スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者が身につけるべきもの 

先日部屋掃除をしていたら、数年前の病院異動の際の、
ある指導医の先生から頂いたメッセージが出てきました。

「たくましく成長した先生と、いつかどこかでバッタリ会う日を楽しみにしています。」
という有難いお言葉に続き、最後に次のメッセージがありました。

医者が身につけるべきものは、明晰な頭脳とやさしき心のみである
                   ウィリアム・オスラー

その先生を懐かしく思いだしながら、素敵な言葉だなあと改めて思いました。

ウイリアム オスラー(William Osler, 1849年7月12日-1919年12月29日)は、
カナダオンタリオ州生まれの医学者、内科医です。
彼は初めトロント大学で聖職者を目指しましたが、
のちに自然科学に対して強い関心を抱くようになり、医学へ転向しました。
トロント大学医学部に入学後マギル大学医学部に転学し、
卒業後、英国・ドイツ・オーストリアなどへの
留学中にきわめて広範な研究を行い、後の経歴の基礎を築きます。
マギル大学、ペンシルベニア大学、ジョンズ・ホプキンス大学、
オックスフォード大学の教授を務め、カナダ、米国、英国の医学の発展に
多大な貢献をしました。
また、医学教育にも熱意を傾け、今日の医学教育の基礎を築きました。
彼は、社会活動家でありとても読書家でもあったようで、
医学はサイエンス(科学)に基礎をおくアート(技)である
など、数々の名言を後世に残しています。

   ウィリアム・オスラー

 「明晰な頭脳と優しき心のみ。」

シンプルだけど、真髄を表現している言葉だなあと思います。
私自身は、優しき心をホ・オポノポノで育んでいると実感できるものの、
明晰な頭脳に関しては、まだまだまだまだ長い修行の途上。。。
現代医学の礎の上に立った上で更に、ホ・オポノポなどの新しい分野を取り入れていくこと。
自分の立場を忘れてはいけないと、日々気を引き締めています。

そしてまた、「医者よ、汝自身を癒せ」の言葉通り、
医療に携わる方々が自分自身をクリーニングしていったら、
患者さんの病状はきっと「あるべき姿」「正しい形」に変化していくのではないかと思うのです。
医療者がクリーニングに真摯に取り組むことが出来れば、その効果はきっと絶大で、
時に“奇跡”とも思える出来事に出逢えるかもしれません。

また、医療関係者のメンタルヘルスには大きな問題があるのではないかと
私は問題視しています。
世の中では、医療関係者が心を病んだり、
燃え尽きてしまったりするケースが後を絶ちません。
志高く素晴らしいものを持っている人達が、何かで躓いたことがきっかけで、
新しい一歩を踏み出すことが出来ず、何年も何年も暗闇のなかにいる人たちを、
私はたくさん知っています。
そういう方々にこそ、クリーニングによって
自分自身の中の 「光」 を思い出して欲しいのです。

医療を目指す人は比較的責任感が強いにも関わらず、
“全責任”を負っていないばかりに、辛い想いをしてしまうことがあるのではないか。
私自身の過去を顧みてそう思います。
だからこそ、“100%の責任”で“自分を愛する”ホ・オポノポノを、
知って欲しい、伝えたい。
そう、強く思います。

消えゆく命を前にした時の、どうしようもない悲しみや、苦しみ。
目の前の患者さんに対して何もできない時の、
自分自身への自責の念、失望、諦め。。。
私自身もたくさん感じてきました。
これは、全世界の医療者が抱いている、共通のメモリーと言えるかもしれません。
この深い深い苦しみ悲しみを、ホ・オポノポノでゼロにしていきたい。
ホ・オポノポノを、多くの医療者に提供出来るように、何かの形にしたい。
私はそう、願っています。

そして、その礎となるために「今の私」が出来ることのひとつが、
クリーニングしながらこのブログを書くことなのです。

スポンサーサイト

青太陽水生活 アゲイン 

最近、クリーニング生活が忙しくなってきています。
夏~秋にかけて減っていた記事の更新も、年明けからは頻度が増えました。
理由ははっきりあって、来年度から新しいことにチャレンジする予定なため、
その準備期間として、自分のなかのメモリークリーニングに集中しているのです。

