スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロマンション 

みなさん、大変ご無沙汰でした。
だいぶ長い間更新しておらず、ごめんなさい。
おかげ様で、娘も私も元気です。
母乳もちょうど良い量が産生されるようになりました。
体重も気が付けば、出産時よりも10kg減。
母乳ダイエット成功!と、言えるかもしれませんね。
先日無事にお食い初めも終わりました。

震災を契機に色んなことがあって、心境の変化があるのと連動して、
記事のインスピレーションが湧いてこなくなり、
「無理に書くのも違うな~」と思って自然に任せていました。

子育ては日々発見の連続で、書くネタだらけでもあるのですが、
内容が自分の内的世界以外のこと、つまり家族ネタが増えたため、
プライベートな内容をこの場で書こうとすると、手間がすごくかかってしまい、
ついつい遠のいてしまいました。。。
家族を持つということは、それだけ記憶を背負うということなんだーって思いますね。
1人の時よりも、クリーニングが追いつきませんから。

…さて、今日は久し振りにシンクロ~と思った事があったので、
リハビリがてら記事にしてみます。

私のいま住んでいるマンションは、ひとつの階に3戸あり、
我が家は一番奥の3号室になります。
隣り2号室の方は、半年前くらいに引っ越して来られました。
何がシンクロかって、2号室の方が数ヶ月前から、ブルーソーラーウオーターの瓶を
部屋の前の廊下に置かれるようになったんです。

「おーっ、お隣さんも、ポノポノライフしてる♪」

と、心の中で喜ぶ私。。。
このブログを訪問してくれていたらどうしよう!?と妄想してみたり。笑

そして今度は、1号室に因んだシンクロです。
1号室の住人の方、なんと、大学の3つ上の先輩でした!
何度かエレベーターで一緒になったことがあって、
「オヤ、あの先輩に似た人だなあ…?」と思ってはいたのですが、
「まさかね」と、流してきました。
でも先日、1号室の郵便ポストからはみ出ていて、宛名が見えちゃったんです。
そうしたら、まさかだけど、やっぱり!!
1号室さんは、同級生の部活の先輩で、1度くらい話したことがあります。
自分から話しかけたら、きっと思いだしてくれるハズ。
いや~、こんな広い東京で、こんな近くに知っている人が住んでいるとは…。
今度バッタリ会えたら、名乗ってみようと思います^^

…と久し振りに書いたので、オチがない感じですみません。
頻度は減ると思いますが、また更新していきますね。

スポンサーサイト

新幹線に あいらぶゆー 

広島に着き、今日から学会が始まりました。
今、次の講演が始まるのを待っています。

ここで、少し不思議なお話を。。
今回の学会、私は昨日の仕事が終わってから、
新横浜19時過ぎの新幹線で広島へ向かいました。

3月にも神戸で学会があり、その時に神戸在住の 「リアル・セルフ」で豊かに生きる
のちはるさんとお会いして、美味しいランチを頂きながら
素晴らしい語らいをさせてもらいました。

  関連記事 → 「神戸に来ています」
  関連記事 → 「ちはるさんとの対話」シリーズ

それからも、メールやブログで交流をさせて頂いています。
(ちはるさん、いつもありがとうございます!)

新幹線が新神戸に近付いてきたので、ちはるさんにメールを打っていたんですね。
「いま、新神戸で~す」という内容の。

そうしたら・・・。
あれれ?

「停電が発生いたしました。。」と、車内のアナウンスが。
えー、新幹線って停電するの?!
乗りなれていない私はちょっとびっくり。

そしてちはるさんへのメールは、「今、新神戸です」ではなく、
「いま新神戸直前ですが、停電で止まってしまいました~」
という内容になりました。

私のマインドは、明日の研修コースに寝坊しちゃうかな、とか、
このまま一晩車内だったらシャレにならないよーとか、
JRどうなってるんだーとか、
ネガティブな発想がじゃんじゃん湧いてくるので、
必死にクリーニングです。
自分をクリーニングで精一杯。

一方、さすがちはるさん!
「そういう時は、とりあえずついてる!と言っておきましょう◎」
とアドバイスをくださって、私は和ませてもらっていました。
ちはるさんが「新幹線に、アイラブユ~ですね」と仰って
「さすが~!そうだこんな時こそ、自分だけじゃなくて新幹線さんをクリーニングだ」
と、思いなおしました。

