FC2ブログ

新しいブログのお知らせ 

皆さん、こんにちは。

こちらのブログの作者で、以前は「精神科医ぽにょ」と名乗っていた者です。

このブログを書き始めたのは、今見たらなんと10年前の2009年3月なのですね。

あれから10年の月日が流れ、長女は4月から小学校3年生、長男は年少さんになります。

子育てしながら、現在も精神科医として働いています。

こちらのブログはホ・オポノポノと精神医療をテーマに思うままに書いていたのですが、この度また思いを文章で表現したい気持ちが出てきたため、新しくすることにしました。

新しくする理由は、熱心に書いていた頃からだいぶ月日が流れてしまったこと、自分のおかれている環境や意識も変化していること、またテーマについてもホ・オポノポノに限定したものではないと思ったからです。

ご縁のある方と、またお会い出来たらと思います。

新しいブログはこちらです。 → 「伝えたいこと」

スポンサーサイト



お久し振りです 

みなさんこんばんは、ご無沙汰しています。

相当長らく更新出来ていませんでしたが、訪れると広告が表示され読みにくいなあと思ったので、久し振りに来ました。


私はその後、大都会東京から引越して、今は、西日本の小さな街で生活しています。

娘は2歳7ヶ月になりました。

バタバタと、仕事と子育てに追われる日々です。

また、更新していけたらなあ~と、最近ふと思ったりもしています。

マイワールド感 

クリーニングを始めて「どんな問題も100%私の責任である」を前提として生きるようになった私は、無意識のうちに色んな穴に落ちていました。
自分で勝手に歪んだ解釈をして、勝手に穴に落ちるというアホなことを多々やってしまったんです。

そのうちの一つに、「マイワールドになってしまうこと」があります。

どんな時でもまず自分を内観する癖がつき、それ自体は良かったのですが、やたらと自己完結的になってしまったり、コミュニケーションが希薄なまま相手不在のマイワールドで事を着地させてしまうことが沢山ありました。
人間関係やコミュニケーションは、相手があってこそ成り立つもの。
なのに、相手不在のマイワールド感って一体…。
ヒュー・レン博士はそんなこと、一言も言っていませんよね。

相手の気持ちや立場を想像したりすることが、すっぽり抜け落ちてしまいました。
ホ・オポノポノが全ての要因ではなく、もともとそういう傾向にあった私が、独自の歪んだ解釈によってその世界観を強化させてしまったのです。

ホ・オポノポノは、シンプルかつとても深遠なのに、けっこう分かった気になっていた…という、傲慢さ、安易さのあらわれだと思います。
いま、このブログを全部読み返したら「そりゃ違うだろー!」と自分でツッコミを入れたくなることが多々ありそうでちょっと恥ずかしいから、あまり読み返していません。

第2章はどんな風にするか迷ってましたが、まずはこういった「気付き」を、気ままに書いていきたいと思います。

“偽善かも” と思う瞬間 

みなさん、こんにちは。
再開しますと言ったものの、ゆっくりペースですね。

ホ・オポノポノを知ってクリーニングを始め、現在は人格統合を学んでいる私ですが、最近すごく色んな気付きがあります。

以前に 「謝りグセ」 という記事を書いた時すごく反響があったこと(ちょっとしたブログ炎上でしたね、ももさん)と、似た内容だと思いますが、改めて。

私は自分に対して4つの言葉を習慣化することにより、人に対しても「ありがとう」とか「ごめんね」と素直に言えるようになりました。

それ自体は良かったんですが、何を問題と感じているかというと、

 「何だか言葉が軽い」
 「思ってもないのに、ありがとうとかごめんなさいとか言い過ぎてやしないか」

ということ。

 「これって偽善かも」

って感じる瞬間が出てきたんです。

本心から言っているのなら何も問題ないけれど、私のように感じている方っていませんか?
思ってもないのに謝ったりすると、後でトラブルになりかねず、実際に私は幾つかトラブルを起こしてしまいました。

無意識にやっていると怖いので、皆さんにもちょっとだけ、気を付けて過ごしてみて欲しいなと思います。

 「私、本当に、ありがとうって思ってる?」
 「私、本当に、ごめんなさいって思ってる?」

と。

ふたたび・・・ 

久し振りにここに来ました。
思う所あって、ブログを少しずつ再開しようと思ってます!