4つの言葉でのクリーニングは日々していましたが、
生活の中でもっと取り入れたいと思い、ブルーソーラーウォーターを再開しました。
旦那さんにもブルーボトルを見せつつ、
「最近は料理も使っているよ♪」とアピールしてます。
「そういえば、ちょっと体調が良い気がするよ」なんて、お世辞?でも言ってくれる夫。
本当に懐の深い人です、日々感謝しています^^

そんな時また、おなすさんの記事でブルーソーラーウォーターが
紹介されていて嬉しくなりました。

 → 「青太陽水もIFG-1増える!! 1/25(火)」

おなすさんの記事で初めて知ったのですが、
 名古屋市立大学 展開医科学分野 岡島研二教授が、
青色照射水と海洋深層水の治療効果として研究結果を出されています。
  
 → 青色照射水と海洋深層水の治療効果


岡嶋 研二 教授
 (右側が切れてしまっててすみません。)

すごい!
感動してしまいました。
しかも最後の方には、ホ・オポノポノとブルーソーラーウォーターの事が
少しですが紹介されているのですよ^^
素晴らしい~。

ここで登場しているIGF-Ⅰについて、少しご説明します。
IGFとはインスリン様成長因子(IGFs;Insulin-like growth factors)の略で、
インスリンと配列が高度に類似したポリペプチドです。
インスリン様成長因子Ⅰ(IGF-Ⅰ)は主に肝臓で成長ホルモン(GH)による刺激の結果
分泌されます。
人体の殆どの細胞、特に筋肉、骨、肝臓、腎臓、神経、皮膚及び肺の細胞が
IGF-Ⅰの影響を受けます。
インスリン様効果に加え、IGF-Ⅰは細胞成長(特に神経細胞)と発達、
そして同様に細胞DNA合成を調節すると言われています。
また、最近注目を受けている研究によれば、IGF軸が加齢に重要な役割
を果たしていることが示されているそうなのです。

つまりは、全身の臓器への影響に加えて、アンチエイジング効果
期待出来るという訳ですね。
素敵です。

このように、科学的にクリーニングツールの有効性が実証されていくのは、
本当にすごく嬉しいことですし、医学的にも革新的な研究だと思います。
何と言っても、地球のそして人体の多くは水の成分なのですから、
もっと研究が進んでいったときに、ブルーソーラーウォーターは、
様々な場面での活用が期待できるかもしれませんね。

とりあえず、青太陽水生活アゲイン、様子をみてみます☆

O先生との出逢い 

みなさん、こんにちは!
今年も残すところあと僅か…早いですね☆
私にとって今年は、大きな変化の年でした。
来年も良い一年になりますように。

さて今日は、ブログを通じて最近知り合った、
あるドクターのクリーニング体験をご紹介したいと思います。
彼女を仮に、O先生としますね。

今月のある日O先生は私に、本名、病院名、ご自分の科を名乗ってメールを下さいました。
学年は私より少し下の、外科系の先生でした。
彼女からのメールを読ませて頂いた私は、
その文章から何とも清々しい印象を受けました。
メールを読み進めてみると、私よりもずっと長くクリーニングして来た方で、
なるほど~クリーニング効果とはこういうものなのかと改めて感じたのです。

みなさんも御経験があると思いますが、メールや文章というのは、
その方のエネルギー状態をすごくあらわすものだと思いませんか?
私自身、クリーニングをしながら色んな状態の時にブログを書いているので、
良い波動の時もあれば、膿出し中でドロっとしている時もあります。
読み返してみて、自分でそう感じます。
そういう意味でO先生の文章は、とても爽やかで清々しいものでした。
また、謙虚さと誠実さを持った方だなあという印象を受けました。

今までも、ドクターの方からメールを頂いた時には、
仲間を発見した!という思いでとても嬉しいので、お返事をしたり
交流をしてきており、時には実際にお会いしたり
ブログにご登場いただいた事もありました。
同様に、O先生にも、メールのお返事をしました。

