたところ、
こんな不思議なお話を聞かせて頂きました。
私は、うつ病に関する非常に示唆に富んだ内容だと感じたため、
彼女に掲載をお願い致したところ、快諾下さいました。
皆さんにも、シェアしたいと思います。


****************************************************************

ウツと診断され、処方された薬を飲んで様子をみるという状態が続いていました。
薬を飲んでいる間はとても安定していたのですが
薬を忘れて出かけた時など、不安で不安でしょうがなくなることがあり・・・
薬で安定できる事はとてもありがたい事だったんですが
薬にすっかり支配されてる感がどうしても嫌になり
ヒーラーをしている長い付き合いになる知り合いがいたのですが
『そうだ、暫くあの人に会ってないし会って元気をもらおう!』
と思い立ち会いに行きました。

当時彼のクリニックが青山にあったのですが
そこに近付くにつれ辛くて辛くて何故か涙がとまらなかった事を覚えいます。
彼に会い、『私ウツになっちゃった』と話したら・・・

それは大変だ!もう大丈夫だよ、今見てあげるね。
あ~これは、ウツじゃないねぇ。
生霊がついてる。
女の人のジェラシーの念が強いみたいだけど思い当たるふしある?
スタッフもクライアントも女性が多かったので全く思い当たりませんでした。
そう伝えると
これは辛かったねぇ。もう大丈夫だよ。今とるからね。
と言いながら背中をトンっとされたんです。
それまで胸のあたりをぎゅーって鷲づかみにされてたような苦しさが
ふわ~っと嘘のようになくなって

あれ?私なんで泣いてたの?
と、ケロッとし、苦しさが嘘のようになくなりました。

彼曰く・・・

西洋医学で言えば霊にとりつかれている状態はウツの症状と同じだから
精神科医の先生も何も間違ってはいないんだよ。
薬も身体に悪くはないんだけど、とったから
もう飲まなくて大丈夫!

愚痴や悪口ばかり言ったり、ねたんだり、自分を責めたり・・・
ネガティブな心境の時に波長が合ってしまうと
身体をのっとられてしまうのだそうです。

のっとられると、何をやっても思い通りにいかないし
訳もなく辛いし疲れは取れないし
自分の思いを話そうとすると涙が出てきてうまく話せなくなるし・・・
死にたくもなるし、実際自殺しちゃう人も多いのだそうです。
自殺した人のその念がまた生きている同じ波長の誰かにとりついちゃって
悪いスパイラルが続くみたいです。

まさにウツの頃の私は愚痴と悪口しか言わないような状態で、
自分を責めたり、周りのせいにしたり
ひどい精神状態が続いていました。

彼の言う通り、その後は薬を飲まなくても全然平気ですっかり大丈夫になりました。
それまでは霊感があるわけじゃないし、半信半疑であったスピリチュアルな世界が
その体験を通して信じざるを得ない世界になりました。
その後はとりつかれる事のないよう心を入れ替える努力をしました。

ネガティブな考え癖をなくすよう悪口、愚痴を一切言わない努力をしました。
言霊を信じ、口からはなるべくいい言葉しか出さないようにしよう!という風に・・・
その体験があったからこそヒューレン博士の本を読んだ時、
『これだ!!』と、その内容に心から感動し
1ミリも疑う事なく、素直に受け入れられたのだと思っています。

簡潔にうまく表現できなくてこんなに長くなってしまい大変恐縮ですが
ホ・オポノポノに出会った時に
その内容を信じられる自分でいられて本当に良かったと思っています。
ウツは本当に辛い経験でしたが、人生で無駄な経験って一つもないんだって
奇麗事じゃなく心から思い感謝しています。

****************************************************************

とのことです。
みなさん、いかがでしょうか?

実は私は、精神障害の中には霊障の可能性もあるのではないかと考えている医者です。
そのような考え方は、これまた一般的ではないのですが、
今までに自分自身がエネルギーを感じる体験をした時があったので、
実体験としてそう思うという事もあります。

これに関しては、物議をかもす内容になりそうですので、改めて考えてみたいと思っています。
midoriさん、貴重な体験談をお寄せ頂いて本当にありがとうございました!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。