スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“偽善かも” と思う瞬間 

みなさん、こんにちは。
再開しますと言ったものの、ゆっくりペースですね。

ホ・オポノポノを知ってクリーニングを始め、現在は人格統合を学んでいる私ですが、最近すごく色んな気付きがあります。

以前に 「謝りグセ」 という記事を書いた時すごく反響があったこと(ちょっとしたブログ炎上でしたね、ももさん)と、似た内容だと思いますが、改めて。

私は自分に対して4つの言葉を習慣化することにより、人に対しても「ありがとう」とか「ごめんね」と素直に言えるようになりました。

それ自体は良かったんですが、何を問題と感じているかというと、

 「何だか言葉が軽い」
 「思ってもないのに、ありがとうとかごめんなさいとか言い過ぎてやしないか」

ということ。

 「これって偽善かも」

って感じる瞬間が出てきたんです。

本心から言っているのなら何も問題ないけれど、私のように感じている方っていませんか?
思ってもないのに謝ったりすると、後でトラブルになりかねず、実際に私は幾つかトラブルを起こしてしまいました。

無意識にやっていると怖いので、皆さんにもちょっとだけ、気を付けて過ごしてみて欲しいなと思います。

 「私、本当に、ありがとうって思ってる?」
 「私、本当に、ごめんなさいって思ってる?」

と。

スポンサーサイト

流れに乗ることと、自由意思 

ホ・オポノポノをしていると、人生が適切に「流れていく」といいます。
適切なチャンスが巡ってきたり、出逢いがあったりすると私は感じていて、
実際にクリーニングを始めてから、そのような機会が何度もありました。
夫ともある意味、“ご縁”というチャンスを実らせたのだと思いますし、
娘も私たち二人の縁に引き寄せられて、魂の世界からこちらに来てくれたのだと思います。

しかし私はまた、大きな勘違いをしていたみたいです。
この4月から私は、あるスクールに通って勉強しようと準備をしていました。
そこで学ぶことは、何年もかけて望んでいた事でした。
しかし、震災の影響や産後間もない状況だったため、どんどん条件が厳しくなってきて、
今年はスクール受講を諦めるという判断をしました。
運命の流れが「今年は無理みたいですよ」と言っているように感じたので、
産後でしんどい事も理由にして、
私はあっさりリタイアしてしまったのです。

しかしその後不思議なことに、厳しくなった条件がどんどん改善していき、
「もしかしたら通えたかもしれない」という状況になっていきました。
だから今、とても悔しい思いをしています。
「こんなことなら、手放さなければ良かった…」と。ばかみたいですが。

100%の自己責任で考えた時、
これは、「宇宙からのテスト」でした。

 「あなたはこの困難な状態に対して、意思を貫きますか?」
 「貴方の目標に対する思いや意思は、どれほどのものでしょうか?」

と試されていたのだと。
私は、ホ・オポノポノをしているにも関わらず状況が厳しくなるということは、
「今はまだその段階じゃない」というメッセージという解釈をしてしまったのですが
(そういう考え方や生き方もあるかもしれないけれど)、

自分が引き寄せたチャンスや流れを、状況がどうであっても
「やるって決めたらやるんだ!」という強い意志で貫くことも出来た。
やるか、やらないかは、私の自由意思にかかっていた。


のです。
そのため私は、そのスクール受講はまた1年かけて準備をすることになりました。
絶対に行きたいので、いわば、浪人です。
今年学びたかった…、とても悔しいです。
自分にガッカリですし、
周囲を振り回してしまいました。
これからは文字通り、「悔しさをバネに」頑張る以外ありません。
またゼロから信頼を築き上げていくしかありません。

だから私は、今回の失敗からしっかり学びます。
これからの人生は、「流れに乗っていく」というただ受身の姿勢ではなくて、
クリーニングによって引き寄せた流れやチャンスを、
 
 自由意思で、この手で掴み取る!
 そして、結果を出す!!


そういう人生にします。
「流れていく」って聞けば響きは良い気がするけど、
「流される人生」は、嫌じゃないですか。
こういう風に解釈してしまったのは、私の記憶の責任ですが。

ホ・オポノポノは、
「人生の流れに乗って、スイスイと生きていくことが出来る。」
と同時に、
「”わ”たしの100%の責任、“わ”たしの自由意思により、
 チャンスを掴める時もあるし、逃す時もある。」
のですよね。
・・・うーん、当たり前ですね。
ただ、私の考えが甘かっただけです。

今回のことでは、私自身大変悔しい思いをしましたし、
たくさんの方々にご心配をかけ、ご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。
ただ、今回の体験を通して、ホ・オポノポノの解釈が深まったので、
この学びを無駄にはしたくないと思い、皆さんにもお伝えします。

ホ・オポノポノは、シンプルだからこそ解釈が個々人の記憶の影響を受けやすく、
落とし穴がある気がします。
ここは、ホ・オポノポノを掲げているブログなので、
また何か気付いたら、みなさんと共有していきたいと思います。
みなさんも、何かお気付きの事があれば、教えて下さいね。

…なんか、目がチカチカしてきました。
産後はあまりPCやらない方が良いと聞いたので、そろそろ寝ます!

