スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を見下すということ 

最近、自分のメモリーの中で「他人を見下す」ということを
とても強く感じる場面がありました。
今日はこの事について、考えてみようと思います。
これは一見、見たくないやりたくない作業のようなんですが、
最近のブログでお伝えしている、ネガティブな要素こそちゃんと愛そう、
というコンセプトの下、ちゃんと直視してクリーニングすることで、
より光が強まるということを理解したうえで、やります^^

さて、このブログでも何回もお話していますが、私はホ・オポノポノに出会う前、
とても混沌とした状態で、体調もすこぶる悪く、仕事に対しても
どうやって患者さんと向き合っていけば良いのか全く分からないという、
迷路の中にいました。
医者であるということに対して高慢ちきで、プライドも高く、
だからと言って、自分がどれだけの事をやれるんだ、やってきたんだというと、
お粗末な事しか積み重ねて来れていませんでした。

世間一般からしてみれば、医者になったということは
それなりの努力をしてきたかもしれませんが、
そのことで“お山の大将”になったような気持ちでいたんですね。
我ながら一言でいうと「性格が悪い」という感じでした…イタタタ…。

ただ、それなりに上手く取り繕えていましたし、
根本からの悪人ではないとは思うので、社会生活はそれなりに出来ていました。
友人や同僚や上司から見たら、それなりに「良い人」「良い先生」
だったかもしれません。
この未熟さの根源のひとつに「他人を見下すというプライドの高さ」があったんですね。
またその裏側には対となって、「根強い自己卑下」も存在していました。

(プライドと自己卑下の関係性に関しては、「ネガティブを愛する生き方」の
 伊藤美海先生の、3冊目の著書に詳しく解説が載っています。
 まだブログの記事としてはきちんとご紹介出来ていませんが、
 ご興味のある方はぜひご覧下さいね!
 「ネガティブを愛する生き方」→「人格統合vol1」→「人格統合vol2」
 の順で読むことをお薦めします。)

 

人格統合 VOL.2人格統合 VOL.2
(2010/06/10)
伊藤 美海

商品詳細を見る


クリーニング生活を始めてからは、人を見下す感性については
存在すら感じなくなっていて、本当に生まれ変われたと思って過ごしていました。
しかしこの世の中の誰かの中に「人を見下す」という概念が存在している以上、
集合意識で繋がっている私の潜在意識の中においても、
消えてなくなるということは、ありませんでした。
メモリーを受け入れ、祝福し、消去していくことがホ・オポノポノですが、
人が人として生きていく以上、記憶がまったく無くなるということはありません。
まったくメモリーがない状態とは多分、「死を迎える」とかそういった
次の段階へ行く時だと思います。
(ですから、ヒュー・レン博士だってKR女史だって、
未だに毎瞬毎瞬クリーニングしているのですよね!)

ホ・オポノポノの世界観で、世の中を観て生き始めると、
メモリーは完全にはなくならないけれど、クリーニング以前のように、
無意識にメモリーにコントロールされてしまうということは減ってきます。
インスピレーションによってメモリーに気付くことが出来、
「わたし」のなかでクリアにする機会を与えられるのです。
そこにこそ、人間としての成長があります。
見つけたメモリーに対しては、

「あんた!まだそんな所にいたの!
 大嫌いよ、もう出て行ってちょうだい!」

という気持ちが湧いてきてしまうことも多々あるのですが、
それをもクリーニングして、

「ああ、まだ私のなかにこんな、人を見下すなんていうメモリーが残っていたんだね。
 気付かせてくれて有難う。
 あなたがそこにいるってことに、ずっと気付かなくて本当にごめんなさい。
 あなたなりに、肯定的意図があって、そこにいてくれたんだよね。
 私を守るために、長い間そこにいてくれたんだよね。
 辛い思いをさせてごめんね、ガンバっていてくれて有難う。
 もう大丈夫、手放していいんだよ。
 愛しているよ…。」