そしてふと、彼女が外科系のドクターであることから、
精神科医である私のクリーニング体験と比べてどんな違いがあるんだろう?
と疑問に感じ、お返事のなかで簡単に
「先生のクリーニング体験を教えて下さい」とお願いしたんですね。
そうしたらすぐ、とてもご丁寧なお返事を下さいました。

私はここで、これだっ!」と思ったんですね。
何がと言いますと、私のブログは実際の患者さんとの関わりや
患者さんの変化などを含めて事実をあまり書いていません。
先日、おなすインフォメーションのおなすさんと、
聖なる夜にシンクロした際のメールのやりとりのなかで、

 私のブログより → 「ネガティブを愛そう」
 おなすインフォメーションより → 「大切なものは目に見えない」の意味

「実際の医療現場でホ・オポノポノをどのように活用していて、
患者さんにどのような効果をもたらしているのか
 (どのように変化してるか)を知りたいです。」

というお話を頂いていたところだったので、
「そうか…まさに、O先生のように実体験をもっと書いていくことが、 
 読者の方にとって分かりやすいのではないか。
 ホ・オポノポノが、もっと多くの方に伝わるのではないか。」
と感じました。

色んな要素はありますが、それは私が無意識に避けてきたことだと気付きました。
医師という立場からすると、患者さんとのやりとりを書くことは
守秘義務にも関わる問題で、具体的な話をこのような公の場ですることは、
文章を書く上でも非常にエネルギーを使うでしょう。
なので私はあえて、自分の内的世界のみを綴ってきたのでした。
また、医学用語を使って書く際には、より神経を使いますし、
自分の臨床能力が、読んでいる同業者にも分かってしまいます。
「標準的な事柄をきちんと理解・実践出来ていない精神科医が、
 単なる逃避でホ・オポノポノを語っているだけではないか」
と思われたらどうしよう・・・、という怖れもありました。

ですから私は、ブログ上ではカジュアルで気楽なメッセージを伝えることに
甘んじてきました。
このような課題は、実は数年前から気付いていたことなんです。
気付いていて、放置してきました。

そして・・・、良く考えるとここにはっきりと、
面倒くさい』という気持ちが働いていたことが分かります。
 
 「仕事以外で仕事のことを書くのは大変」
 「ブログを書いて、お給料が発生するわけじゃないし」みたいな気持も正直ありました。
 「私のブログだもん、自分が楽しくなくちゃね!」とかとか言い訳はたくさん・・・。

でも考えてみれば、「面倒くさいを手放そう」の記事で書いたように、
面倒くさいという記憶から、自らトラブルを引き起こした私なのに、です…、トホホ。
これは明らかに、私が持っているパターンのひとつなのですね。
気付いてしまったからには、クリーニングをしなければ・・・。苦笑

でも私は、このタイミングでO先生のクリーニング体験に出会えたこと、
おなすさんからもリクエスト頂いたこと、
個人的にも幾つかの転換期を迎えていることもあり、
もう一歩進んだクリーニング体験を書かなければ…と、
考えるように成長出来たんですね。

スタンスを変えていく難しさもありますし、持病の「面倒くさい病」があるので
思うように書いていけるか分かりませんが、
今の私に必要なことだと感じるので、頑張っていきたいと思います。
(あぁ、公言してしまった・・・苦苦笑)
O先生、おなすさん、そしてみなさん、ありがとうございました。

・・・さて。
このきっかけを与えて下さったO先生に、
クリーニング体験をこのブログで引用する許可をお願いしたところ、
とても快くOKを頂けたんですよ。
次の記事で、O先生の体験をみなさんにもお伝えしたいと思います^^

 どうぞ、お楽しみに~!!

