スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒュー・レン博士から日本へのメッセージ 

SITH ホ・オポノポノ™ アジア事務局のオフィシャルサイト に、
ヒュー・レン博士からのメッセージが載っています。

リンクはこちらです ↓

みなさまへ (イハレアカラ・ヒューレン博士)
 Posted on 2011年3月19日 (土) by sith

     ヒュー・レン博士

こちらのメッセージの中でヒュー・レン博士より、
新たなクリーニングツールの紹介がありました。
いまの日本の状況に対して博士がクリーニングを行って下さった結果、
インスピレーションから受け取ったものだと思います。

それは、
 「magenta magenta radiation」
 「マジェンタ マジェンタ 放射線」

という言葉です。

呪文のようにイメージの中でこの言葉を唱えるだけで、
母なる大地に届き、「I love you」「thank you」を大地に伝えることができます。
光の祈りとともに、この新たなクリーニングツールを使っていきましょう!


(~引用ここから~)************************************************

アロハ

わたし達の存在の唯一の目的は、過去におきた過ち、
問題が記憶として再生される、
たましいの解放を”神聖なる愛”に願うことです。

過去の記憶というのは、不純物となり、魂の中にある放射能です。
神聖なる存在に対してクリーニングをし、
改心をすることにより、わたし達は許されます。
その中で神聖なる存在が、過去の過ちにむけて、変換を与えてくれます。

そして、わたし達の本来のすがた、「ほんとうの自分」という
アイデンティティーを取り戻すことができます。
「ほんとうの自分」を取り戻した状態というのは「無」「zero」「nothing」です。
そこで『 I (わたし)』は自動的に、無より出て、光にいたります。
光がマインドにアイデンティティーを提供します。
完璧な人間関係、豊かさ、環境、健康が与えられます。

神聖なる光が、『 I (わたし)』に提供してくれるのは
新しいエネルギーです。
あなたがクリーニングをするとき、常に新しいリニューアルされた
エネルギーが提供されます。

神聖なる愛は、あなたの魂に蓄積された、
毒となるエネルギーを新しいエネルギーに変換してくれます。
わたしがクリーニングすることによって、
クリーニングプロセスがはじまります。
今自分たちが体験している日本の問題に対し、
イメージの中で以下を言うことがクリーニングツールとして現れました。

「magenta magenta radiation」

「マジェンタ マジェンタ 放射線」 


※マゼンタ(マジェンタ、magenta)は、色の一つで、明るい赤紫色。
紅紫色(こうししょく)。

このクリーニングプロセスは、大地の母に届き、このツールを使うことで
「I love you」「thank you」を大地に伝えることができます。
どうかお使いください。

わたし達は神聖なる愛に対し、この機会に、
過去の過ちを改心する機会を与えられたことに、感謝するとともに、
春分の日を迎えるごとく、わたし達のたましいにも春が与えられます。

理解を超えるほどの平和が皆様のもとにありますように。

愛しています。

ありがとうございます。

わたしの平和

イハレアカラ ヒューレン Ph.D.



Aloha

Our only task for existence is petitioning Divine Love nonstop to release
from our souls memories replaying past errors and problems.
Memories are toxic impurities and radiation in our souls.

Cleaning -- repentance and forgiveness -- allows Divine Creator to transmute
our past errors, restoring our I-Dentity -- our souls --
back to its original state of void, of nothing, of zero.
The "I" automatically comes forth from the void into light,
giving to all minds, all I-Dentities perfect relationships,
perfect sources of wealth, perfect environment and perfect health.

Divine Light from the "I" is renewable energies.
Each time you clean, Divine Love transforms toxic energies in your soul,
replacing them with new energies.

As I cleaned, the following cleansing process manifested to release errors
in our souls that we are experiencing as the Japanese situation.
Mentally say: "Magenta-Magenta-Radiation."
This cleansing process reaches out to Mother Earth,
saying to her: "I love you" "Thank you"

We thank Divine Love for giving us the opportunity
to make amends for our past errors,
allowing the beauty of Spring to manifest in our souls.

I wish each of you Peace beyond comprehension.

I love you

Thank you

Peace of I,

Ihaleakala Hew Len, Ph.D.

