スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正当な怒り 

日本時間、2月22日の8時51分。
ニュージーランドのクライストチャーチで、
マグニチュード6.9の直下型地震が起きました。
さっきニュースを観た私は、その被害に驚きショックを受けました。
日本人で安否が確認されていない方もいるようで、とても心配です。

地震と関係して今日は、下書きで準備をしていた「怒り」についての記事を
アップしたいと思います。

ヒュー・レン博士は、「日本に地震が多いのは、日本の女性が怒っているから」と
よく表現されています。
怒りの感情を抑圧させることは、どれだけの弊害を、
人間にそしてこの母なる地球にもたらすのだろうか…。
そんなことを、改めて感じています。
みなさんも考え、そしてこの機会にクリーニングをしてもらいたいです。


改めて、「怒る」ということについて考えてみます。
「怒り…!!」
まさに、ネガティブな感情の代表ですね。
心の平和を求めていらっしゃるポノポノファンの方とっては、
少し慣れない感情なのでドキドキしてしまうかもしれませんが、
私と一緒にネガティブから学びましょう。
さて怒りには、どんなギフトが待っているでしょうか?

私は、怒りなどのネガティブな感情の表出や表現については、
長らく答えが出ない状態が続いていました。
特に、ホ・オポノポノに出逢ってからはずっと考えてきたような気がします。
そして最近になってようやく、みなさんにお伝え出来るくらい
考えがまとまってきたんですよ。
2年のクリーニングの成果なら嬉しいです^^


いつも大変お世話になり勉強させて頂いている愛読書、
「ネガティブを愛する生き方」よりご紹介します。

ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則
(2009/03/25)
伊藤 美海

商品詳細を見る



(~「ネガティブを愛する生き方」91~94P より引用ここから~)***********

怒りを表現し、怒りから学ぶ

~中略~

怒りという感情は、喜びや慈しみと同等な純粋なエネルギーであり、
それらが湧きあがってくるということは、人間にとって自然なことである。
それどころか、怒りがパッションを生むこともあるし、
時代を動かすために必要な、革命的エネルギーの発生源になることもある。
怒りを覚えたり表現したり出来ないということは、何かに夢中になったり、
好ましくない状況を打破したりする力も微弱であることを示す。
怒りとは、人類にとってなくてはならない、とても大切なエネルギーなのだ。

人間は、笑うのと同じように怒るし、喜ぶのと同じように悲しむのである。

 (太字、ぽにょ)

************************************************ (~引用ここまで~)


30年に渡る独裁政権が終焉を迎えた、エジプト。
フェイスブックやツイッターなど、時代を象徴するコミュニケーションツールが
民衆達を繋げ、そしてイスラムの大国をも動かしました。
その情勢は依然として予断を許しませんが、現在中東の各諸国へも
多大なる影響を及ぼしています。
イスラム世界での大激変は、アメリカ社会をも揺るがすことになり、
日本への影響もたくさん及んできているでしょう。
つまり、地球上全てに大きく関わってくる出来事だと思います。
その後も中東各地に影響は広がり、現在は40年に渡る独裁体制国家のリビアでは、
民主化を求める国民と政府との間に武力衝突が起き、日々ニュースからは目が離せません。
エジプト情勢から始まって今の中東問題ははまさに、
「私とは関係ない」と言っていられないことだと思います。

さて、エジプトの民衆たち、特に若い民衆たちのエネルギーの根底にあったものは、
一体なんだったでしょう?

明らかに、「怒りの感情」でした。
連日ニュースで流れていたエジプト国民達は明らかに、
誰もが紛れもなく怒っていました。

私は、今回の出来事でエジプトについて初めて知ることが多かったのですが、
30年に渡り、エジプトには「非常事態宣言」が出されていたそうです。

 → Wikipediaより「非常事態宣言」

エジプトの非常事態宣言は、ムバラク前大統領が1981年、
サダト大統領暗殺事件を受けて大統領に就任した直後に発令されたそうです。
令状なしでの市民の拘束や、行動、言論の自由を制限する内容で、
ムバラク政権は「統治の道具」として解除しないまま利用してきました。

今回の報道で初めて上記を知った私ですが、要するに、
ムバラク氏に反旗を翻すような政治活動をしていると疑われたら、
令状なしで拘束、逮捕され、裁判もなく処分を決めて良いという、
日本人の感覚からしたら考えられない体制なんですよね。
信じられません。

日本の隣国である北朝鮮の独裁政治については、
私たち日本人は知る機会が増えていますが、遠いイスラムの国、
そして観光国としては日本と馴染みが深いエジプトで
そのような政治体制であるということは、今回まで
知らない人も多かったのではないでしょうか。

エジプト国民達が長年に渡って抱いてきた「抑圧された怒り」のエネルギーが、
他国アメリカの時代の寵児の天才的なアイデアによって生み出された
コミュニケーションツールを媒体として遂に大爆発したのです。
この経緯を知った時私は、「世界はもう既に、ものすごく繋がっているんだ
という感覚を覚えました。