と、クリーニングをしていきます。
クリーニングとは、ウニヒピリ=インナーチャイルドを労ることでもあり、
それってつまり、自分の中での子育てですよね。
子どもに対してどうやって接していくか、育てていくかと考えた時、
自分のウニヒピリに対しても優しくなれる、優しく在りたいと思います。

さて、今回私に起きたことは、数年前なら相当な「がーん」というショックで、
数日は引きずるであろう出来事だったのでした。
でも今回は、ほんの短時間で自分のなかで対処することが出来、
すっと気持ちも軽くなることが出来、自分でも驚いたのです。
そしてこの驚きの体験を、とりあえず皆さんにシェアしたい、
と思いPCに向かいました。

人を見下すというプライドの高さに関しては、
まだまだ自分の中でのクリーニングが必要だと感じます。
それに今後また、何かのスイッチの加減でその記憶が再生される時も、
必ずあるでしょう。
でもそうしたら、早めに気付いて早めに対処してあげる。
今回よりも深く深く見ることが出来れば、もっと奥まで入ってクリーニングしてあげる。
それが私に出来る最善のことだと感じます。
そして、それで良いのだとも思います。

クリーニングとは、記憶を消去しゼロを目指すことが最終的な目標ですが、
本当にゼロになるということはとても困難なことで、
目標をぶれずにその方向を見定めつつ、至らない自分をありのままに受け入れながら、
慈しみ、愛し、そして努力を重ねていくことだと思います。

この道は、ちょっとしたイバラの道だなあって思うんですね。
ひとりSMのような・・・。笑
でも人間は、“痛気持ち良い”という感性に立った時に、
飛躍的な成長を遂げるのだとも思います。
たとえば一流のスポーツ選手の姿にも、その感性を見ることが出来ますよね^^
(昨日のサッカー日韓戦、すごかったですね!)

今日は、人を見下すというメモリーのパターンから波及して、
色々と考えてみました。
まだまだ問題の根本にまでは届いていませんが、
今日はここまでとします、機会があればまた書きます。

みなさんのクリーニングのお役に立てれば幸いです。
ありがとうございます☆

スポンサーサイト

ひとりひとりがギフト 

最近自分の根深いメモリーと出会って、感じたことがあります。

結論から言いますと、
ひとりひとりがギフトであって、誰もがかけがえがない存在』ということ…。
まわりまわって、そのことを実感したのでした。

例えば私は、このブログを通して皆さんにホ・オポノポノのエッセンスを
伝えたいと願っているわけで、例えばホ・オポノポノと出会いたての方に対しては
先輩?というかお姉さん?であり、リードしてあげたいと猛々しく望んでいます。

でもだからといって、いつでも完璧でいられるわけないし、
ZEROの状態でもないし、根深いメモリーによって右往左往して生きています。

でも大事なのは、そんな自分を「ありのままに受け入れている姿
をここで表現することかなって思います。
ごめんね、ゆるしてね、ありがとう、あいしてるって、
自分をありのままに受け入れやすくする魔法の言葉ですから。

だから私は例えば「この人、精神科医なのに、ぷぷぷ~」
と笑われても良いのです♪
私はこの場所で、以前からずっとずっとやりたかった、
自己表現という自己実現を果たしているのですから、それだけで幸せなのです。

ちょっと話は戻って、ひとりひとりがギフトというお話。
たとえば、私は病院のなかでは、一医局員にすぎません。
病院という組織には色んな重役の方がいらっしゃるので、
いわゆる平社員ですね。

でも、組織ってピラミッド構造をしていますよね。
ピラミッドの先端にいる人は周りを照らし、リードする。
下層は、組織を下からしっかり支える。
中間層は、その間の橋渡しをする。
それぞれがかけがえのない役割を、担っているわけです。
だから「私のような平社員が…」なんて自己卑下するのは違いますよね。
ピラミッドは、どこかの石が欠けたら崩れてしまうかもしれない。
そういう意味では、下層の石こそが組織を支えるには重要かもしれません。