他の乗客の方達も、色々な所に電話を入れたりしていて、
車内がイライラ、そわそわのエネルギーだったのですが、

 新幹線さん、ごめんね。
 いつもお疲れ様。
 どうもありがとう。

と、私はクリーニングを始めました。
そして、1時間半後。
停電がなおり、新幹線が動き出しましたとさ☆☆

のぞみさん
  (ちはるさんに、クリーニングしてもらったのでしょうか?新幹線の、のぞみさん)

何が起きていたのかは分かりませんが、
このタイミングと新神戸という場所、面白いなぁと思いました。
ちょっと不思議なお話でした。

これから3日間の学会、しっかり吸収したいと思います。

今日もありがとうございます。
愛しています。

この1か月の繋がりっぷり 

ブログを始めてから、シンクロが日常的になっていて、
記事にすることが減っていた気がします。

この1か月強の、簡単なレビューを

・・・3月下旬。
職場で初めてA先生にホオポノポノを紹介しました。
その際、A先生は、
「ぽにょ先生は、僕の同期のB先生と興味が似ている気がしますね。
B先生は昨年開業されたんですよ~」
と、教えて頂きました。

・・・4月。
私の勤務している精神病院に、C先生という内科の先生が新任でいらっしゃいました。
お話しているなかで、私とC先生は同じ大学出身ということが判明。
そして、私の大学時代のバレー部の先輩でもあり、
内科研修の時に指導して頂いたD先生
C先生は同級生とのこと。
世界は狭いなあと感じました。

・・・4月中旬。
「スピリチュアルな生活とローフード」の講演会を聞きに行き、
ホオポノポノと関係の深い、開業医であるE先生という、
とても有名な先生の存在を知る機会を得ます。
この会の席では、ご挨拶程度でした。

その後、アトリエチャームの畑中さんとのご縁で、ある勉強会に参加させて頂き、
その席にはE先生も参加されていらっしゃいました。
畑中さんとE先生は、とても深いつながりがあるのです。

その会の参加者で医師は私とE先生で、お昼ごはんのとき、
ホオポノポノをどうやったら医療界に広められるかと話していた際に、
偶然にもB先生の話題が出ました。
B先生のことを、E先生も良くご存じの方だったのです。
「私はB先生を、すごく応援しているんですよ~」と。

・・・昨日。
医局でF先生とお茶を飲みながらお話していたときに、
流れでホオポノポノのご紹介を簡単にさせて頂きました。
そのとき、F先生B先生と同期で仲良くされていて、
今度そのクリニックにお邪魔するお話もあるとのこと。
隣のソファではC先生が、お茶を飲んでらっしゃいます。
そして、F先生C先生が、一昨日、
B先生が共通のお知り合いだという話題で盛り上がったとのこと。

なんとC先生は、私の大学の先輩であり、かつての指導医だった
D先生の同級生であり、B先生も、E先生のことも良くご存じで、
ホオポノポノもご存じでした。。。


そんな話題の最中に、医局にA先生が登場。
あっA先生、いまちょうど・・・」とまた盛り上がる。

昨日、研修医時代にお世話になった、先輩のD先生にメールさせて頂きました。

こんどいつか、F先生と一緒にB先生のクリニックを
見学させて頂く機会が訪れるのではないかと夢見ています。

登場人物が多いんですが、分かりましたでしょうか・・・。

こんな感じの、繋がりっぱなしの毎日を送っています





みのさんの秘密 

「午後は○○、思いっきりテレビ」が終わりました。

司会のみのさんは、一週間でテレビ出演時間がすっごく長くて
(朝番組もやってますもんね)ギネスに登録されましたよね。

先月、思いっきりテレビが終了するにあたっての特番
たまたま見ていました。
本番でテンぱった新人アナウンサーさんが、終了後みのさんに猛烈に謝り、
その時彼が、優しくアドバイスしたエピソードが語られていました。

