スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“100%の責任” について 

インナーチャイルドを語るにあたり、まずはホ・オポノポノの前提から
確認していけたらと思います。
それは、レン博士が何度も強調していること。
つまり、

 「100% 自分の責任

・・・と、いうことですね。

インナーチャイルドの存在を感じたときに、この大前提に拒否感を感じる方、
とても多いのではないかと思うんですね。
そして、この部分が、心の内側に目を向けはじめた方にとって、
それがに向かうか、終わりのない憎しみに向かってしまうかの、
分岐点になってしまうかもしれない。
私はそう、感じています。
みなさん、どのように感じますか…?

私はこれを、言語の限界から生じる問題だなぁと、感じるんですね。
誰だって、いまの状況が100%アンタの自己責任よ!って、
言われたら重~い、ですよね
それは、かつての私もそうでした。

リコネクティブヒーリング・クリアリングセラピストである、友人のKさんが、
ブログで“責任”について、書いてらっしゃいました。
私はこれを読んで、“責任”の捉え方がとても落ち着いたんですね。
ご本人のご承諾を得て、みなさんにもご紹介しますね(Kさん、いつもありがとう)。

どうぞ

  『責任』という事について

これを読んで、私は"責任"の考え方が変わりました
いま、ホ・オポノポノを紹介する機会があるときには、

『責任ってね、背負うものじゃなくて、“あなたが対処出来る”ということなんですよー。
あなたが見えること・感じることすべてに対してです。
世の不正も、インナーチャイルドも、戦争も、環境問題も。
立場が変われば見える風景も変わるし、真実も変わります。
だから、あなた自身が見えること・感じることに対して、良い悪いとジャッジするのではなくて、
4つの言葉の方向性から対応をしていけばいいんですよぉ~』

・・・って、伝えています。
すると、ただ100%全責任!っていうよりも、納得して頂ける方が多くて嬉しいです

一人ひとりが、自分自身が感知していることに対して対処(クリーニング)していけば、
Divinityの力によって、問題は徐々にクリアリングされていく。
今では私、本当に、そう確信しています。

インナーチャイルドには、少しずつ・愛情をこめて歩み寄って行きましょうね
もしかしたら怖いかもしれないけれど、大丈夫です。
この方向が確実に、愛と統合への道です。

素晴らしいギフトが、待っていますよ 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。