日本という社会を構成している全ての人々、
世界をピラミッドとして例えてみたら、全世界の人々。
みんながみんな、それぞれ必要だからいるのです。
不要な人なんて、誰ひとりいない。
されに、同じ時代に、同じ地球に生まれただけで深い深いご縁。

そんな風に思ったら、自分の価値をすごく重く感じるし、
苦手な人だって、好きになれるかもしれませんね。
イイ人だけではこの世は成り立ちません。
水戸黄門でも、悪役がいないとバランスがとれませんから。

こういった、結構当たり前なことに最近改めて気付かされて、
とても幸せな気分になったのでした。
それもこれも、自分の根深いメモリーと出会ったおかげです。
宝物はいつも、暗闇のなかに眠っています

みなさん、今日もありがとうございます。
風邪をひかないように、温かいもの食べて下さいね♪
今日あなたと出会えたことに、感謝します☆

手についたその砂を 

先日、ある先輩精神科医とお話をしていた時に、
話題に出たことをご紹介しますね。
色々というお話しているなかで、その先生がこんなことを仰ったんですね。

 人生に失敗はないんですよ。
 全て、その後どうするかで学べるものが必ずあります。
 転んで手に砂がついたっていい。
 時には、手に付いたその砂を、
 振り払わずに大切にしていれば、
 宝物に変わることだってあるのです。。。

 光に変わる

私も実体験から日々、失敗の中から学べることって本当に大きいなぁと
思っていたんですね。
そのことを、とても素敵な言葉で表現されていて、
「素晴らし~!!」と、感動しました。

失敗の要因をみることって、とてもしんどい作業だし、
自分の至らなさとか甘えとか依存とか、
ネガティブな要素をたくさん見ることになるから、
目をそむけたくなる人が多いと思います。

私も以前は、失敗が怖くて、保身に走る人間でした。
その時は、失敗しないことが人生の幸せだと思っていました。
浅はかなんですが、キャリアを積むとか、良い成績を残すとか、
人に凄いねって言われるとか。笑

しかし、本当の幸せ、つまり、自由を手に入れて
ほんとうの自分になって豊かに生きるためには、
それぞれの人が乗り越えなくてはいけない課題があって、
人間はそれを自分で設定して生まれてくるので、
学びが進まないようだと敢えて、学びが進むようにと、
カルマのスイッチが入るような出来事が起こることもあります。
失敗したり、恨んだり憎んだりする体験をするようなことが起きます。

しかし、大きな病気をした人、苦労をした人で、
真正面から向き合って努力して乗り越えてきた方とかって、
とても強くて安定していて揺るぎない人間の輝きを持っていますよね。
それは、ご自分のなかのネガティブを愛し、包み込んで、
乗り越えた体験があったからではないでしょうか。

一見、ネガティブなもののなかに、宝物が埋もれていると、
私は思っています。
私自身が、ネガティブいっぱい、闇いっぱいのなかで、
ホ・オポノポノと出会えたからこそ、輝きがより鮮明に理解できたのだと思うからです。
(もし出会いが太陽の下だったなら、
「ありがとう」「愛している」かあ。ふう~ん。
100%自己責任?とんでもない!というくらいの反応だったかも。。
そして、ブログも始めていないかもしれません。)

それに、ポジティブなものもネガティブなものも本当はすべておんなじ、
光であり、大きなチカラです。(そうですよね、ちはるさん!)

転んで手についたその砂にさえ、
「ありがとう」「愛しているよ」という想いで慈しむ。
そうすることで、砂がダイヤモンドに変わってく。。。

せっかく手についた砂をすぐに振り払って、
何事もなかったかのように歩き出してしまうと、それはもったいないかもしれません。
それにまた、同じ転び方をしてしまうかもしれませんから。

手についたその砂を、ダイヤモンドの輝きに変えられるのは、
私たち自身なのです。

 
ダイヤモンド

あなたのなかのダイヤモンドの原石探し、
私と一緒に始めましょう!!