力を抜く大切さ 

みなさん、こんばんは。

今日私は、ある勉強会に初めて参加してきました。
とっても充実した心があたたまる時間を過ごす事が出来、
また今の自分自身を客観的に感じることが出来ました。
みなさん本当に、ありがとうございました!

私は昔から、力を抜くことが割と苦手なんですね。
力を入れ過ぎたり、かと思えば反動で緩みすぎたりもしてしまいます。

私にとってホ・オポノポノは、本当に素晴らしくて大好きで
感謝してもしきれない大切なものです。
だからこそ私はホ・オポノポノを精神科医療に紹介したいし、
世の中に広まって欲しいと強く願っています。
ですから自分に出来る事として、ブログ上での表現をしてきました。

そしてこれからも、ブログをリニューアルしたいし、
見やすいようにホームページにもしたいし、
もっとみなさんが意見交換しやすい場を整えたいなぁなど、
思う気持ちは強まるばかりです。

…とはいえ同時に、私自身の課題や仕事や家庭もある中で、
自分を擦り減らしてまでやるのは本末転倒だ、
とも感じます。

そんななか今日気付かせてもらった事は、ちょっと最近
力が入っているなぁ…という事でした。
それに、想いが熱くなり過ぎることで、かえって伝わりにくくなることも
あるかもしれません。
「好きだ好きだ、とにかく好きだー!」と熱く告白すれば恋が成就する…
というわけでもありませんしね。笑

 力を抜く。
 リラックス。
 等身大。
 自然体。
 続けていくこと。
 周りに協力を求めること。
 かつ、目標を見失わないこと。。。

色んなバランスを大切にしながらも私は、
「ホ・オポノポノを愛する精神科医ぽにょ」である事に
誇りを持って歩いていきたいと思います^^

そして、いくら気持ちばかりが強くても、私一人の力は小さなものです。
今後は読者の皆さんにも、何らかの形で「お力を貸して下さーい!」
とお願いする時が来るかもしれません。
その時はどうぞ、宜しくお願い致します。

みなさんいつも、ありがとうございます。

主語は「わたし」 

みなさん、こんばんは。
記事が続きます。

ホ・オポノポノ生活をするようになって二年。
様々な変化が、自分の内面的にも、そして環境的にも起こりました。
そんな中で、最近「本当に変わったなあ」と感じることがあったんですね。

それは、「主語がわたしになった」ということなんです。
どういう事かと言うと、それまでの私の台詞というのは、

「誰誰さんがこう言っていました。」
「両親ががこう言うんです。」
「○○先生が、こう仰っていました。」

…と、誰かの言葉をそのまま伝言している、伝書鳩のような所がありました。
その分、いわゆる事務的な仕事はとても得意でしたし、信頼もされていました。
自分で勝手に解釈して自分の言葉で伝える、ということをしませんでしたから、
指示を出す側としたら安心だったと思います。
まったく自分で考えない訳でもないので、そのスタンスでいて大丈夫な時期は
結構長く続いていました。
しかし、2年前のスランプに陥った時の状況を振り返ると、
「指示を出してくれる人がいないと、どうして良いか分からない」
という自分に気付いてしまったんですね。
ずっと周りの環境に甘えて依存してしまっていたから、
自力がまったくない医者だったのです。
こんなドクター、嫌ですよね。。。
診てもらいたくありませんよね!

最近また、目上の方からアドバイスを頂く機会が出てきているのですが、
今の私の変化は、アドバイスを一旦受け入れてみてから、
自分の中でクリーニングし、吟味して、インスピレーションを得ようとします。
そして、○○さんがこう言ったから、ではなく、
自分の全責任で自分の言葉で伝えていこうとするようになりました。
この事は、ものすごい変化だなあって思ったんですね。

つまり、以前は事務能力バッチリだったけれど、自分で考える力が弱かった。
でも今は、他者からのアドバイスや苦言を一旦自分の中で取り入れて吟味し、
より洗練された形でアウトプット出来るようになってきたのです。
しかも、主語が自分ですから、何かトラブルに繋がったとしても、
自分で責任をとることになるのです。ですから、
「○○さんがこう言ったから…」なんて言い訳はしません(出来ません)。
社会人として当たり前の事が、やっと出来るようになったと思います。
それくらい、以前の自分は未熟だったということでもあるのですが、
その未熟さから少しずつ成長することが出来ているのです。

