スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご飯を残してはいけません 

学会とは関係なのですが、ヒロシマについた翌日、
食事を残してはいけない」ということについて、インスピレーションを感じました。
ヒロシマとの関係は、ちょっと分かりませんが。。。。

私たちは、小学校から給食を食べて育ってきました。
みんなが同じメニューで、一定量。
好き嫌いをしてはいけない、残してはいけないと言われて、
食べきれないと掃除の時間まで居残りで、食べていましたよね。
私は、今では食べることがとても好きですが、
当時は居残り組で、切ない気持で教室の隅っこにいたものでした。

いま、改めて振り返ると…。
どうして、そこまで徹底して教育されたのかな?
と思うのです。

もちろん、食事を粗末にしないことは当然です。
バランス良く食べることも、大切なこと。
人類の創生期から始まって、殊に戦争の時代には食糧が入手困難であり、
「食べものを大切にする」ということは、とても大切なことでした。
人類の歴史は飢餓との戦い、そのものでしたから…。

(栄養とインスリンと日本人については、項を改めて考えてみます。)


しかし、給食を残すことって、絶対悪なのでしょうか?
それぞれの子が、色々な体質もあるし、食べる量も違います。

もしかしたら、幼少期の「ご飯を残してはいけません」、という教えが
「全て食べなくてはならない」「残してはいけない」
「捨ててはいけない」などの信念体系となり、
それが成人になってからの外食などに適応されると、
明らかにカロリーオーバーになり、肥満に繋がって、
現代における成人病の蔓延という問題を、作り出しているのかもしれません…。

本当に本当に、食事は、残してはいけないのでしょうか?
最初から少なめにすればもちろん無駄がないですが、
食べられない時に残す勇気も、必要なのかなと思うのです。
残さず食べることを優先させて、ぎゅうぎゅうと
胃に詰め込んだ食べ物を消化させエネルギーにより、
逆にパワーを奪われることって、多々あるのではないかと思います。

何事も、バランスが大切で、過ぎたるは及ばざるがごとし、です。
従来の概念を「それって本当なのかな?」と、
立ち止まって自分で考えなおしてみること(そしてクリーニングをすること)は、
とても重要なことだと思います。

「美味しかったけど、お腹一杯なの。ごめんなさい。
残してしまってごめんなさい。ゆるしてね。」
…と、時には(感謝しながら)残すことを、選択しても良いのではないかな。

そうすることで、身体が楽になり、自由になり、
活動性も上がり、健康な身体が手に入り、
身体が健康だと心も穏やかに過ごせるのかも。。。
なんて、空想してみました。

残さずに食べきることって、そんなに死守すべきことなの??
私たちは、「全部残らず食べなければいけない
という制約に、しばられているんじゃないだろうか。。。
そんな記憶(のようなもの)について、広島で考えていました。

最近、私が良く読ませてもらっているブログにも、
小食について書かれていました☆

 → ローフード ~私をキレイにした不思議な食べもの~「 小食 」
 → おなすインフォメーション 「 水野南北はなぜ少食をすすめたか? 」

あ!そうか。
この2つの記事を最近読んだから、「食事を残してはいけない」
という事について、考えたのですね。笑

それと、以前から知ってはいて、最近読み始めたこちらの本の影響も、
あるのかもしれません。

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)
(2002/04)
カレン・キングストン

商品詳細を見る

さて、学会は明日で終了です。
インスピレーションが盛りだくさんなので、
広島の記事は、しばらく続きそうです。

今日もありがとうございます!

スポンサーサイト

Mannaでローフードランチ 

みなさん こんばんは。
晴天続きのGWが終わって、日常が戻ってきましたね。

今日は気が重かったな~とか、疲れたな~という方も多いと思います。
私も今日は、感覚が戻らなくて、ちょっと疲れました。
そしてクリーニング不足を感じたりもしました。
一瞬一瞬記憶は立ち上がっているのだなあと、実感します。

5月は疲れが出やすいので、「ありがとう私!」「愛してるよ私!」
と連呼する月にしましょうね。

さて今日はこのGWにローフードレストラン「Manna」へ行ってきたので、
ご紹介したいと思います。
  → 「レストラン Manna

たしか、代々木公園駅の近くだったはず・・・と検索していたら、
いまは代官山に移転していました。
駅から数分で、とってもアクセスが良い場所でしたよ。

まず食前に、本日のスムージー♪
ローフードでは氷を入れないんです、
フレッシュな果物そのものの味がしました。

本日のスムージー

ランチプレートは、ロー海苔巻を頂きました。美味しい~!