世界はふたたび輝く 

ホ・オポノポノを知った頃、私は真っ暗闇のなかにいました。
行くべき方向は分かっているけれど、どうしたら良いのか分からない。
行く自信も、まったくない。
自分の存在すらあやふやで、曖昧でした。

これから来る未来は不安と恐れの塊のように思えたし、
怖さに押しつぶされそうで、世界が今にも壊れてしまいそうな、
そんな感覚で毎日を過ごしていました。

2009年1月某日。
某書店で「みんなが幸せになる ホ・オポノポノ」と、運命の出会い。
クリーニングを始めたその日から、
私の世界は再度、“かたち”を持ち始めたのです。

バラバラで、ふにゃふにゃで、輪郭のなかったあやふやなものが、
命が吹き込まれ、徐々に形を持つようになり、希望の光がみえた。

暗闇のなかから見る光は、とてもとても美しいものでした。

 P1000446_convert_20100411001222.jpg
  (天国のような、ハワイの夕日。溜息が出ます。)

それからは、分断されていた認識が少しずつ自然と繋がっていき、
理解が深まり、確信へと変わる。
自分が行きたい方向がちゃんと分かり、そこへ向かう手段が、
インスピレーションで分かるようになる。
そういう日々のなかで、世界は色づき始めました。
その過程の記録を残しておきたくて、素晴らしさを伝えたくて、
無我夢中で模索しながらブログを始めました。

たくさんの出会いと、笑顔と、優しさが、そこにありました。
それは、どんなに幸福なことだったか。
言葉では言い尽くせません。

世界はふたたび輝いて、美しい輝きを増して、
私の元へ戻ってきたのでした。


さらに、自分の顕在意識では発想できかった素晴らしきものと伴に、
私の世界は“いのち”を持って、動き出しています。

そしていま私は、あなたと繋がっています。
あなたと私の世界の輪郭同士が、いま重なっていて、
今ここに、錬金術を起こせる瞬間があります。

ぽにょさん、ブログを書き続けてくれてありがとう。
ぽにょさん、愛しているよ。

私と一緒にクリーニングを続けましょうね!
お互いの世界をさらに輝かせて、
この世界を、光でいっぱいにするために。
世界を本来の姿に戻すために。

 今日もありがとうございます。
 今日も愛しています。

クリーニングと闇 

みなさん、こんにちは。
すっかり春で、うららかなひざしですね。
東京では今日、桜の開花宣言が出ました
今年の桜…楽しみです♪

さくら

さて、今日の話題は、春の麗らかさとはちょっとイメージが離れますが、
「自分の闇を愛することと、クリーニングについて」を、考えてみますね。

私は基本的に、ポジティブシンカーです。
ただ長い事、「ポジティブシンカー過ぎた」んです。
物事の良い方ばかりを見る癖がついていて、バランスを崩したのです。
(この時期のことは、時が来たら詳しくお伝えするつもりです)
それはまるで、メモリーの負債を負ったという感じでした。

物事の判断をせず、ありのままを受け入れることって、
とても大切ですよね。
なのになぜ、ぽにょは敢えて「闇」というネガティブな表現をするのか?と、
疑問に思う方もいるかもしれません。

「引き寄せの法則」でいえば、意識を向ける方向にエネルギーは集束するので、
出来るだけ、「良い事」を考えて、「良いイメージ」を持って、
「良い気分」でいましょうと、言います。
それには、まったく賛成なのです。

私が伝えたいなあと思うのは、物事に判断は必要ないけれど、
私たちが自分のなかで「闇」と感知している部分に関しての
問題提起なんですね。
誰にでも、闇と判断を下すことによって、あなたの人生から締め出していることが、
少なからずあるはずです。
もちろん、私にもありました

そして私は、長い事その闇を見ないようにしてきたんですね。
ようするに、「無視」と「無関心」と「なかったこと」を貫いてきた。
でもそれは「愛」とは真逆の行為でした。