***********************************************(~引用ここまで~)

スポンサーサイト

光の雨 

きくち ゆみさん森田 玄さんのブログで紹介されていた
素敵な詩をご紹介します。
千葉県鴨川にお住まいの、林良樹さんという方が書かれた詩だそうです。

******************************************************

 「光の雨」

光の雨を降らせましょう。

みんなで光の雨を降らせましょう。

ただ、心の中でイメージすれば良いのです。

すると、この見えない光の雨が空から降り注ぎ、

破壊された原子力発電所を冷まし、

汚染された水と大地と空気と傷ついた人を癒やします。

それは、本当に降るのです。

だから、みんなでイメージしましょう、

東北地方に、

日本中に、

光の雨が降るイメージを。

キラキラとまぶしく輝く光の雨がこの島に、降り注ぎます。

1人より2人、
2人より3人、
5人より10人、
10人より100人…、

日本中の人がイメージすれば、大量の光の雨が降り注ぎます。

そして、この島は光に包まれ発光し、太陽のように輝き、

みるみる汚染された自然が蘇って行きます。

本当に、自然が蘇って行きます。

奇跡が起こりました。

神はいました。

奇跡を起こした神は、天高く遠いところにいるのではなく、

私たち一人ひとりの心の中にいたのです。

光の雨を降らせましょう。

心の中でイメージすれば、その光の雨は無限に降り注ぎます。

私たちの心は、無限の力を持っています。

光の雨を降らせましょう、私たちの愛する日本に。

光の雨を降らせましょう、私たちの愛する自然に。

光の雨を降らせましょう、私たちの愛する人類家族に。

光の雨を降らせましょう、私たちの愛する地球に。

私たちは、無限の力を持っています。

ありがとうございます。

林良樹


******************************************************

今こそ一人ひとりが、光の雨を降らせる時なのだと思います。

私はこれから温かい布団で寝ることが出来ます。
しかし原発事故の現場では、今この瞬間も、
国民のために勇気ある方々が、夜を徹しての作業をしてくれているのです。

私はせめて自分に出来ることとして、たくさんの光の雨を降らせ、
作業中の方々を光のシールドで守り、感謝の想いを送りながら、
眠りにつこうと思います。

原発現場で作業中の方が光のシールドで守られるイメージを 

SEEDS OF LIGHTでNLPを共に学ばせて頂いた、セラピスト Sayakaさん のブログに、
素晴らしい提案がありましたのでご紹介します。
コメント欄でもご紹介頂いた、精神科医の越智啓子先生のブログのメッセージも
含まれていますので、ぜひご覧ください。

 記事はコチラです。→ 
  (お願い)原発現場で作業中の方が光のシールドで守られるイメージをしてみてください


(~引用ここから~)******************************************

お願いがあります。

今は、世界中が、原発が爆発するのではという恐れに支配されようとしています。
意図する方に現実は引き込まれていくこともあります。
だからこそ、今あえて、奇跡が起きて大丈夫になるとイメージして欲しいのです。

奇跡が起きて、また希望に満ちた日々、
平穏な生活が戻ってくるとイメージしてほしいのです。

その為に
今世界中で沢山の方たちが被災地のために
そして、福島原発が収まるように祈って下さっています。

そこでもう一つお願いがあります。

原発の消火作業にかかわって下さる方にも
愛と感謝と光を送って欲しいのです。

光のシールドができて
原発の放射能の影響から身を守れるように・・・
みんなの感謝と光で
作業がはかどるように・・・
どうぞ光のシールドで守られるようにイメージして下さい。

まずは福島原発に対しては
沖縄のお医者でもある越智啓子さんから分かりやすい
イメージでの祈りの仕方を書いて下さっていますので
参考まで・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島原発がとても寂しがっていますので、
皆で一緒に愛と感謝をたくさん、
花束のイメージとともに贈りましょう!

福島原発は三基あります。
インナーチャイルドの癒しの応用です。
プルトニウムにも意識があります。
今まで無償の愛で
私たちの快適な生活のために
エネルギーを電力に供給してくれました。

「今まで本当にありがとう!
深く感謝しています」
と抱きしめる イメージで
愛と感謝と花束を贈りたいと思います。

イメージなので、
ハグをしても大丈夫です。
被爆しません。
むしろパワーをもらいます。

熱を受け取るイメージで
クールダウンの応援をしましょう!

必ず落ち着いてきますので、
今日は原子力発電所の
原子炉さんに愛の祈りをしましょう!

今日もみんなで一緒に
愛の祈りをしましょう!

必ず、日本は蘇ります。

地球は大丈夫です!!