海苔巻ランチ

アボカド、パプリカ、スプラウトなど数種類の野菜とパテを巻いた、
お米を使わない海苔巻きに、たっぷりのサラダが添えてあり、
ボリュームたっぷりで、とてもお腹いっぱいになりました。

サラダのドレッシングがちょっと味噌味なのかな?美味しくて、
更にくるみやレーズンも入っていて、奥行きの深いお味。
消化も良かったので、午後は足取りも軽く、とても活動的に過ごせました。
Mannaで他のメニューも食べてみたいです。

みなさんも、機会があったらぜひ行ってみて下さいね。
きっと、新しい食体験が出来るはずですよ☆

 アイ・ラヴ・ローフード!

未来の食卓 

石塚ともさんのブログで紹介されていた映画が、とても面白そうなので、
ご紹介しますね

  

食べもののことを真剣に考えることは、生きることに対して真剣なこと。
コンビニもマックもラーメンも平気で食べちゃう時もある私ですが
ベクトルだけは見失わないようにしていきたいです。

人は、食べたもののようになり、思った(想像した)ような自分になっていくと、思うから。

  「未来の食卓」HP

食べものについて考える 

今日は食べ物のことについて、私なりに考えてみます。
私がローフードを知ったのは、たったの先月。
でも以前、ベジタリアン生活を半年だけ送っていた時期がありました。

研修医、救命センターの頃でした。
私はもともとヨガに興味があったのですが、雑誌であるヨギーニが
「肉を食べると、動物の痛みや悲しみまで自分の中にとりこんでしまう。
だから、食べないようにしているの。」
という記事を読んだんですね。
素直に「あぁ、そうだよね」と、共感しました。

また同時期に、「全世界の人が肉食をやめたら、地球上に食糧が行きわたる
という記事も読みました。
家畜を食糧に育てるには、身体の体積×100倍くらいの穀物が必要だと。
それならみんなで、穀物の方を食べましょう。
100倍お腹ないっぱいになるよと。
(あまりにざっくりした記憶なので、間違っていたらごめんなさい。)

その2つがきっかけで「肉をやめてみようかな」と、思ったのです。
そうしたら。
身体は軽いし、仕事ははかどるし、人間関係は良好になるし
お肌はつるつる、髪はツヤツヤになるし
良いことづくめでした!!!
これはすごいと、周りにもどんどん勧めました。
しかし賛同は全然得られずに、友達からは
「ぽにょ、肉を食べたらメールで報告してね」と、からかわれてました。

その後、私は地方に転勤します。
雪国でした。
その年はとっても雪が多い年。
引き続き野菜料理を探していたのですが、
冬というのもあってメニューがとても少ないんです。
同時期に、精神科を選択して、精神科病棟勤務が始まりました。

新しい土地で、仕事は忙しいし、病院でいろんな「」をもらってくるからか、
何だか重々しい。
食事に気を使うエネルギーが、取れなくなっていきました。
そして、普通に混合食に戻ったのです(甘いもの過食期に突入~)。

いま当時の感覚を思い出すと、軽くてハッピーでした。
ローフードを始めてからはその感覚に、限りなく似ているのです。
でも何となく、当時も周りとの温度差がありました。
伝わらない感」。
伝えようと躍起になって、逆に「浮く感」。
いま私はローを知ってから、当時と同じ感情を抱くようになりました。

そして。
また少し、考えています。
自分にとって 食事ってなんだろう?
目の前の食事を選択することで、地球に貢献出来ることがある。
これは確かなので、植物性を選択することは 可能な範囲で続けていきたい。

でもそれだけだと、「何か」を排除している感覚がしてしまう。

研修医のころ、同級生に純粋に問われた質問が、年月を経て浮かびました。
でもさ、動物を狩猟して生活している人たちのことは、
 どう考えるの?


たしかに、私が勤務していた雪国をもっと極端にして
北極やアラスカやシベリアなどで、
野菜や果物があまり食べれない人たちのことは、どう考えたら良いんだろう?
…分からなく、なってしまうのです。

選べる人達だけが、美しく、健康で、いられるのかな。
それって どうなんだろう!?!?
そんな疑問(というかインスピレーション?)が、頭をかすめたのです。

いま私は自分の健康のために、積極的に果物+野菜
多くとる生活は続けていきたいと思います。
これは確実に身体が答えてくれています。
そして、ローフーディストのみなさんのハツラツ+元気+優しさ+行動力+聡明さ。
ハートがオープンで、本当に素敵な方たちばかりで。
ローフードはまさに「食べるホ・オポノポノ」だなぁと、感じます。

ホ・オポノポノと「世界を救う食べもの」。
ローを知って1か月、ブログカテゴリに仲間入りさせて頂いてまだ2週間くらい。

密接だからこそ、私なりに実践し、考え続けていきたいと思っています。
宜しくお願い致します。

人気ブログランキングへ 精神世界ランキング
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

カレーの王子様 

ローフードを取り入れつつも、むしょうにカレーが食べたくなって、
本格的な雰囲気のする、インド料理店にフラりと入りました。
セットメニューに「マハラジャセット」とかあり、やや高級感
私は、野菜カレーセット2100円を注文。