 『大丈夫、今の気持ちを忘れないで。
  初心を忘れていないから、僕もここまで来れたんだよ。』

、と。
もうひとつのエピソード。
みのさんが小さい頃、何か子供らしい些細なことで落ち込んでいたとき、
お父さんが朝食の席(だったかな?)で言った言葉

 『おまえ、なんて顔をしているんだ?
 自分のための朝だ
 お前のための、朝なんだぞ!!』

一期一会的で、いい言葉だなぁ~と、思いました。
特にファンとかでもないけれど、みのさんの見方がちょっと変わりました。
そして、あの尋常ではない元気さの理由が、少し分かった気がしました。

  初心忘るべからず。

  感謝するこころ。

  ありがとうという言葉。

  ごめんなさいと素直に謝ること。

  ゆるして下さいと謙虚になること。

ホオポノポノを介して私が表現したくなるメッセージは、
あまりに当たり前のことばかりです。

でも、当たり前を忘れちゃうのが人間だから、
絶対忘れないように、自分に向かって書いてます。
それを読んで下さる方がいることを、とても嬉しく思います
本当にありがとうございます。

生きているだけで、素晴らしいこと。

本当はそれだけで、誰もがミラクル体験記なんですよね



偶然の再会 

先日、ATMに並んでいたら、
見覚えのある人が・・・。

「・・・K美さん?」
「え~、ぽにょちゃんじゃなーい!」

彼女は、1年半前にあるワークショップで一緒になり、
それ以降、時々連絡をとるお友だち。
でも実際に会うのは、そのワークショップ以来です。

この半年ほどバタバタしていて、やっと落ち着いてきたので
そろそろ連絡したいなあと思っていた矢先、
彼女が目の前でATMに並んでおりました

私の住んでいる駅に、たまたま勉強会で来た帰りとのこと。
しかもちょうど、次の予定をキャンセルしたところ。
私も時間に余裕があって。
あら目の前に、スターバックスが

お互いの1年半の出来事を、夢中で2時間話し続けました。
というか、私がしゃべりっぱなしでしたね、ごめんなさい。
聞いてくれて、ありがとう。

楽しかったです。
ゆっくり報告出来て、本当に良かったです

あーびっくりした。。。

今度は約束して、またお茶しましょうね!

靴と話せる店員さん 

休日に某百貨店を歩いていたら靴のショップが目に入り、
ふと立ち寄りました。
可愛い店員さんが近付いてきて、商品の説明を始めてくれたのですが

  「この子は、牛革ですごくやわらかいんですよ」
  「この子たちは、全部職人さんの手作りで・・・」
  「この子は、アメリカ女優の○○がとても愛していたモデルで・・・」
  「この子たちは、本当にかわいいんです!」

靴を、「この子」と呼び続ける彼女。
靴が本当に好きな様子で、ひとつ質問すると10くらい答えてくれます。
私が試着する隙もなく、「この子は~」「この子の特徴は・・・」と紹介が続きます。

この感性はもしやと思い、

  私   「あのー、靴のこと、この子って呼ぶんですね」
  彼女 「そうなんです~良くお客さまに言われるんです」
  私   「もしかして、靴と話してます?」
  彼女 「(はっという顔をして)・・・はい」
  私   「やっぱり。ちなみに、植物とか木とも話せたりします?」
  彼女 「・・・はい(ニヤリ)」
      「私と母で、どのくらい、枯れかけた植物をよみがえらせたことか!」

あっ、みつけたー!と、嬉しくなってしまいました。

  私   「どういう感じなんですか?日本語で話しかけてくるの?」
  彼女 「いいえ、言葉というよりは、フィーリングですね。
       ああ今日は嬉しいんだなあとか、悲しいのねとか」
  私   「ほっほお~・・・」

しばらく、靴以外の話でかなり盛り上がり・・・。
ホ・オポノポノのことを話そうかとも思ったのですが、
他の用事で急いでいたのと、店員さんに用事がありそうなお客さんがいたので、
「また来ますね」と、後ろ髪引かれる思いで去りました。

靴屋さんでの、楽しいひと時でした。
もの造りや販売に関わる方たちは、こういう感性の方が多いのかもしれません
素敵ですね。

といっても、こんなやりとりをしたのは、今回が初めてでした。
これも、ホ・オポノポノのミラクル体験記ということで

次に行ったら、また色々話してみよー!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。