話を戻しますね。

「ネガティブを愛する生き方」には、怒りには2種類あると書かれています。


(~「ネガティブを愛する生き方」100Pより引用ここから~)***********

人が他者に対して怒りの念を抱く場合、種類は2つ。
正当な怒りと、自分のことを棚に上げた逆恨みである。

正当な怒りとは、ニュートラルな観点に立ってそれらを客観的に見つめてみても、
それは怒って当然だ、と納得のいくものである。
それに対して、逆恨みというのは、自分がいかにその状況を引き寄せたか、
という観点から物事を捉えられない人間が、ひたすら被害者意識に浸り、
自分を正当化しようとしているケースである。

(注・太字は著書原文)

******************************************************** (~引用ここまで~)


エジプト国民たちに見る「怒り」の感情は、私は明らかに
「正当な怒り」であるように思います。
ホ・オポノポノ的に考えれば、エジプト国民を選び生まれてきたという魂の選択からは、
国民たちは自己責任、と言えるのかもしれません。
しかしだからといって、現時点での抑圧された生活や、いつ逮捕されて
殺されるか分からない日常を強いられている国民達にとっては、
その情勢に対する怒りの感情を「正当」とは呼べないでしょうか?

矛盾するのは承知ですが、私はそう思いました。

ホ・オポノポノは、「世界を自分の責任」として見ます。
そう考えた時、大きく世界が動きます。
しかし、そのことを生まれた時から気付いている覚醒者など
地球上にほんのひと握りしかいないでしょう。
多くの人間は、社会で数々の経験を積む中で、責任を学んでいきます。

魂には様々な学びの段階があるとすると、
エジプト国民の中にも「この状況は私の責任なんだ」と感じている人も
いるかもしれません。
しかしほとんど大多数の国民にとって、そう受け止めることは
極めて困難ではないでしょうか。

日本人がホ・オポノポノを比較的理解しやすいのは、
今の日本社会が、国際的に見たらとても平和だからかもしれません。
私がもし、内戦や紛争真っ只中の世界に生まれ、目の前で家族を殺されたら…。
エジプト国民に生まれていたとしたら…。

「ホ・オポノポノ?100%の自己責任だって?!
 能天気に海水浴している奴らにこの国の国民の苦しさなんて
 分かるわけねえよ!!」

…と、思いきり悪態をつくかもしれません。。。

正当な怒りを表現して行動した結果、エジプトは適切な方向へと
大きく動き出し始めました。
民主主義とか社会主義とか、宗教の問題、アメリカとの関係など、
課題や乗り越えるべき問題はたくさんあるでしょう。
これからどうなっていくかはエジプト国民次第であり、
また、このニュースをテレビで観ている私たちひとりひとりの
クリーニング次第でもあると思います。

ただ少なくとも、抑圧された独裁政権が「適切な姿」へと向かう
第一歩を踏み出せたのは、エジプト国民の「怒りのエネルギー」だということは、
誰にも否定のしようがない明白な事実ではないでしょうか。
それを目の当たりにした時私たちは、怒りに対して今までとは違った捉え方が
出来るのではないでしょうか?

(なお、怒りの感情についての概要や大事なポイントについて深めたい方は、
ぜひ著書をお読みください。
この記事では引用しか出来ておらず、誤解を招くことがあるといけませんので…。
今日は中途半端な紹介の仕方で申し訳ありません、書けたら続きもご紹介します。)


ネガティブを愛する。
とってもとっても大切なことだと私は思います。
これから、もっともっと考えていきます。
あなたの中の、長年見て見ぬふり(=ネグレクト)をしてきたネガティブを、
いっぱいいっぱい愛してあげて下さい。

そしてまた、今日起きたニュージーランドの地震のことについても私は、
「自分の責任」として、クリーニングしていきたいと思います。

スポンサーサイト

ネガティブを愛することと、ホ・オポノポノ 

みなさん、こんにちは。
全国的に寒い日が続きますね、風邪などひかないようお過ごし下さいね^^

さて今日は、去年のクリスマスに書いた記事、「ネガティブを愛そう」 の続編です。
さてまずこちらの表紙↓ですが、
真っ黒な闇とその中にたたずむ光がとても印象的です。

ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則
(2009/03/25)
伊藤 美海

商品詳細を見る

クリスマスに記事を書いてから、何人かの方から「読みました」というご連絡を頂きました、
ありがとうございます♪
さてそれにしても、「ネガティブを愛する」という発想や、この闇。
ちょっと気後れした方も、多いかもしれません。
「出来ればネガティブは避けて通りたい」というタイプの方は、
拒否反応を示されたかもしれません。
むしろそういう方の方が、多かったかもしれませんね。

でも・・・、ホ・オポノポノに惹かれている方ならきっと、
「んんっ??」と気付く方も多いはず^^
ちょっと立ち止まって感じてみて下さいね。
ご自身の中に生じた「ネガティブは苦手、嫌だなあ」という想いそのものが、
メモリーなんだということに気付いていますか?
私はそれに、ぜひ気付いていて欲しいと思うんです。
その感情に気が付いたのなら、じっくりと感じてクリーニングをしてくださいね。
・・・クリーニングが大忙しになってしまうかもしれませんけれど!笑