今までが 「第一章 ホ・オポノポノとの出逢い」 だったとしたら、第2章はスタンスや雰囲気が変わると思います。
まず、以前のブログの振り返りや、自分の解釈が間違っていたと思う部分を書くなどの反省が必要です。
ここから離れている間に学んだことも、書いていきます。
この1年で、子育ての悩みや喜びもたくさんストックしました。

再開にあたっては、「ありのまま」「等身大」を意識していきます。
今までは、知ったかぶりや背伸びをしていたり、独りよがりだった部分が大いにあったなぁと思うんです。

第2章はどうなっていくでしょうか?
等身大で、ボチボチやっていきます。

宜しくお願いします。

お知らせとご挨拶 

みなさんこんばんは、大変ご無沙汰しています。
今日はお知らせがあって、久し振りにここに来ました。

震災後に生まれた娘はもう10ヶ月になり、
おかげ様ですくすく育っています。
私は出産後も変わらずにブログを書いていこうとしましたが、
色々なことが変化する生活のなか、初めての育児にも追われ、
思う様に書けなくなってしまいました。
記事を楽しみに待っていて下さった方々、すみませんでした。

私はこれからホ・オポノポノをベースに、以前にもご紹介した
「人格統合」をしっかり学んでいこうと思っています。
そのためしばらくこちらをお休みさせて頂きたいと思いますが、
これからも過去記事が、皆さんのクリーニングのお役に立てば幸いです。
どうぞ、いつでも遊びにいらして下さい。

そして、私はこのブログが大好きなので、いずれまたひょっこり書き始めると思います。
その時はどうぞ宜しくお願いしますね^^

皆さん、どうぞお元気にお過ごし下さい。
今まで本当に、ありがとうございました!!

 2012年2月3日  精神科医 ぽにょ

真剣に生きる 

みなさん、こんばんは。
出産後の変化のため、ブログから遠ざかってしまってます。
でも、月に1つは書いておきたい!と思い更新します。
月別アーカイブってありますよね、左下に。
何事も継続するって大切だから、アーカイブの行を増やしていきたいのです。
(セコイ発想ですみません…。)

さて、ここまで空くと何を書いたらよいのやら…ですが、
最近、芸能人・有名人の方の妊娠・出産ラッシュな気がします。
神田うのさん、SHIHOさん、小雪さん、ほしのあきさん・・・。
震災後の影響もあるのでしょうか。

おかげさまで、我が家はみな元気にやっています。
娘もそろそろ7ヶ月になり、離乳食作りに追われています。
産後数か月は体調も万全ではなく、慣れないお世話に疲れてしまう日々で、
楽しいとか幸せとかを感じる余裕がなかったのですが、最近では
一緒にお出かけしたり、表情も豊かになってコミュニケーションが取れるようになったりして、
親になった実感と喜びを感じる機会が多いように思います。

自分の身体は酷使してるなーと思います。
娘は8Kgあるので、毎日の抱っこでかなり筋トレになっているはず。
でも不思議と、お米8Kgよりは絶対娘の方が軽い感覚がするんですよね。
これって、愛のなせる技なんでしょうか??

子育てをしていて感じるのは、自分が真剣に生きるようになったとことです。
出産前もそれなりに真面目に生きていたつもりですが、真剣度が増したといいますか。
一瞬一瞬の選択とか、意識とか、言葉とか、行動とか。
すべてに対して真剣になって、甘えが減ったというか。
今を生きる大人たちの選択によって、娘が生きていくこれからの社会が
良くも悪くもなってしまうんだってことが、体感として分かるんです。
だから、より真剣に生きるようになったのだと思います。

真剣といっても別に、ずっと緊張したりって訳じゃないんですけど、
意識の面で真剣、という感じです。
これは私の場合、出産という体験をしなければ、
もっと時間がかかる道程だったんじゃないかなーと感じます。
私はついつい、自分に甘いところがありますので。

そんなこんなで、これからも真剣に生きて、
真剣にクリーニングしていきたいと思っています。
娘のためにも!

みなさんこれからも、時折記事が更新されているかもしれないので、
フラッと寄ってって下さいね。
ではまた、書きにきます^^

エンディングノート 

みなさんこんばんは、もう9月ですね。。。
すっかり月1ペースの更新になっております。

ところでみなさん、「終活」ってご存知ですか?
先日テレビで、エンディングノートというものを知りました。
つまりは、遺書。
法的な力はないものの、人が亡くなるまでに考えておくこと、
家族に伝えたいこと、ライフスタイル、財産の管理などを、
整理して記録しておくためのノートで、書店などでも手に入るそうです。
大きな自然災害を体験した私たち日本人には、「当たり前なんてないんだ」、
「若くても、いつ死ぬか分からない」、というような気持ちが
多かれ少なかれ芽生えたのではないでしょうか。
このノート、いま若い人達の間でもすごく売れているそうです。

「死ぬこと」を意識した時に初めて人間は、
本気で人生を生きられるようになるのかもしれません。
自分が近いうちに死ぬことが決定していると知ったら私は、
見栄とか世間体なんて、一気に吹き飛んでしまう気がしました。
大切な人と一緒にいたいし、やりたい事にチャレンジしたいし、
行きたいところに行って、好きなものも食べたい。
人にどう思われるかなんて気にならない、とにかく自分自身に素直に生きたいんだ、
そんな思いが出てくる気がしました。

検索したら、10月に公開される映画を発見。
この予告編、ぜひ最後まで見てみて下さい。
自然と涙があふれました。