メンタルヘルスの勉強会 

みなさん、こんにちは!
時節柄、忘年会続きで忙しい日々を送っていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか^^
体調に気をつけながら楽しんで下さいね。

さて、今日は先日の 「チャレンジの成果」 のご報告第2段を…☆
私は、東京都内の病院の精神科で働いており、
私が担当しているのは女性の閉鎖病棟で、慢性期~亜急性期~急性期を扱う、
とにかく色んな患者さんがいる病棟なんです。

精神科患者さんの社会参加が謳われている今の時代、
患者さんが退院出来るまでを、スタッフ一同で応援する毎日です。
退院促進のためには、まず第一に病状に対する治療、そして、
経済的な問題、家族の理解の問題、住居の問題、社会資源の整備など、
さまざまな課題に直面し克服していかなければなりません。
そのため、医師、看護師、薬剤師、精神科ソーシャルワーカー、作業療法士など、
各業種がチームとなって患者さんの支援にあたるのです。

私は以前より、精神科医療従事者は特有のストレスが多い仕事だと思っており、
精神科医はもとより、看護師にもホ・オポノポノがすごく有効だと思っていました。
そして私は、自分が働いている病棟スタッフの方たちにも、
自分の体験やブログを紹介したりしていたんですね。

今年の夏、研修担当のスタッフから、
「ぽにょ先生、スタッフ向けのメンタルヘルスの勉強会をしてもらえませんか?」
と、声をかけてもらったのです^^☆
私はとってもとっても嬉しくて、じっくり時間をかけて準備しました。
その勉強会が、少し前に催されたのでした。

 フラワーシャワー
 (結婚式当日、フラワーシャワーを待つ家族の手。
  私たちはもうすぐチャペルから出てきます♪)


・・・勉強会当日、平日の通常勤務の後、夕方行いました。
勤務でないスタッフも何人かわざわざ出てきてくれていて、
とても嬉しかったです。まずはじめに、
「今日は、患者さんのことではなくて、自分自身のことを考える時間にしましょう。」
と伝えて、私は、自分が精神科医を目指したきっかけ、
家族を病気でなくした時のこと、自分の闇の中の体験、
ホ・オポノポノとの出会い、ホ・オポノポノ実践方法などをお伝えしながら、
たくさん質問も出て、みんなで意見交換をしながら、
和気あいあいとした時間を過ごすことが出来ました。

一緒に働いているスタッフといえども、プライベートな話をする機会は飲み会くらいなので、
みんなの反応がそれぞれで興味深かったです。
クリーニングをみんなでやってみる時に、
自分に「ありがとう」と言えない人もいました。
また、ホ・オポノポノではないけれど、寝る前に一日を振り返り、
自分をねぎらう言葉をかけることを習慣にしている人など、
自分自身のセルフケア方法を話してくれるスタッフもいました。

改めて興味深かったのは、同じ病棟スタッフとして働いていても、
「患者さんがこんなに辛い状況なのに、
 自分は病院の外では楽しく自由に過ごす事を申し訳なく思ってしまう」
と自責的になる人がいる一方で、
「患者さんの辛い状況を思えば、退院してほしい、自由を体験してほしい!
 と思い、仕事に対して俄然やる気が出る」
とファイトが湧くという人がいたりと、同じ体験をしていても、
個人の記憶の相違によって、体験する感情が全く違うということでした。
当たり前といえばそうなのですが、それぞれの感じ方や考え方をシェア出来たことは
とても素敵な時間でしたし、皆でクリーニングすれば、
とても素晴らしいことが起こるのではないかと感じたのです。

いつも患者さんのために、アイディアを出し合いチームプレイしている病棟の仲間たち。
時には自分の事をしっかりみつめ、クリーニングすることで、
きっと患者さんたちにも間接的に、大きな影響があるのではないか・・・。
そう、強く実感する体験になりました。

みなさん、いつも、本当にありがとうございます!

 (チャレンジの成果、第3段が続きます♪)

“さいころさん”のご紹介です 

みなさん、こんにちは!

5月の学会記事の続きです。

学会の3日間のなかで、毎日おひとりずつ、
3人の「ホ・オポノポノを愛する精神科医の先生方」にお会いすることが出来た私は、
最終日にC先生にお会いしました。

C先生は「さいころ」と名乗られ、時々ブログにコメントを下さっている方でした。
さいころさんが、ご自身の所属病院や医歴などを含めて丁寧なメールを下さり、

「もし学会に参加するのなら、情報交換しませんか^^?」

と声をかけて頂いたんですね。そこで私は、

「もしかしたら、他にもお会い出来る先生がいたりして・・・」

と思い、お誘いの記事をかきました。
 → 「ヒロシマで、お会いしましょう!」

そのおかげでA先生B先生からご連絡頂けたという経緯があって、
今回の学会での、ある意味キーパーソンでした。

さいころさんは、私よりずっと医歴の長い、大先輩です。
とても背が高い青年のような方で、実年齢よりは10歳くらいお若く見えます。
さいころさんは、トラウマの診療に興味を持っており、
臨床でも治療を行っていらっしゃいます。