ホ・ポノポノの世界観においては、ポジティブもネガティブもありません。
クリーニングに“判断”は必要なく、メモリーを消すことが大切だからです。
加えて目の前の問題を、すべて100%の責任として引き受け、
自分の責任として消すということは、ポジティブな要素だけでなくネガティブな要素でさえも、
全てをありのまま受け入れるということです。
それこそが、クリーニングなのです。

…それってつまり『ネガティブも愛すること』だと思いませんか^^?
ネガティブは排除してしまいたい、私とは関係ない、そんな部分は見たくない、
という考え方感じ方では、本当の意味でクリーニングしていることにはなりませんよね。

たとえば、外国で起きている戦争のニュースを観たら、
「私とは関係ない」「暗い話は観たくないや」ではなくて、
100%の責任で「この戦争は、私の潜在意識の中のどんな記憶が再生されているのだろう?」
と捉え、自分と繋げて考えて感じてクリーニングする。
クリーニングすると、記憶から解き放たれていきます。
本当にクリーニング効果を実感するためにはこのように、
ネガティブをも愛する必要があるのです。

誤解を解くためにお伝えしますが、この本はポジティブよりもネガティブの方を愛しましょう!
と推奨している本ではないんですね。
現在の一般常識における、ポジティブに偏り過ぎている考え方に一石を投じるために、
敢えて強いインパクトを持たせた、メッセージ性のある題名なのだと思います。

さて、ホ・オポノポノがここまで広く、私たちの心を掴んで離さないのは、
ホ・オポノポノの概念が今までの常識を覆す発想で衝撃的であることに加えて、
ポジティブシンキングを重ね続けてきたけれど
どこかで限界を感じ始めている人達にとって、その限界の壁を打破し、
本物の豊かさと自由を手に入れる鍵としてのホ・オポノポノの、
深い愛と重い責任に満ちた在り方の素晴らしさに触れた時、
ここにこそ真実があるのではないかという事を、
直観で感じるからだと思うのです。

つまり…、ポジティブシンキングのその先には、ネガティブをも愛する
という過程が待っているのです^-^

この部分の理解はホ・オポノポノを実践するにあたりとても重要なので、
また少しずつ、本文から抜粋してのご紹介もしていきますね。

今日もありがとうございます。

ネガティブを愛そう 

みなさん、メリークリスマス☆♪
本日2つ目の記事です。

クリスマスは、挨拶代わりにメリークリスマス!と言うと、
それだけでハッピーな気分になりますね。
しかも、一年に数日しか使えない挨拶って貴重です。

さて聖なる夜クリスマスにちなんで、今日は凄い本をご紹介しますね。
以前から私は、失敗のなかにこそ宝物がある…とお伝えしてきました。
その根拠となっている本なんですよ^^

ヒーラー・チャネラー養成スクール リラ・アカデミー伊藤 美海先生の著書、
  
 『ネガティブを愛する生き方です。
   

ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則
(2009/03/25)
伊藤 美海

商品詳細を見る

こちらの本は、「おなすインフォメーション」のおなすさんが、
何回も取り上げていらっしゃいましたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。
 
 → 「おなすインフォメーション」より、「ネガティブ・ラブ」のカテゴリ

ポジティブだけでなく、ネガティブも同様に受け入れ愛そうということは、
本当に重要なことだと思います。
私が思うに、ホ・オポノポノに通ずるものがたくさん詰まっているんですね。

ホ・オポノポノでは、例えば目の前の人の愚かさや苦しみや
世界の戦争や差別や悲しみや不公平や無秩序などの「問題」に対してをも全て、
「100%私の責任」であり「自分のなかの記憶の再生」であると説きます。

ホ・オポノポノでは「問題」と表現しているように、
物事に対する善悪などの判断には実は絶対的なものはありません。
例えば、ポジティブ過ぎることも、ネガティブ過ぎることも
ある意味「問題」なのかもしれません。
ホ・オポノポノで目指すべき地点はあくまでゼロであり、
もっとポジティブになろう!とは言っていないことからも分かります。
バランスと中庸が大切だということを、伝えようとしているようにも思うのです。

自分の世界に起こる全てを受け入れていくことが、生きることとも言えると思います。
という意味では、受け入れがたい闇も自分の中に存在しているものとして
責任をもって抱こうということはとても寛容なことであり、
懐が深い愛ではないでしょうか。
ネガティブを愛する」ということは、
こういうホ・オポノポノの考え方に通じると私は思っています。

ポジティブを愛するのは誰でもたやすいことですが、
ネガティブを受け入れて愛するということは、とてもハードルが高いことですね。
だからこそ、ネガティブを愛することが出来たその先にあるものは、
とても大きなものではないでしょうか。

今日は、ご紹介まで。
今後はじっくり本の内容や著者の伊藤先生のご紹介、
伊藤先生が推奨するセルフセラピー『人格統合』
ホ・オポノポノの関係についても書いていきますので、
どうぞお楽しみに♪

聖なる日に、ぽにょからのプレゼントでした。

ではもう一度、メリー・クリスマス!
(何度言っても良い言葉ですね^^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。