笑いの天使・啓子より


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今や、みんなのイメージの中では、原発がとてつもなく
大きくなっていると思います。
そこでその原発を、手のひらに載るくらいの大きさにイメージしても
いいかもしれませんね。

そして、更に
原発の消火作業にかかわって下さっている方たちを
大きく力強くイメージして
「ありがとうございます、
心より感謝しています。」と
感謝しながら、その方達が
光のシールドで包まれるイメージをしてみてください。

どうかお願いします。

森田玄さんが昨日翻訳してくれているマシュー君のメッセージにもあります。

マシュー君は、いま大事なことは、祈ること・・
日本がふたたびかつての活気を取り戻し、その国民が健康で元気になって、
陸地が元に戻っている様子をイメージすること、
また怖れを取り込まないようにすること、そして、
祈りはあまり懸命にするとそのエネルギーがかえって分断されてしまうので、
落ち着いて、穏やかに、頭ではなくこころから祈ること、
そして希望をもつことだと言っています。

(玄のリモ農場ダイアリーよりマシュー君のメッセージ)

どうか賛同して下さった方は、ぜひ
今までの祈りに加えて
原発の現場で消火作業中の方に
愛と感謝と光を送りながら祈ってみてください。

どうぞよろしくお願いします。

******************************************(~引用ここまで~)

Sayakaさん、素晴らしい呼びかけを本当にありがとうございます!

今日の午後、自衛隊らの地上からの放水作業が行われるようです。
今日が山場になるのではないかと、報道では言っていました。

どうか、ひとりでも多くの方が、現地への祈りの想いを送ることで、
私たち国民を代表して現場で危険な作業にあたっている方達を光で守り、
安全に適切な作業がなされますように。

心から、祈りたいと思います。

福島第一原子力発電所の現場から 

以下は、私がいつも拝見しているある内科の先生のブログからの転記です。

原発の現場で働いておられる方の手記だそうです、
こちらでも紹介させて頂きたいと思います。


(~引用ここから~)*****************************************

あたしは1Fにいた
電力社員の人たちを見ていた

早く逃げたい
家族に会いたい
衝動を押し殺してみんな作業に当たっていた

厚生班
医療班
情報班
総務班
消防班

など、各班を作ってみんなやるべきことを全うしてたよ
現場から計測器を持ち出して逃げたため、
一晩中事務本館周辺には警報音が鳴り響いていた

普通さ、いくら東京電力社員だろうと
あんな大地震がおきて
放射能レベルが上昇してしまったら
あたしなら仕事なんて投げ出してしまう
家族を探しに行ってしまうよ
電力社員はしっかりあたしたちを守ってくれようとしました

何を言っても言い訳にしか聞こえないけど、
原子力発電所は災害対策はしっかりやっていました
つい先日、事務本館にて避難訓練を行ったばかりでした
1号機は若干老朽化していました
なぜ老朽化がわかっていながら、その対策に乗らなかったのか
理由はたくさんあります
どんなにKY活動を行っていても、天災は様々な種類を持っています
地震だけでもね

地域住民の怒りの声と言うけど、電力社員の方には本当に感謝しています
発電所のおかげで日々の安定した生活を送れた
発電所のおかげで田舎にも仕事がたくさん増えた
あたしたちを救ってくれた

お願いします
彼らを責めないでください
いろんな意見があるけど、あたしは彼らをずっと見ていました
みんな必死で、みんな全力でした
どうか彼らを責めないでください
そして彼らを救ってください

追記

皆さん本当にありがとうございます
少しでも、一人でも多くの方に彼らの事を伝えたい
電力社員だけでなく、協力企業の方も我が身を削って福島を、
日本を守ろうとしてくれています
彼らの努力を「人災」なんて言葉で片付けないでください
記者会見を行っている幹部の責任でもありません
どうか、責任自殺なんてしないでください

福島第一の吉田所長はとても素晴らしい方でした
こまめに各グループを回り、社員としっかり会話をし、
決していばるような方ではありません

今この時も
あなたが眠っているあの時も
彼らは目に見えない敵と戦っています
でもその敵は、皆さんの生活を救ってきたモノでもあることを
どうか忘れないで下さい

今後復旧するのに、
地域住民から原子力発電所の立地は大反対になるでしょう

あたしは賛成します
今までずっと助けてくれたから
皆さん、引き続き広めてください
URLを貼っても構いません
お願いします

東京レコードマネジメント株式会社
福島第一原子力図書管理グループ

柴 遥香


*****************************************(~引用ここまで~)


原発の事故はもちろん気になります。
私も、怖いです。

でもいま本当に私たちが出来ることって、東京電力や、
枝野官房長官など政府を責めることではないのだと思います。

これは、私自身への戒めの言葉として書きます。

「想像してみて下さい。
 原子力発電所でいまなお不眠不休で働いている、東京電力の職員の方々のことを。
 自宅も大きな地震の被害に遭いながらも、いまなお余震が続いている場所で、
 身の危険にさらされて、一瞬も気が抜けない緊張感の中にあるということを。
 そして、発電所で働いているお父さんに、ずっとずっと会えずにいる、
 ご家族のことを。」

自ら身の危険にさらされながら働いている現場の方々へ、
本当に改めて、心からの敬意と感謝を送ります。

ごめんなさい。
ゆるしてください。
そして本当に、ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。