私とさいころさんは、5月にお会いしたばかりですが、
これから、東京とそれよりも西側と双方向から、
精神科医療におけるクリーニングを行っていけたらと思っています。

私たちは初対面にも関わらず、不思議とさまざまな話に花が咲きました。
「ホ・オポノポノに出会って、軸が定まった感じがします」と仰っていたのが、とても印象的でした。

私にとって初めての広島は、生命力を感じる素晴らしい街だったわけですが、
  → 「 生命力 」
学会前には、ホ・オポノポノを知った上で広島に足を踏み入れることに、
実は少し不安を感じていました。
そしてさいころさんも、同様の不安と感想をお持ちだったんですよ。
「広島はとても気持ちが良い街ですね」という感覚を共有出来たことが、
何だかとても嬉しかったです。

原爆以降長きにわたり、世界中の多くの人が、
平和への祈りをささげてきた地だからなのでしょうか。。。
祈りの効果というものを、体感できた広島でした。

ではでは、記事でご紹介することを了承して頂いたうえで、
さいころさんの自己紹介です♪


***********************************
 
 ぽにょさんより西の方で精神科医をしているさいころと申します。
 トラウマ関連に関心を持って診療しています。

 精神科医として働き始めて自殺と向き合うようになり、
 人はなぜ自殺してはいけないのかとよく自問するようになりました。
 そうすると、どうしても輪廻転生を受け入れざるをえなくなり、
 スピリチュアルの世界に入ってきました。

 もともと、「地球が生まれた時自分はどこにいたんだろう?」
 と考えるような小学生だったので、素養(?)はあったのかもしれません。

 ホ・オポノポノは数年前から知っていましたがピンと来ず、
 ぽにょさんのブログも約1年前に素通りしています(爆)

 それが、この3月に知人の臨床心理士からの勧めでホ・オポノポノの本を読み始めて
 このブログにもお邪魔するようになり、ホ・オポノポノも少しずつ実践しています。

***********************************


これからもコメント欄で、さいころさんが登場されることもあるかと思います。
みなさん、どうぞ宜しくお願いします。
そしてさいころさん、今後ともどうぞ宜しくお願いします^^


このように、少しずつではありますが私は、
たくさんの同じ志を持つ素晴らしい先生方との出会いが広がっています。

私はこれからまた、色々な取り組みをされている先生方を、
ご了承を得た上でこちらでもご紹介していけたら…なんて思っています☆

私は、このブログでも他の場ででも、
スピリチュアルや代替医療に興味関心をもつ医療従事者が、
互いに切磋琢磨し合い、コミュニケーションや勉強を深める場が作れたら…、
という夢があるんですね。

私ひとりの力や、ブログという形態のものだけでは、
出来ることはまだまだ小さいなあと思います。
小さいけれど確実なことを積み重ねていって、たくさんの人の力が集まれば、
もっと大きなクリーニングに繋がるのではないか、と思うのです。

夢見がちな私にとって、「有言実行」は大きな課題!!
時間をかけてでも、何とか形にしていきたいものです。

みなさんいつも、ありがとうございます。

精神科医療とホ・オポノポノ 

( 訳あって クリーニング強化週間 なため、記事が続きます →→)

ホ・オポノポノの世界観において、この世に被害者は存在しません。
いるのはただ1種類の人間。

 「責任者」だけです。

これって、すごいことだと思いませんか?
そして私が「ホ・オポノポノが精神科医療にとても役に立つ!」と確信しているのは、
この概念が根底にあるからなんですね。

患者さんたちは、病名は統合失調症、うつ病、人格障害、神経症などさまざまですが、
どうしても物事を被害的に捉えてしまい、被害者意識から抜け出せなかったり、
自分は可哀そう…と言う場所から動けず、辛い思いをしている方が多いように思います。