そしてある時に、その「闇」に足をすくわれてしまったんです。
そして、奈落の底に落ちるような体験をしました。
ポジティブシンキングすることによって、見ないようにしてきたものからの、
反逆を受けたわけです。
私に起きたこと それは、『内部崩壊』でした。

内部崩壊

そんななかで私はホ・オポノポノに出会ったのです。
そしてクリーニングを続けていたら、
徐々にニュートラルになることが出来ました。
そして、ゼロへと辿りついた。
ニュートラルな視点から世界を見た時に、初めて知ったのです。

 「闇を愛することで、至高の愛に触れることが出来る」
 「闇になかにこそ、宇宙があった」

と、いうことを

闇についての考察は、さらに深いところへ・・・

相手の闇をも愛する 

今日は、私が尊敬する先生の言葉から、
とても深く考えさせられたものを、ご紹介したいと思います
みなさんにも、何かのヒントになれば幸いです。

その、言葉とは。

相手への嫌悪感を受け入れ、相手の闇をも愛すること。
 それが、愛である


…と。
いかがでしょうか?
身近な家族や恋人で考えれば、分かりやすいかもしれません。
「ダメなところもひっくるめて、あなたが好きよ」、みたいな…
でも普通、他人の闇を愛するってとても難しいことですよね

人は、自分と異なるもの(肌の色、言葉、思想、宗教など)を、
批判して排除することは得意ですね。
それは人類の歴史上、自分たちの命を守るために必要であったかもしれません。
そのことにも必ず、肯定的意図はあったのです。
でも、時代は変わりつつあります。
ホ・オポノポノが、日本に上陸する時代ですから!

新しい時代には「自分たちを守る愛」から一段階抜けて、
相手をも自分の一部として包み込んでしまうことができる。
そんな「より深く広い愛」を、手に入れる時代かもしれませんね。

愛って…、良いことばかりじゃないと思います、きっと。
問題の要因の99%が相手側にあると思っても、
その問題の責任を100%負う、つまり、
自分の問題として引き受ける努力をするという、ホオポノポノの視点に立つこと。
これこそ、愛ではないでしょうか。

相手を理解して愛するためには、相手がそうせざるを得ない理由を
相手の立場になって考える、想像力が必要です。

まずは言動の裏にある、肯定的意図を理解しようとしてみて下さい。

そして、その問題の裏に潜む、相手のウニヒピリを感じてみて欲しいのです。
それが相手への『思いやり』ということです。

…ここで、注意してほしいことがあります!
もしあなたが相手を「かわいそう」と感じたなら、
それは、相手のウニヒピリだけでないことも、あるんですよ

あなたがその痛みに気付けたということは、
あなたのそばに、共鳴するメモリーを持った
あなたのウニヒピリがいるかもしれない、ということなんです。
だとしたら、「可哀そう」は相手ではなく、100%あなたの問題なのです。

どうかそれに、気付いていて欲しいんです。
相手の問題を通して発信されている、あなたのウニヒピリからの、メッセージに。

もし気が付けたら、ホ・オポノポノで愛してあげて下さいね。

 気がつかなくて、ごめんね。
 放っておいて、ごめんね。
 こんなお姉ちゃんを、ゆるしてね。
 助けを求めてくれて、ありがとう。
 これからはちゃんと、あなたを愛していくからね。

・・・と。
そっと 抱きしめてあげて下さい。
あなたのウニヒピリは、なんて言っていますか
どんな様子ですか・・・?

あなたは深いところから、癒されてゆくでしょう。
問題を抱えていた人との関係性も、
適切に流れだ出すことでしょう。

まずは相手への嫌悪感を受け入れることから、始めてみてください。
でもね、すぐに出来なくてもいいんですよ。
受け入れられない自分を、「ありがとう」って、受け入れてくださいね

もし、相手の嫌悪感を受け入れることが出来たのなら、
相手の闇をも愛そうと、努力してみてください。
その努力を通してあなたは 「愛の器」を広げることが、
出来るかもしれません

すべてがギフトなんです。
なんと、嫌悪感、すら!


みなさん今日も、ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。