ひとりのお客さんが他にいなかったからか、
ウエイタ―のインド人の男性が、話しかけてきました。

 日本語で、
「オイシイデスカ?」
「おいしいで~す

美味しいながらもボリュームもすごくて、残念ながら顔2.5個分くらいあるナンを食べきれず、
お会計をしていると、ウエイターのおじさんが、
 「確かに、女子ひとりだとちょっと多いよね、
 今度はお友達と来てゆっくりおしゃべりして食べてね」
と、また話しかけてきました。

私は英会話に抵抗があって、まず自分からは話しかけられないんですが、
ふと、「なんだ、分かるじゃん!」と気持ちが大きくなってきました。
そして、お店の名刺にヒンズー教の神様らしき、象のイラストが。
ちょっと、英会話してみようという気持ちになりました。

「この神様は、なんて言うんでしたっけ?」
ガネーシャですよ。・・・て、なんだ、しゃべれるんじゃないですかー」
「いえいえ、昔は得意だったんですけど、すっかりダメダメで・・・」
「僕も、日本に来てから母国語忘れちゃいましたよ」
「何語ですか?」
「タミル語です。お姉さん、おいくつですか?」
「○○才です(つい、さらっと言ってしまった!)」
「わっかいじゃないですか~、勉強も、まだまだこれからずーっと続けられますよ」
「・・・そうですね・・・そうなんですよね・・・。
 ありがとうございます
「ガネーシャ持ってって下さい、どーぞどーぞ
と、お店のカードを太っ腹に下さいました。

   ガネーシャ

ガネーシャって、「夢を叶える象」に出てくるんですね。
(読んだことないんですけれど)

ウエイターのおじさんが、カレーの王子様にみえました。
王子様は、私に「やればできるじゃん」、という気持ちを思い出させてくれました。

どんなことも、制限を作っているのは、自分なんですよね。
ロックを外していきたいな!

ちょっと素敵な、英語でしゃべらナイトな夜でした


自分のブロックに気付いていきましょう・・・ポチ。
  人気ブログランキングへ 精神世界ランキング

果物、生野菜、その他の順で食べよう♪
  
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
  にほんブログ村

ローフードのハツラツ女子 

外出中にふと、店頭にお野菜がたくさん置いてある飲食店を発見しました。
ロー生活を取り入れ始めた私は、お野菜にびんかん。
「お野菜って、なんて可愛いのかしら・・・」と写メをとろうと足を止めていると、
お店の中から元気いっぱいのお姉さんが駆けだしてきました。
あら、写真が撮れなかった残念。

「こんにちは~、どうぞ持って行って下さいね」
「え?!お野菜、持っていっていいんですか?」
「あはは、いえいえ」

野菜の片隅に、お店の冊子が。
「ですよね~(ふたりとも、苦笑)」
私のこの間抜けな反応で空気が和んだのか、お姉さんの持つパワーなのか、
そこはお酒を飲むお店だし、私は女ひとりだし、全然入る雰囲気ないのに、
丁寧にお店のごはんの説明をしてくれて、「また良かったらどうぞ~」と誘ってくださいます。
そのお人柄の良さに何だか心を撃たれ、ただ去るのも申し訳ないような気持ちになり、
言い訳っぽく話していました。

「私、ローフードってのをやっていましてぇ・・・お酒もあんまりで・・焼き物はちょっと・・・」
「え!ほんとですか!私も朝スムージー飲んでます。
外食の20分前にはフルーツ食べていて」
こないだの横浜の講演会には行けなかったんですよ、行きたかった!」
などなど。
彼女は、きくちゆみさんのことも良くご存じで、ローも昔からやっていて。
・・・道理で!
めちゃめちゃ元気!
・・・はつらつ!

そして、キュート。

「ちょっと待ってて下さ~い!」
とお店に走り去り、ピンクの可愛い名刺入れから名刺をくれました。
「良かったら、メール下さいね。
すごく良いお店なんで、ぜひ来て下さい」、と。
ローフードが、静かに熱いブームとなっているのを感じました。

こういう偶然の出会いって、私は今まであんまりありませんでした。
最近はその頻度が多いです。
楽しい!

私の、プチロー生活です。
ローフード

サラダっこも購入。
ニンジンの甘さがすご~い・・・
最近は気が付くと、アボカドバーガーばっかり食べてる
アボカド万歳

同僚の先生に、「痩せた?何か健康的になったよね」と
言われました!
すごいかも、ローフード。

懇親会で偶然にも石塚ともさんの隣に座り、パワーを体感できたことは、
なんて素敵な幸運だったのでしょう。

頑張りまーす。


朝にフルーツ食べて、自然の恵みをチャージしましょう!
  人気ブログランキングへ 精神世界ランキング
  にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。