ここに共通して大きく横たわっているのは、
被害者意識」です。

と同時に、最近改めて感じていることなのですが、

 被害者意識と攻撃性は、同時に存在することがあります。

被害者意識が強くなると、人は時にとても攻撃的になってしまいます。
これは、数々の刑事事件などからも分かることだと思います。

攻撃性が自分へと向けば「自傷行為」に、他人へと向けば
「他害行為」へと繋がってしまうのです。

またもう一方の観点からみると、ホ・オポノポノで重要なエッセンスは「感謝」です。
自分に、毎瞬毎瞬のありがとうを。
そして、すべてのことに、ありがとう。。。

小学生の道徳みたいな話ですが本当に、「すべてにありがとう」なのですから。
でも人間はみな、本当に忘れっぽくて、当たり前のことに感謝することを忘れてしまう。
私もず~っと長いこと、そうでした。

「ありがとう」なんて、負けを認めるみたいで言えなかったし、
言うのがとても恥ずかしかったんです。
と同時に、するっと言える人を見ると、とても羨ましく感じていました。

加えて医師になっていく経過のなかで、いつの間にか
「プライド」という重い鎧を自分で装着しましたから、
そりゃあ重くて重くていつも疲れていたし、人生を歩きにくかったのです。

精神科の患者さんが、とても具合の悪いとき、
そこに「感謝」の想いは、残念ながらありません。
代わりにあるのは、強い「被害者意識」と「攻撃性」です。
でも、患者さんが健康さを少しずつ取り戻し感謝の想いが再び蘇ってくれば、
回復へ向かっていくことができます。

しかし、攻撃性や被害者意識は表出している一面であって、
すべての人には本当は、光と感謝と愛が溢れている。
厚い記憶の層に覆われてしまっているから、それを感じることが出来ず不安で、
でも何とか自分自身を守るために、目の前にいる医療従事者を
攻撃するしかないこともあります。
患者さんにとって、攻撃性や被害者意識は、自分を守るための防御なのかもしれません。

だから私は、そういう患者さんの気持ちを理解し、信頼関係を醸成するよう努力しながら、
自分自身のクリーニングをすると同時に、患者さんの記憶を少しでも軽くしたいと願います。
祈ります。

 ごめんなさいね。
 ありがとうございます。
 ゆるしてくださいね。 
 元気になって欲しいと思います。

と、言葉にして出来るだけ伝えるようにしています。
ただ私も、記憶にまみれた人間なので、
批判されたり怒鳴られれば傷付くし、疲れます。
ぐったりして、全て放り投げて寝てしまい気付いたら朝…、
なんて事もしょっちゅうありました。

でもクリーニングを続けているので、回復は早くなっていると感じます。
「すべてが自分の記憶の再生」である、「この患者さんは私のどんな記憶なんだろう…」と、
必死にクリーニングします。

…正直、根気のいる作業です。時間もかかります。
でも治療者が、「患者の問題だから」と諦めたらどうなるのでしょうか。
私は、それは違うと思うのです。

私が医療者としてまだまだ未熟極まりないことは、自分が一番認識しています。
ですのでこれからも、自己研鑽に勤めながら、
クリーニングをし続けていきたいと思います。
ひとりでも多くの方が、私の言葉に耳を傾けて下さるように。

そしてこれは、今後書いていきたいテーマなのですが、
医療はチームワークです。
医師、看護師、薬剤師、作業療法士、病棟のケアスタッフ。
患者さんに直接接するスタッフがみなでコミュニケーションを密にとり、
治療にあたっています。

医師として、リーダーシップを取りながらクリーニングする、
この大変さと充実感を感じながら、日々過ごしています。
(いつも御迷惑御心配などお掛けしている病院スタッフのみなさん、ごめんなさい。
そして、いつも本当にありがとうございます。)

これからまた、ブログでお話出来る範囲でですが、
私の外来や病棟でのクリーニング方法について、
お伝えしていきますね。

今日もありがとうございます。
私は今日休みですが、お仕事の方、本当にお疲れさまです。

みなさん、愛しています^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。