主語はわたし」。
この事は、近々書く、産業メンタルヘルスの記事につなげたいと思います。
少々お待ち下さいね♪

嬉しかったこと 

みなさん、こんばんは。

先日、宗教に関する記事を時間をかけて書きあげ、
「書いたぁ~」という感じで、ちょっと気が抜けていました。

  → 「ホ・オポノポノと宗教」
 
今日はカジュアルな話題として、最近知って嬉しかったことを
みなさんにもシェアしますね^^

以下に、4人の女性タレントさんを御紹介します。
みなさんもご存知の、第一線でご活躍の素敵な方達です。
とっても綺麗ですね♪

私、この方達の共通点を最近知ったんです。
さて一体何だと思いますか…?


   藤原 紀香さん  
  藤原紀香さん

  
   道端 ジェシカさん 
  道端ジェシカさん


  長谷川 理恵さん 
   長谷川理恵さん


   吉川 ひなのさん  
   吉川ひなのさん

答えは・・・、

  雑誌やご自分の書籍の中で
  ホ・オポノポノを紹介している方達


なんですよ^^!
この方々の、今後のクリーニングとそのご活躍がとても楽しみですね。

もっともっと、医療界にもクリーニングが広まりますように。
私も美を磨かなくては!ですね。笑

プライドが高いのは私 

みなさん、こんばんは。
新月の願いは書きましたか? 関連記事 →  「新月の願い」
ぜひ楽しんで下さいね!

最近、ある出来事をきっかけに色々と感じることがあったので、
みなさんにシェアしたいと思います。
それは、他者に対する憤りの気持ちから始まったんですね。
登場人物を、私、Aさん、Bさんとしますね。

私は、Bさんに対するAさんの態度が、ものすごーく、
イライラムカムカしてしまったんです。
そんな時は「得意のクリーニング♪」のはずなんですが、
頭で分かっていても、すんなりいかない事は多々あるもので…。
人間は記憶にまみれた存在で、私もまさに記憶まみれなのです。

ちなみに私がその時にAさんに抱いた感情は、こんな感じでした。
ちょっとえげつないですが。

『まったく、Aさんのプライドって何て浅はかなんだろう。
 自分を良く見せることに執着し、都合の悪いことはひた隠すことがそんなに大切だろうか。
 ダメな部分を見せることで自分から離れてしまうことを恐れて、
 保身と嘘のよろいを着ることは、そんなに死守すべきことなんだろうか。
 ほんっと、下らないプライド…』

こういう時に私は、我慢せずに感情を感じ切るようにしています。
抑圧してしまうと、エネルギーが歪むからです。
感情的に吐き出して冷静になったあと、私はふと気が付いてしまったんです。

 どうしてそんなに私自身が反応したのか。
 いらついてムカついてしまったのか。

(こういう時は、ホ・オポノポノを知っていて本当に良かったと感じる瞬間です。)

私は、Aさんの態度に 私のメモリー をみつけてしまったのです。
つまり、Bさんに対して都合良いところだけで取り繕っているのは私自身でもありました。
Bさんに、自分の闇を見せていないのは私自身だったのです。
都合良く見せて気に入られて、嫌われないようにと保身に走っていたのでした。
そんな自分がいたから、Aさんの態度を見てイライラしたのでした。

 愕然…。

でも、深ーく納得する自分もいました。
最近、Bさんに対する自分の態度について問題視をし始めていた所だったからです。
現時点で問題が生じている訳ではないけれど、
「このままではいけない」と、感じていたのでした。

だから、クリーニングしました。
Aさんに憤りを感じたことを、Aさんに申し訳なく感じ始めました。
Aさんの態度にも問題はあるとは多少思うのですが、
私がAさんに指導するのならば、まずは自分自身が実践出来ていなくてはなりませんよね。
とにかく自分がクリーニングしなくては、と思ったのでした。

そして、これから…。
私は行動に移していきたいと思っています。

Aさんに「Bさんに対する態度を改めた方がいいよ」とアドバイスするのはお門違いであり、
私自身が、Bさんに対して誠実になろうと思うのです。

私は、リアルな体験として言動でクリーニングしていくことは、
何倍も何倍ものクリーニング効果があるのではないかと思っています。

結果を出して、みなさんにご報告しますね!!

みなさんもぜひ、誰かにムカついたりイラついたりと反応する場面があったら、
自分の記憶が再生されているのではないかという視点で、
内面を探ってみてくださいね。
きっと、大きなギフトが待っていますよ☆

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。